« 「イタズラなKiss」が台湾で舞台劇に! | トップページ | 台湾映画「五月の恋」のロケ地三義 »

2012/06/16

「ニュー香港ノワール・フェス」開催決定

0616hkfes1最近香港映画の秀作が続々と公開されてうれしい限りですが、この夏、8月11日(土)より新宿武蔵野館で【3つの刺激・感/ニュー香港ノワール・フェス】と銘打って、またまたすてきな3作が公開されることになりました。
2007年、東京国際映画祭の香港映画祭のオープニングを飾った「鐵三角」、林超賢(ダンテ・ラム)監督の「火龍」、羅永昌(ロー・ウィンチョン)監督、杜琪峰(ジョニー・トー)プロデュース「報應」が、それぞれ『強奪のトライアングル』『コンシェンス/裏切りの炎』『やがて哀しき復讐者』という邦題となりました。

「ニュー香港ノワール・フェス」
8月11日(土)より新宿武蔵野館で公開

『強奪のトライアングル』
香港映画界の3巨匠が挑んだ、前代未聞のリレーション・シネマ
香港映画界が世界に誇る巨匠、ツイ・ハーク、リンゴ・ラム、ジョニー・トーの3人が、独自のルールのもと、それぞれバトンリレー方式で各30分を撮影し、1本に繋げたクライム・サスペンスを完成させた。彼らの熱狂的ファンであるクエンティン・タランティーノも参加を熱望したほどの、前代未聞の映画がついに日本公開決定!
金に困っているタクシー運転手(ルイス・クー)、エンジニア(サイモン・ヤム)、古物商(スン・ホンレイ)の3人の男たちは、嵐の晩、酒場で風変わりな謎の男から1枚の金貨と名刺を受け取った。3人は名刺にあったURLから、立法局の地下に唐代の財宝が眠っていることを知り、掘り起こしたが、エンジニアの妻(ケリー・リン)と関係を持っている悪徳刑事やタクシー運転手の借金取り立てのやくざたちをも巻き込み、財宝の奪い合いになっていく。

原題:鐡三角/Triangle 中国=香港 2007年 スコープサイズ 90分
監督:ツイ・ハーク、リンゴ・ラム、ジョニー・トー 監督補:ソイ・チョン
出演:ルイス・クー、サイモン・ヤム、スン・ホンレイ、ケリー・リン

0616hkfes2『コンシェンス/裏切りの炎』
男たちが踏み込んだ、正義と悪のクロスロード
『ビーストストーカー/証人』『密告・者』と刑事たちの陰と陽の心情を描くダンテ・ラム監督が仕掛ける、迫真の警察アクション・ノワール!
数ヶ月前に妻を殺され、失意の中、執拗に犯人を追っているマン警部(レオン・ライ)は、娼婦が惨殺された事件現場で、本部のエリート刑事ケイ(リッチー・レン)と出会う。ケイは事故死した部下の携帯を盗んだ犯人を追いかけている途中で、二人は協力して娼婦殺害の容疑者を捕まえる。お互い、同じ龍年生まれということで、次第に仲間意識が芽生える。一方、この娼婦殺害事件が、数日前に起こった警察官拳銃強奪事件と関わりを見せ始めたことで銃密売グループを追うが、取引現場のレストランで銃撃戦となり、多くの刑事が死傷する。警察の動きが犯人側に漏れていると感じたマンは、いつも偶然に事件現場に現れるケイのことを不審に思う。

原題:火龍 fire of conscience 中国=香港 2010年 スコープサイズ
監督:ダンテ・ラム 脚本:ジャック・ン
出演:レオン・ライ、リッチー・レン、ビビアン・スー、リウ・カイチー、ミシェル・イエ 

0616hkfes3『やがて哀しき復讐者』
この手で処刑することが、愛しき者へのレクイエム。
『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』等で世界的な人気を誇る香港ノワールの巨匠、ジョニー・トー製作による本作は、誘拐という犯罪に“因果応報”と“親子の愛”いう奥深いテーマを描いた作品になっている。復讐のバイオレンスと人間性の根本が交差する、衝撃のサスペンス・ノワールが誕生!!
悪徳不動産会社の社長・ウォン(アンソニー・ウォン)の愛娘デイジー(ジャニス・マン)が誘拐され、遺体で発見された。ウォンは薬中毒で反抗的な娘の自作自演だと決めつけ、警察に通報することもしなかった。その結果、身代金を奪われたうえに、愛娘も失うという最悪の結末を招いてしまったのだ。ウォンは犯人への復讐を誓い、自分の忠実な部下でボディガードのイウ(リッチー・レン)とともに、独自に犯人を探し始めた。誘拐事件の犯人を探し出し、事件の背景が判った時、衝撃の事実を知る。

原題:報應 Punished 中国=香港 2011年 スコープサイズ 97分
監督:ロー・ウィンチョン 製作:ジョニー・トー
出演:アンソニー・ウォン、リッチー・レン、キャンディ・ロー、ジャニス・マン
配給:ファントム・フイルム

以上、フリーマン・オフィスのリリースより

|

« 「イタズラなKiss」が台湾で舞台劇に! | トップページ | 台湾映画「五月の恋」のロケ地三義 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「イタズラなKiss」が台湾で舞台劇に! | トップページ | 台湾映画「五月の恋」のロケ地三義 »