« 「香港電影天堂2012」開催決定! | トップページ | Podcast 魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督トークイベント in 大阪 Vol.2 »

2012/04/29

Sintok2012 シンガポール映画祭まもなく開幕、前売券発売中!

0428sintok5月12日(土)より20日(日)まで、シネマート六本木でSintok2012 シンガポール映画祭が開催されます。
2009年に続く開催となるSintok2012では、シンガポールの「過去から現在へ繋がる」佳作達と、未来へ続く勢いのある若手の短編集まで幅広い内容、多くの日本初上映作品を紹介。カンヌ やベネチアで上映されるも、日本未紹介の良質なアート系作品の他、シンガポール国立美術館との協同企画もあります。

Sintok2012 シンガポール映画祭
期間:2012年5月12日(土)〜20日(日)
会場:シネマート六本木
特集上映:ロイストン・タン監督 全長編作品
オープニング作品:『12Lotus』ロイストン・タン監督作品
クロージング作品:『Sandcastle』ブー・ジュンフォン監督作品(カンヌ映画祭2010批評家週間)
その他、『Here』ホー・ツーニェン監督作品(カンヌ映画祭2009監督週間)、エリック・クー監督初期 短編集、公式パートナーであるシンガポール国立美術館との協同企画などを上映。

前売り券情報
●オープニング作品専用・前売券(¥3,500)
オープニングレセプション
12Lotus + イベント + ロイストン・タン監督を交えてのディナーパーティー
●クロージング作品専用・前売券(¥1,300)
●3回券・前売券(¥3,600)
※通常作品は当日券¥1,300となっております。
※3回券にてオープニング作品、クロージング作品はご鑑賞頂けません。

■ラインナップ

「12Lotus」日本初上映!
intok2012オープニング作品。父に仕込まれ歌台(ゲータイ)のスターを目指した少女の 夢と悲しい運命。主演のリュウ・リンリンはシンガポール福建歌謡界の大スターで実際の 歌台でも活躍。『881 歌え!パパイヤ』主演のミンディ・オンがその若き日を演じる。

「881 歌え!パパ イヤ」
歌台(ゲータイ)のスターを目指すパパイヤ・シスターズの姿を描いたトロピカル・エンタ テインメント・ムービー。シンガポールで大ヒットの後、2008年には日本でも劇場公開。

「4:30」
見知らぬ外国人男性と暮らす事になる少年。互いに孤独を抱え、意思の疎通もままならな い中、交流が生まれていく。第6回NHKアジア・フィルム・フェスティバルにて上映。

「15: The Movie」日本初上映!
゙イオレンスに彩られた青春、その行き着く果てにあるものは。短編作品『15』 (『Short Lah!』にて上映)を元に作られた、タン監督の初長編作品。出演者は本物の少年 ギャング達、国にとって「あってはならない」リアルを描いて、カルト的支持を得た。

ロイストン・タン 短編集
15 :2002年/25分
Careless Whisper :2005年/12分
SONS :2000年/10分
CUT :2004年/13分
モンキーラブ :Monky Love/2005年/9分
2007年クレルモンフェラン国際短編映画祭LAB部門グランプリ マイサーズ・ラバー :My sars lover/2008年/9分30秒 リトルノート :Little Note/2009年/15分
HOCH HIAP LEONG :福協隆/2001年/7分/英語字幕のみ

「Sandcastle」日本初上映!
監督:ブー・ジュンフォン(巫俊鋒)
Sintok2012クロージング作品。祖父母との交流をきっかけに亡き父の青春時代の姿を 知り、大人への道を歩み出す青年。カンヌ映画祭2010批評家週間上映作品。

「HERE」日本初上映!
監督:ホー・ツーニェン(何子彦)
廃墟のごとき病院を舞台に、謎を秘めた患者達の織りなす人間模様。森美術館にて 2/5-5/27まで日本初個展開催中のホー監督、カンヌ映画祭2009監督週間上映作品。

「アーミー・デイズ」日本初上映!
監督:オン・ケンセン(王景生)
シングリッシュとスラング満載!若者を中心に大きな支持を得た、兵役が題材の大ヒッ ト・コメディ。シンガポールにおけるキャセイ最後の制作作品。

「青い館」
監督:グレン・ゴーイ(魏銘耀)
゚ナン島に実在する歴史文化財「ブルーマンション」が舞台のミステリー・コメディ。日本公開さ れ大反響を呼んだ『フォーエバー・フィーバー』(1998年)のゴーイ監督、久々の長編映画作品。 2009年東京国際映画祭アジアの風-中東パノラマ部門では、チケットが秒速ソールドアウト。

「素晴らしき大世界」
監督:ケルビン・トン(唐永健)
笑いと歌、恋と涙。昔の写真を手がかりに、古き良きシンガポールの記憶を巡るハート ウォーミングな物語。2011年アジアフォーカス福岡国際映画祭にて上映。

「海南、潮州と白いブラ」
監督:ハン・ユークアン(韓耀光)
人生の伴侶を求める中年トランスジェンダー達の姿を、自然体かつ小気味良い タッチで描くラブ・コメディ。Sintok x AQFFアジアンクイア映画祭コラボ企画。

この他、中・短編作品など詳しくは、公式サイトをご覧下さい。
http://www.sintok.org/

|

« 「香港電影天堂2012」開催決定! | トップページ | Podcast 魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督トークイベント in 大阪 Vol.2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「香港電影天堂2012」開催決定! | トップページ | Podcast 魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督トークイベント in 大阪 Vol.2 »