« 邱澤(ロイ・チウ)最新インタビュー | トップページ | 台湾版「美男<イケメン>ですね〜Fabulous★Boys」 製作&キャスティング発表! »

2012/12/10

Podcast 東京国際映画祭「黒い四角」奥原浩志監督インタビュー

1210okuhara1東京国際映画祭のコンペティション部門で上映された「黒い四角」の奥原浩志監督インタビューをアップしました。
先週お届けした記者会見と同じ日の夜、監督に単独インタビューすることができ、制作の経緯や、中国で映画を撮ることについて、今後の事ほかをお聞きしました。
印象深かったのは、台湾映画にもとても興味をお持ちで、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督や楊德昌(エドワード・ヤン)監督の作品はもちろん、最近では「モンガに散る」がお好きだと言っていました。

1210okuhara2奥原監督は1968年生まれ。大学を卒業後に約1年映画館勤務するうちに映画制作に興味を持ち、1993年、「ピクニック」が PFFアワードで日本船舶振興会賞(キャスティング賞)とシャンテ賞(観客賞)を受賞しました。
翌年「砂漠の民カザック」で2年連続でPFFアワードに入選、佐藤工業賞(録音賞)を受賞。1999年に奥原浩志という名前を一気に広めた「タイムレスメロディ」を発表、これは第9回PFFスカラシップ作品として製作され、海外の映画祭でも評価されました。
2001年には「タイムレスメロディ」で助監督だった大森立嗣や渡辺謙作ら友人たちが集まって「波」を制作。2004年、宮崎あおい主演「青い車」、2007年の「16 [jyu-roku]」へと続きます。
そして2008年9月に文化庁の研修制度で北京へ赴き、全編中国語の「黒い四角」を制作しました。

記者会見では、「行ったからには1本撮って帰ろうと思っていたのが4年たってしまった、というのが経緯です。題材を選んだ理由ですが、北京に渡ってからいくつか脚本を書いた中でこれが一番素直に書いた題材で、あえて選んだというより必然的に生まれてきた物語だと思います」と制作の経緯を語っていました。

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 邱澤(ロイ・チウ)最新インタビュー | トップページ | 台湾版「美男<イケメン>ですね〜Fabulous★Boys」 製作&キャスティング発表! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 邱澤(ロイ・チウ)最新インタビュー | トップページ | 台湾版「美男<イケメン>ですね〜Fabulous★Boys」 製作&キャスティング発表! »