« 『僕らはふたたび恋をする』キャスト来日公開記者会見レポート | トップページ | Podcast 台北電影節の伊勢谷友介監督記者会見 »

2012/07/15

「女朋友。男朋友」イベント《告白記念日》!

0715gfbf1台北電影節のオープニングを飾った台湾映画「女朋友。男朋友」のイベント、《告白記念日》が7月8日に西門町の通称“映画街”で行われました。
最近の台北は連日38度という猛暑が続き、雨が降らないため酷暑というべきでしょうか。この日も炎天下に屋外でのイベントということで、会場では拭っても拭っても汗が吹き出してきます。
それでも、メインキャストが揃う貴重な機会の為、集まった大勢の観客達は道の両側の庇の下で待機していました。

0715gfbf2時間になり、オーディションで選ばれた男女二人の歌手による挿入歌の披露から始まり、楊雅喆(ヤン・ヤージャ)監督とメインキャストの桂綸鎂(グイ・ルンメイ)、張孝全(ジョセフ・チャン)、鳳小岳(リディアン・ヴォーン)、張書豪(チャン・シューハオ)が登場。桂綸鎂(グイ・ルンメイ)はプレミアの時のドレスアップした時とは一転、女学生のような清楚でナチュラルな美しさに同性ながらうっとりしてしまいました。
イケメン3人も爽やか系ですが、額や首筋は汗が…。

0715gfbf3司会者から映画の中でチャレンジングだったことを聞かれた張孝全(ジョセフ・チャン)、答えあぐねているととなりの桂綸鎂(グイ・ルンメイ)が「×××」と代わりに言って、しかもそれがネタバレだった為に慌てることしきり…というひと幕がありました。張孝全は顔を赤くし、桂綸鎂は“しまった”という顔で「冗談、冗談」とフォローしながら大笑い。
このシーンについては、映画を見てのお楽しみ、にしたいと思います。

0715gfbf4フォトセッションの後、囲みになりましたが、近くへ寄るとみんな額や頬、首など汗でたいへん。スタッフがティッシュを持って来て、張書豪(チャン・シューハオ)に渡します。するとシューハオくん、となりの鳳小岳(リディアン・ヴォーン)に差し出し、吹き終わったティッシュをリディアンから受け取ります。そしてたぶんスタッフに渡そうとしたのでしょう、振り返ったのですがすでにスタッフはそこにはおらず、自分のポケットに。シューハオくん自身も汗だくなのに…。すぐそばにいた私、マイクはシューハオくんが持ってくれていて片手が空いていたので、ティッシュをあげました。

0715gfbf5メディアの取材タイムが終わるとメインイベント、映画の内容にちなんで《告白記念日》ということで、集まったファンによる告白コンテストの開始です。監督とキャストは舞台下の審査員席に移動。ここで私たち取材陣も撤収です。
この後は、映画会社からのリリースによると、最初の出場者は桂綸鎂(グイ・ルンメイ)に映画のワンシーンの再現で告白し、同じグラスのコーヒーを2本のストローで飲むという賞品をゲットしたそうです。
全告白が終わると、審査員が各賞を選び、サントラ付きのペア前売り券や映画の小説、記念Tシャツほか素敵な賞品を渡しました。

「女朋友。男朋友」は8月3日、台湾で一般公開となります。

0715gfbf60715gfbf7※関連記事

2012台北電影節開幕!素晴らしいオープニングフィルム「女朋友‧男朋友」
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/06/2012-8001.html

台湾映画「女朋友。男朋友」記者会見
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/04/post-1fe1.html

台湾夏休み映画「女朋友。男朋友」記者会見(華流エンタメ応援団)
http://china.alc.co.jp/culture/ouendan/2012/03/post_83.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 『僕らはふたたび恋をする』キャスト来日公開記者会見レポート | トップページ | Podcast 台北電影節の伊勢谷友介監督記者会見 »

コメント

グイ・ルンメイは独特のムードを持った素敵な女優ですね。
この映画を始め豊作の台湾映画を中々観る機会が無く残念です。
何年か前にシネマートで有ったような特集上映が行なわれて、映画祭のみの上映であったものも含めて公開されると良いのに…
せめて、この映画と後何本かくらいは、TIFFのアジアの風あたりで観る機会が有ればと願っています。

投稿: アッシュ | 2012/07/16 16:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『僕らはふたたび恋をする』キャスト来日公開記者会見レポート | トップページ | Podcast 台北電影節の伊勢谷友介監督記者会見 »