« 厳爵(YEN-J)インタビュー in 小豆島 | トップページ | 第13回東京フィルメックスのラインナップ発表! »

2012/09/26

侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の新作映画「聶影娘」クランクイン会見

0926nieyinnian1長年準備をしてきた侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の新作映画「聶影娘」のクランクイン会見が、9月25日に台北の撮影所「中影文化城」で行われました。
この作品は、侯孝賢監督が初めて手掛ける武侠映画で、台湾、大陸、日本で撮影が行われ、メインキャストは舒淇(スーチー)、張震(チャン・チェン)、謝欣穎(シェ・シンイン)、日本から妻夫木聡も参加しています。

0926nieyinnian2会見が行われたのは、故宮博物院に近い中影文化城という撮影所の中の古い時代劇用の街並みがあるオープンセットの一画。以前「賽德克、巴萊(セデック・バレ)」の撮影時に魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の陣中見舞いに来た事がありますが、それ以来3年ぶりです。
古いけれど、とても雰囲気のある撮影所で、ここに「聶影娘」のオープンセットが作られており、ひとつは完成、もうひとつが基礎だけという形でしたが、その間に祈願セレモニーの準備がされていました。準備をしている中で、あれ?と思ったら、今年の台北電影節で100万元大賞と最優秀ドキュメンタリー賞、監督賞の三冠に輝いた「金城小子」の姚宏易(タオ・ホンイー)が。そうそう、侯孝賢を師と仰ぎ、十数年一緒に仕事をしている方ですものね。

0926nieyinnian3気づくとヒゲの李屏賓(リー・ピンビン)も、セットの横で談笑中…そんな撮影所の様子を見ている打ちに会見の時間になり、皆さんが祈願処に集まりました。
侯孝賢監督をはじめ、メインキャストの舒淇、張震、謝欣穎、張少懷(チャン・シャオファイ)、撮影の李屏賓ほかが参列して、撮影が順調に進むよう祈願しました。
このお祈り、長〜いお線香を手にした皆さんが号令に従い四方に三礼、最後に正面の香炉に順番に線香を立てました。

0926nieyinnian4その後、セットの前に移動してフォトセッション、囲みインタビューという流れです。かなりの数のメディアでしたが、またまた謝欣穎が私に気づいて手を伸ばしてマイクを持ってくれました。いつもありがとう!
囲みではほとんど侯孝賢監督が喋っていましたが、やはり出ました中日関係についての質問。監督はきっぱりと「映画は映画、政治とは別物!」と言い放っていました。
普通長くても10分くらいの囲みですが、この時は18分くらいあり、終わってマイクを受け取る時に「すみません、疲れたでしょう」と言うと、「全然そんなことないよ」という謝欣穎、本当に気さくで素敵な女優さんです。

0926nieyinnian5そして、セットの中で舒淇と張震二人による紙媒体の囲みになりましたが、狭いところなので割り込むのがたいへん。音声収録はあきらめて、隙を狙って写真だけ撮りましたが、表情豊かな舒淇はいつもながらキュート。
張震は下の方を刈り上げた短い髪で、相変わらずかっこいいです。何度も共演しているからでしょう、息が合い、とてもいい感じのお二人でした。

0926nieyinnian6さて、この映画の時代設定は唐中期の安史の乱(安禄山の乱)から40年後、張震は節度使の田季安に扮し、聶影娘を演じる舒淇とは幼なじみという間柄。
監督曰く、この映画は30年前に読んだ唐の物語をベースにした、女性の角度から見たことに始まる武侠映画だそうです。中国語圏では武侠映画はとても重要なジャンルで、李安(アン・リー)監督の「グリーン・デスティニー」とは違う、自分ならではのスタイルで作るため写実的で、特殊効果も多用しないということです。

0926nieyinnian7女性アサシン聶影娘を演じるため、すでに10日くらいワイヤーアクションの特訓を受けている舒淇は「ワイヤーアクションはそれほどつらくない。監督に操られる方がたいへん。」と言っていました。しかし、しばらく運動していなかったので、訓練初日は足に全然力が入らず、アクション監督と動きを変えようか、と冗談交じりで話していたとか。とは言うものの、非常に気合いもあり、潜在能力があるので必ずこの役をこなせると信じているそうです。

0926nieyinnian8一方の張震は、王家衛(ウォン・カーワイ)監督の「一代宗師」以来継続的にアクションの訓練をしているので、準備万端、何の問題もないと語っていました。

この映画は日本円にすると制作費11億、半分は大陸資本だそうです。来年の3月か4月にクランクアップ、その後ポストプロダクションに入りますが、上映時期は未定ということです。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 厳爵(YEN-J)インタビュー in 小豆島 | トップページ | 第13回東京フィルメックスのラインナップ発表! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 厳爵(YEN-J)インタビュー in 小豆島 | トップページ | 第13回東京フィルメックスのラインナップ発表! »