« カン・ドンウォン祭2012、9月にシネマート六本木で開催 | トップページ | 台湾映画「BBS鄉民的正義」のプレミア »

2012/08/19

「犀利人妻最終回:幸福男.不難」の豪華プレミア

0819xili1昨年、台湾で社会現象まで起こした大ヒットドラマ「犀利人妻」の続編が映画化され、8月17日から公開となりました。
プレミアというと公開前日に行われるのが定番ですが、今回は公開当日の第1回上映の前に挙行、プロデューサーで映画版では監督を務める王珮華(ワン・ペイホア)、共同監督の王仁里(ワン・ランリー)、メインキャストの隋棠(ソニア・スイ)、溫昇豪(ウェン・シェンハオ)、宥勝(ヨウシェン)、朱芯儀(アマンダ・ジュー)、李沛旭(パトリック・リー)、胡盈禎(フー・インチェン)、蔡淑臻(ジャネル・ツァイ)、蔡昌憲(ツァイ・チャンシェン)、大元(ダー・ユエン)、小小彬(シャオシャオビン)が登壇しました。

0819xili2会場は、台湾最大のシネコン信義威秀の中庭。映画の内容にあわせて結婚式を模した装飾がなされ、レッドカーペットはヴァージンロードのようです。
まだ少し雨が残っていましたが、沿道にはこの豪華なプレミアを見ようと集まった観衆がぎっしり。車で降り立つスターたちに歓声と拍手を送っていました。
馬如龍(マー・ルーロン)夫妻や陳怡蓉(タミー・チェン)らのゲストに続いて両監督が子役二人と共に、新キャストの蔡昌憲(ツァイ・チャンシェン)、大元(ダー・ユエン)、そして夫婦役を演じる名コンビの李沛旭(パトリック・リー)と胡盈禎(フー・インチェン)、ドラマでは元恋人役の宥勝(ヨウシェン)と朱芯儀(アマンダ・ジュー)、溫昇豪(ウェン・シェンハオ)と蔡淑臻(ジャネル・ツァイ)のカップルに続き、トリはヒロインの隋棠(ソニア・スイ)がミニのウェディングドレスでウォーキングしました。

0819xili3ステージに上がった隋棠(ソニア・スイ)が「ルイファン(元夫の役名)はどこ?」と呼ぶと、溫昇豪(ウェン・シェンハオ)が花束を持って登場、跪いて花束を渡そうとしたのですが、そこに現れたライバル役の宥勝(ヨウシェン)、花嫁をさらっていこうとする…という演出です。
さらに「ちょっと待て!」と、あらたにヒロインに恋する役の蔡昌憲(ツァイ・チャンシェン)が自転車で現れて会場を沸かせました。

0819xili4ドラマ「犀利人妻」は全台湾で320万人が見て、"小三"という愛人を示す言葉が流行語にもなりましたが、ドラマでヒロインが二人の男性のどちらも選ばずに一人で生きる道を選択したため、不満を持った多くのドラマファンに向けて、プロデューサーの王珮華(ワン・ペイホア)が映画でその回答を出す、ということで制作されました。
日本では当たり前になっているドラマの映画化も、台湾では「痞子英雄」に続いてまだ二作目。どういうエンディングになるのか、期待が高まります。

0819xili5そして、サプライズゲストの登場です。
王珮華(ワン・ペイホア)の作品が大好きだという言承旭(ジェリー・イェン)が、監督に花束をプレゼント。
その後、監督とキャストがヒットを祈って手に持ったピンクのハート型風船を空に放ちました。

この後、一般公開の舞台挨拶、上映後のQAなどで観客と交流し、初日の半日で全台湾800万元という旧正月以来の好成績でスタートしました。
翌日も台北市内の監督とメインキャストが映画館をまわり、宥勝(ヨウシェン)は革靴が壊れたというほどの活動ぶり。今後の興行成績が気になります。

※参考記事

台湾映画「犀利人妻最終回:幸福男.不難」PRイベント in 台北
http://china.alc.co.jp/culture/ouendan/2012/08/pr_in.html

「結婚て、幸せですか」映画版「犀利人妻最終回:幸福男.不難」製作発表!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/01/post-1486.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

0819xili60819xili70819xili80819xili9

|

« カン・ドンウォン祭2012、9月にシネマート六本木で開催 | トップページ | 台湾映画「BBS鄉民的正義」のプレミア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カン・ドンウォン祭2012、9月にシネマート六本木で開催 | トップページ | 台湾映画「BBS鄉民的正義」のプレミア »