« Podcast 厳爵(YEN-J)インタビュー in 小豆島 | トップページ | 第四十九回金馬獎ノミネート発表! »

2012/10/01

「候鳥來的季節」プレミア

1001houniao19月28日から台湾で公開になった映画「候鳥來的季節」のプレミアが、この種のイベントのメッカである台北のシネコン信義威秀の中庭で行われ、取材に行って来ました。
脚本家、プロデューサー、絵本作家としても活躍する多才な女性監督蔡銀娟(ツァイ・インジュアン)をはじめ、メインキャストの溫昇豪(ウェン・シェンハオ)、白歆惠(ビアンカ・バイ)、莊凱勛(キャッシュ・チュアン)、海倫清桃(ハイルン・チンタオ)、高盟傑(ガオ・ミンジエ)に加え、黃志瑋(ジェリー・ホアン)、蔡淑臻(ジャネル・ツァイ)、夏如芝(チェリー・シァ)、李沛旭(パトリック・リー)らも応援に駆けつけました。

1001houniao2この映画は台湾の中部にある雲林を舞台に、家族と夫婦の愛を描き、台北電影節でワールドプレミアとして上映された時は、場内は感動の嵐で大きな拍手がわき上がったほどです。
公開を目前に控えて、溫昇豪は「この映画の素晴らしさを保証します。もし不満足だったら、Facebook上でチケット代返せ、と言ってもいいよ。」と自信たっぷりに語っていました。

そして、この日監督が特別にキャストたちの家族からのビデオメッセージを用意して、披露されました。
白歆惠はお父さんの「とても努力家の娘で、私は誇りに思う。」の言葉に「私は勝手に芸能界に入ったけど、家族みんなの暖かい気持に包まれています。」と、感激の涙を流していました。ほかにお姉さん二人からのメッセージもありましたが、美人姉妹ですねぇ。
溫昇豪はお兄さんから「すごく忙しいのは知っているけど、時間が合ったら時々実家に帰ってきて欲しい。」というメッセージに、「ずうっと家族の面倒を見てくれている兄には、とても感謝しています。」と語っていました。

1001houniao3ストーリー
台北で暮らす鳥類研究家の溫昇豪は、渡り鳥の観察員。妻の白歆惠も美術関係の仕事に従事し仲の良いカップルでしたが、不妊に悩んでいました。
一方雲林の実家で母親と暮らす弟の莊凱勛は、様々な事情で恋人と別れ、母親が手配した斡旋業者の紹介でベトナムから海倫清桃を妻に迎えることになります。定職がなく日雇い仕事と肝臓疾患で通院する日々…兄とは180度違う人生で、なかば捨て鉢になっていました。小さい時は仲の良い兄弟で、よく一緒に野球をやっていた二人なのに、話すことすらしなくなって長い年月が経っていました…。

よく練られた脚本と美しい映像、そしてキャストたちの素晴らしい演技で、感動のヒューマンドラマとなっている「候鳥來的季節」は、いま台湾で公開中です。

※参考記事

台北電影節「候鳥來的季節」プレミア
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/07/post-1258.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« Podcast 厳爵(YEN-J)インタビュー in 小豆島 | トップページ | 第四十九回金馬獎ノミネート発表! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast 厳爵(YEN-J)インタビュー in 小豆島 | トップページ | 第四十九回金馬獎ノミネート発表! »