« 2012年電視金鐘獎「我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書〜In Time With You〜)」が大勝! | トップページ | Podcast 東京国際映画祭「パンのココロ」高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督のQ&A »

2012/10/28

「2012-2013冬の香港傑作映画まつり」東京と大阪で開催!

1028hkmovie夏に開催された「2012 夏の香港傑作映画まつり」の好評を受けて、年末年始に再びシネマート六本木&心斎橋で「2012-2013冬の香港傑作映画まつり」が行われることになりました。
香港映画界の人気スターたちが主演する話題の最新作3本「最愛」「大魔術師“X”のダブル・トリック」「狼たちのノクターン〈夜想曲〉」が、12月15日よりシネマート六本木、12月29日よりシネマート心斎橋で上映されます。

「最愛」
90年代の中国、山間部の貧しい村、娘娘廟村では、村人の斉全(プー・ツンシン)が金欲しさに村人たちに売血を勧めていた。しかし注射器の使い回しによりHIV感染が蔓延してしまう。斉全の弟の得意(アーロン・クォック)も感染してしまった。事態を重く見た村の小学校を管理している二人の父親の柱(タオ・ザール)は「責任を取ると」言い、感染者たちを廃屋となった学校に隔離し共同生活を始めた。感染者たちと共に暮らし始めた得意も妻にも見捨てられ、寂しさを募らせる。そんなある日、一人の女性、琴琴(チャン・ツィイー)がやって来た。彼女もまた感染者で、夫や家族に見捨てられた身だ。互いの境遇が同じである事を感じ取った二人はやがて愛し合う。しかし、それは許されざる愛だった…。

製作 :ビル・コン 「HERO」「LOVERS」「ラスト、コーション」
監督・脚本 :クー・チャンウェイ 「孔雀 我が家の風景」
撮影 :ヤン・タオ 「夜の上海」 / クリストファー・ドイル 「2046」「天使の涙」
出演 :チャン・ツィイー 「HERO」「女帝(エンペラー)」
   アーロン・クォック 「殺人犯」「ディバージェンス 運命の交差点」
   プー・ツンシン 「三国志」「スパイシー・ラブスープ」
特別友情出演: ジャン・ウェン(姜文) ルー・チュアン(陸川)

「大魔術師“X”のダブル・トリック」
民国時代1920年頃の北京、天橋。街では軍閥の雷大牛(ラウ・チンワン)が勢力とその覇権を轟かしていた。彼は世間では恐れられていたが、実生活では愛を受け入れてくれない第七夫人の柳蔭(ジョウ・シュン)に翻弄される日々を送っていた。その頃、街では一人の天才的マジシャン張賢(トニー・レオン)が現れ、見事なマジックで人々を魅了していた。雷もその一人で、ある日張賢を屋敷へ招くがそれは張賢の計算づくの事であった。彼の目的は幽閉された師匠(チョン・プイ)との再会、そして柳蔭を奪い返す事であった。なぜなら彼女は張賢の元恋人だったのだ。張賢は軍閥転覆を狙う革命団と手を組み、周到な計画を立てるが、その背後では勢力を争う軍閥たち、清朝復活を目論む残党、マジックの奥義“七聖法”を狙う者、そして謎の日本人組織が絡み出し、計画は思いがけぬ方向へと展開していく。果たして彼らの運命は!? 恋の行方は如何に? そして驚きのどんでん返しが!

