« 『僕のSweet Devil』DVD-BOX8〜9月月に発売決定! | トップページ | Podcast 大阪アジアン映画祭「熊ちゃんが愛してる」Q&A »

2012/05/21

孫協志(トニー・スン)の結婚披露宴!

0521sun1かつて一時代を作った台湾のアイドルグループ5566の孫協志(トニー・スン)と女優の韓瑜(ハン・ユー)の結婚披露宴が5月18日に行われ、取材に行って来ました。
会場は台北駅のすぐそばのホテルの宴会場で、5566のメンバーだった王仁甫(ザックス・ワン)、王少偉(サム・ワン)、小刀(Rio)をはじめ、庾澄慶(ハーレム・ユー)、澎恰恰(ポン・チャアチャア)らがお祝いに駆けつけました。

0521sun2披露宴開始前に取材時間が設けられ、この日新郎新婦の介添え役を務める黃玉榮(ホアン・ユーロン)、趙小僑(チャオ・シャウジャオ)ら3組のタレントに続き、孫協志と韓瑜が取材スペースに登場しました。
2人は去年11月に入籍を済ませていますが、やはり披露宴という大イベントを前にして、相当緊張していたそうです。「プロポーズの時は緊張で胃が痛くなったけど、この披露宴の前まで5日間くらいお腹の調子が悪かった。」とトニーが言うと、「私もお腹こわしていました。」と夫唱婦随。
子供の予定は?と聞かれ、「来年くらいかな、できたら双子がいい。誰か双子を授かる秘訣を教えて」と笑っていました。

0521sun3この後、参列者が次々と来て、撮影と囲みインタビューが行われます。
王少偉は、「以前彼はグループのリーダーであり、厳格な父親のような存在だったけど、今は少し丸くなったね。彼らを見て僕も結婚したくなった。」と言っていました。
王仁甫と季芹(チー・チン)夫妻はお嬢さんと一緒に参列、「兄弟(同然)の結婚は、本当にうれしい。」とザックスがしみじみと語っていました。

0521sun4そして、いよいよ披露宴の開始。プレスルームのモニターに実況映像が映し出されます。最初に、昨年4月に映画館を借り切って2人の愛のアルバムを大スクリーンで映しプロポーズした時の映像(10分くらい)が流され、フラワーガール&ボーイ、介添え役の黃玉榮ら3組のカップルに続き、新郎新婦の登場です。入場時の曲はアンジェラ・アキの「One Family」。
新郎新婦がセンターステージに立ち、グラスタワーにシャンパンを注ぎます。

0521sun5そして、主賓J★Starの孫德榮社長からの祝辞です。
かつてJ★Starの代表スターだった孫協志は半年前に独立して事務所を設立しましたが、その絆は固く、「芸能界は、離れたり一緒になったりするのは日常のこと。協志はJ★Starの永遠の長兄、会社は今日一日休業にして全力でこの披露宴をサポートします。」と、途中涙ぐみながら2人を祝福しました。
続いて、もう1人の主賓澎恰恰や来賓の祝辞、両家の母親のスピーチ。そして、事前に孫協志自身が宣言していたように、花嫁に5566のヒット曲「For you」を歌うという素敵なプレゼントで、取材タイムが終了しました。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 『僕のSweet Devil』DVD-BOX8〜9月月に発売決定! | トップページ | Podcast 大阪アジアン映画祭「熊ちゃんが愛してる」Q&A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『僕のSweet Devil』DVD-BOX8〜9月月に発売決定! | トップページ | Podcast 大阪アジアン映画祭「熊ちゃんが愛してる」Q&A »