« 台湾映画の期待作「寶米恰恰」 | トップページ | 2012台北電影節「國際青年導演競賽」ノミネート発表 »

2012/05/14

台湾に嫁いだ外国人女性たち、映画「《內人外人》新移民系列」

0514posterいま台湾で、とても興味深い「《內人外人》新移民系列」という映画4作が公開中です。
これは、台湾に嫁いできた外国人女性を描いたもので、最近プロデューサーとしての仕事が多い李崗(リー・ガン)の手によるプロジェクトです。
4月27日から5月13日まで開催されていた新北市藝術電影節という映画祭で上映されていたのですが、5月11日から侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督がプロデュースする「台北之家」にある映画館で公開となっています。会期中の土日には監督や俳優によるQ&Aもあるので、この回をねらって2日間で「野蓮香」「金孫」「黛比的幸福生活」「吉林的月光」を見て来ました。

0514theater政府の発表によると、去年台湾で結婚したカップルの10組中1.3組が国際結婚だそうです。その中の8割が台湾人男性と外国人女性ということで、その数は45万人を突破、台湾総人口の2%を占めています。
原住民よりも多くなったこの“新移民”の多くは、農村に嫁として、そして働き手として迎えられているのは、少子化がもたらす現象のひとつ…。日本でも山形県に事例があります。
6年前にこの現象から構想開始、今回のプロジェクトを立ち上げた李崗は、4つの脚本を書き、鄭有傑(チェン・ヨージエ)、周旭薇(チョウ・シューウェイ)、傅天余(フー・ティエンユー)、陳慧翎(チェン・フイリン)と共にベトナム、大陸の東北部、インドネシアから嫁いできた女性と、その家族や周囲の人々との物語を作りました。

0514hailun新北市藝術電影節のオープニング作品でもあった「野蓮香」は、これまで若い世代(10代)を主人公にした作品を撮ってきた鄭有傑(チェン・ヨージエ)監督が、台湾の高雄の農家に嫁いできたベトナム人女性とその家族を描いた映画です。
決して楽ではない農作業と家事、育児に明け暮れる主人公は、夫と姑から二人目の孫を望まれますが、精神的にも身体的にもそんな余裕はありません。そんな気持を理解されず一人悩んでいる時、土地の権利書がなくなり姑に疑われることに…。
それぞれの様々な“思い”を丁寧に描いた、心あたたまる作品です。こんなに肩の力が抜けた作品は初めてではないかと思わせる鄭有傑ですが、なんと初のハッピーエンディング。
主演はベトナムと台湾のハーフ海倫清桃、陳竹昇(チェン・チューシェン)。

0514chen陳慧翎(チェン・フイリン)監督の「吉林的月光」は、大陸の吉林省から来た女性が主人公。母親の治療代の為にエージェントを介して台湾のやくざに嫁いだ女性が、夫が大罪で地下に潜った為、一人マッサージ店で働くことに。ある日成功した友人が訪ねて来る為、あわてて何不自由ない暮らしの妻を装うのですが…。
監督の陳慧翎は、ドラマ「秋のコンチェルト」「王子様の条件〜Queen Loves Diamonds〜」などの売れっ子。
主演は尹馨、かつて「女F4」というセクシーユニットの一人で、李康生(リー・カンション)の映画「幫幫我愛神藍光 HELP ME EROS」で話題になりましたが、芯の強い大陸女性を好演しています。

0514jiman「黛比的幸福生活」は、失業中で自堕落になった夫を支える気丈なインドネシア女性の物語です。
コーヒー豆農園で働く主人公は、仕事の傍らコンクールでの優勝を目的に日々オリジナルブレンドを研究中。ある日、かつての恋人がインドネシアから訪ねて来て動揺します。実は、一人息子の父親は彼の子であり、台湾人の夫にも秘密にしていたのでした…。
監督の傅天余(フー・ティエンユー)は、2009年に「帶我去遠方」でデビュー、この時にインタビューしたことがあるのですが、待望の2作目です。前作同様、静止画のような美しい引きの映像が効果的に使われ、ハートフルな作品に仕上がっています。
アイドルグループから女優に転身した主演の周幼婷(チョウ・ヨウティン)が、自分の“幸せ”と“未来”をしっかり見つめる良い演技をしています。

0514liu周旭薇(チョウ・シューウェイ)監督の「金孫」は、来月開幕する台北電影節の長編部門に入選しました。4作の中で唯一コメディタッチの味わい深い作品です。
純朴な農村に外国からの観光誘致の為ホテル建設を推進する投資話が持ち込まれ、村あげて浮かれる中、そんなことは気にもかけない肝っ玉母さんが、ベトナムから息子の嫁を迎えます。当の息子は、実は年上の占い師と密かに交際していたのですが…。
主演は劉品言(エスター・リウ)、かつてJ★StarのSweetyの一員で歌にドラマに活躍、最近は「雞排英雄」「陣頭」という大ヒット映画への出演が続いています。
朴訥とした農村青年を演じる張書豪(チャン・シューハオ)が、いい味を出していて、期待の若手俳優の中でも演技力が頭一つリードという感じ。

ということで、ざっとご紹介した4作、テーマである“新移民”を様々な切り口で描いてどれもレベルの高い作品です。ひとり外国から嫁に来るというだけに、みんなしっかりした魅力的な女性で、相手の旦那がどれもちょっと情けなかったりするものの、人の心のあたたかかさが伝わって来ます。
これら4作は5月25日まで上映していますので、この時期に台北に来る方はぜひご覧になって下さい。
そして、日本でもどこかの映画祭で上映されると良いなぁ、と。映画関係者の皆さま、よろしくお願いします。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 台湾映画の期待作「寶米恰恰」 | トップページ | 2012台北電影節「國際青年導演競賽」ノミネート発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾映画の期待作「寶米恰恰」 | トップページ | 2012台北電影節「國際青年導演競賽」ノミネート発表 »