製作:アルバート・ヤン/ユー・ドン/ジェフリー・チャン
監督・脚本 :イー・トンシン 「新宿インシデント」「盗聴犯」シリーズ 「トリプルタップ」
脚本:チュン・ティンナム 「孫文の義士団」 / ラウ・ホーリョン 「処刑剣」
撮影:北信康 「十三人の刺客」「新宿インシデント」
アクション監督:トン・ワイ 「孫文の義士団」 / コン・トーホイ 「ツインズ・ミッション」
美術:イー・チュンマン 「捜査官X」「ウォーロード/男たちの誓い」
出演:トニー・レオン 「レッドクリフ」「インファナル・アフェア」「グランドマスター(仮題)」
   ラウ・チンワン 「盗聴犯」シリーズ 「MAD探偵 7人の容疑者」
   ジョウ・シュン 「女帝(エンペラー)」「画皮 あやかしの恋」「クラウド アトラス」
   ラム・シュー 「アクシデント」「エグザイル/絆」
   澤田拳也 「イップマン 誕生」「新宿インシデント」
特別出演:ダニエル・ウー 「盗聴犯」シリーズ 「トリプルタップ」
     チョン・プイ 「桃(タオ)さんのしあわせ」「新宿インシデント」
     アレックス・フォン 「盗聴犯」シリーズ 「トリプルタップ」
     ツイ・ハーク 「王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件」
     ヴィンセント・クォック 「ゴージャス」

「狼たちのノクターン<夜想曲>」
香港警察特捜班刑事、ラム(サイモン・ヤム)は妻を自殺で亡くした事を認められず、殺人だと決めつけ、事故や自殺の事件を追い続けている。残された娘との間にも溝が出来ており、捜査班の中でも浮いた存在だ。その頃刑務所から一人の男が出所してくる。19歳の時に少女を殺害し投獄されていた犯人のウォン(ニック・チョン)は、20年の服役を終え、ピアノの調律師として働き始めるが、彼はそこでピアニストの少女、シュー(ジャニス・マン)と出会い驚愕する。何故なら彼女は、21年前の犠牲者とそっくりだからだ。シューには著名な音楽家の父ツイ(マイケル・ウォン)がいて、彼は偏執的にまで娘を支配していた。シューを監視し、彼女のストーカーと化したウォンは、ツイに憎悪を募らせる。それからしばらくして海で惨殺死体が発見される。被害者はツイである事が判明。事件の担当となったラムが捜査を進めていくと、やがてウォンの存在が浮かび上がる。ウォンを追跡するラムだが、ウォンはまるでラムを手玉に取るかのように、神出鬼没な動きを繰り返す。なぜ、ウォンが事件に関わっているのか? そして21年前の少女とシューの関係は? 謎がすべて繋がった時、そこには哀しくも衝撃的な真相が待ち受けていた…。

製作:ビル・コン 「HERO」「殺人犯」/千葉龍平/ソン・ダイ 「桃さんの幸せ」
監督・脚本 :ロイ・チョウ 「殺人犯」
脚本:クリスティン・トー 「殺人犯」「ベルベット・レイン」
音楽:梅林茂
撮影:アーディ・ラム 「デッドヒート」「墨攻」「高度戒備」
出演:ニック・チョン 「エレクション」「密告・者」「ビースト・ストーカー/証人」
   サイモン・ヤム 「エレクション」「イップ・マン」シリーズ
   ジャニス・マン 「やがて哀しき復讐者」
   マイケル・ウォン 「盗聴犯~死のインサイダー取引~」「冷静と情熱の間」

前売券発売開始!
特典:場面写真(数量限定)
料金:1300円
販売:シネマート六本木、シネマート心斎橋
※前売券1枚につき、いずれかの1作品をご鑑賞いただけます。
※前売券1枚につき、特典を計7種の中から1種お選びいただけます。
※特典は無くなり次第終了となります。
※チケットには絵柄は入っておりません。

■シネマート六本木 [劇場情報]
地下鉄六本木駅3番・5番出口より徒歩約2分
03-5413-7711
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/

■シネマート心斎橋 [劇場情報]
地下鉄御堂筋線心斎橋駅より徒歩約3分
06-6282-0617
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/

公式サイト
http://www.cinemart.co.jp/theater/special/hongkong-winter/

(株)ツインのリリースより

|

« 2012年電視金鐘獎「我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書〜In Time With You〜)」が大勝! | トップページ | Podcast 東京国際映画祭「パンのココロ」高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督のQ&A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012年電視金鐘獎「我可能不會愛你(イタズラな恋愛白書〜In Time With You〜)」が大勝! | トップページ | Podcast 東京国際映画祭「パンのココロ」高炳權(ガオ・ピンチュアン)監督のQ&A »