« 杜琪峰(ジョニー・トー)プロデュース作品「タクティカル・ユニット 機動部隊-絆-」2月25日より期間限定公開! | トップページ | 林書宇(トム・リン)監督インタビュー2012@台北 »

2012/02/16

台湾映画「台北カフェ・ストーリー」4月14日より日本公開決定!

0216taipeiexchange第23回東京国際映画祭 アジアの風出品、第14回釡山国際映画祭正式出品など各国の国際映画祭にて賞賛を浴び、昨年の第 21 回アジアフォーカス福岡国際映画祭でも上映され記憶に新しい、台湾の実力派シアオ・ヤーチュアン監督作品『台北カフェ・ストーリー』の待望の日本公開初日がシネマート六本木にて 4 月 14 日(土)に決定しました!

本作が長編第2作目となる同監督は、初長編作品『ミラー・イメージ(命帯追逐)』(01)がカンヌ映画祭監督週間出品、トリノ映画祭新人監督賞など国際的に高い評価を受け、第 15 回福岡アジア映画祭ではグランプリを受賞。
この作品は、前作に続き台湾映画界を牽引する巨匠ホウ・シャオシェン監督を製作総指揮に迎え、物々交換を通して女性の心の移り変わりを繊細に描き出し現代のもののあり方や価値観に優しく問いかける、珠玉のカフェ・ストーリーです。

また、日本公開を記念して、劇場公開に先駆け 4 月 6 日(金)にシネマート六本木にて、『海角七号/君想う、国境の南』に続き 本作で歌声を披露する中孝介さんを特別ゲストに迎え、特別先行上映会&トークイベントを行います。

★前売り券は 2 月中旬発売予定 劇場にて前売券(1,500 円)をお求め頂いた方先着 100 名様に、バリ島アロマ石けん贈呈! ★土日来場特典 週替わりで特製ポストカードを先着毎週 300 名様にプレゼント!

「あなたにとって 一番 大切なものは?」
夢を叶えるため OL を辞めたドゥアルと妹のチャンアルが念願のカフェを台北でオープンする。ドゥアル・カフェは、コーヒーのアロマ、手製のデザートの香りであふれている。しかし、やっと開店したものの、お客が入らない。そこで妹チャンアルが、カフェで物々交換を始めるアイデアを思いつく。
様々な物が持ち込まれ、そして次のオーナーのもとへと去っていく。やがて物々交換はドゥアル・カフェの一番の魅力となっていく。そして物々交換がきっかけで出会った人たちが、心を通わせていく。
ある日、一人の男性がお店にやって来る。彼は世界 35 都市で集めたとい う 35 個の石鹸を持って来て、何か特別なものと交換したいという。以後、カフェに来る度に語られるそれらの石鹸のエキゾチックな物語にドゥアルの心は魅せられていく。そして、物々交換をきっかけに、姉妹の価値観が変わっていく。
本当に大切なものは?台北を舞台に展開するオシャレ感覚溢れるカフェ・ストーリー。

監督・脚本:シアオ・ヤーチュアン(蕭雅全)
製作総指揮:ホウ・シャオシェン(侯孝賢) 『悲情城市』
出演者:グイ・ルンメイ(桂綸鎂)リン・チェンシー(林辰唏)、チャン・ハン(張翰)、中孝介(特別出演)
原題:第 36 個故事
製作国:台湾
製作年:2010 年
製作:BIT プロダクション
配給・宣伝:ユナイテッドピープル
協力:xChange、地球の歩き方
Web: http://www.taipeicafe.net Twitter: @taipeicafe

以上、ユナイテッドピープルのリリースより

|

« 杜琪峰(ジョニー・トー)プロデュース作品「タクティカル・ユニット 機動部隊-絆-」2月25日より期間限定公開! | トップページ | 林書宇(トム・リン)監督インタビュー2012@台北 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 杜琪峰(ジョニー・トー)プロデュース作品「タクティカル・ユニット 機動部隊-絆-」2月25日より期間限定公開! | トップページ | 林書宇(トム・リン)監督インタビュー2012@台北 »