« Podcast 「セデック・バレ」大慶(ダーチン)来日単独インタビュー 前編 | トップページ | 「KANO」永瀬正敏インタビューとロケレポート、A-Bloom vol.18(FLIX5月号増刊)に掲載! »

2013/04/17

インファナル・アフェア トリロジー5月3日からシネマート六本木で上映!

0417infanal12002年、低迷する香港映画界を救った 1 本の映画が誕生しました。劉徳華(アンディ・ラウ)、梁朝偉(トニー・レオン)というアジアを 代表する二大俳優が激突した『インファナル・アフェア』です。香港・台湾の映画賞では主要部門を独占、2 本の関連作が作られ三部作(トリロジー)としてシリーズ化もされたこの作品が、5月3日からシネマート六本木で上映されます。

マフィアに入り込んだ潜入捜査官と、警察に潜入したヤクザを主人公に、ふたりの男の孤独と葛藤を描くという設定と、そのクオリティの高さにハリウッドも注目。2006年にはマーティン・スコセッシ製作、レオナルド・ディ カプリオ、マット・デイモン共演というビッグネームによって、リメイク作品『ディパーテッド』が誕生しました。
日本でも高い評価を得、アンディ・ラウ、トニー・レオンの知名度をも押し上げた本作は、2012年、TBS・WOWOW 共同 制作「ダブルフェイス」として、ついに日本でもリメイクされました。

そして同じ2012年、香港で大ヒットを飛ばした「寒戦」は、先だっての香港電影金像奨で主要部門を独占、圧勝しました。この「寒戦」と比較されたのが本作です。
「寒戦」は『インファナル・アフェア』を超えた のか否か…10年後の今でも香港映画の評価の指針となっている本作。「寒戦」の日本公開を待ち望みながら、今一度スクリーンで堪能するチャンス。お見逃しなく!

0417infanal2「インファナル・アフェア」
監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック
出演:トニー・レオン、アンディ・ラウ、アンソニー・ウォン、エリック・ツァン、チャップマン・トウ
[2002/102 分/カルチュア・パブリッシャーズ]
潜入捜査官とマフィア内通者として緊迫した日々を送り、宿命に翻弄されるふたりの男。 物悲しい色をたたえた香港の空の下、正しく生きることを望みながら、無間地獄に落ちた のは誰だったのか…。

0417infanal3「インファナル・アフェアII 無間序曲」
監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック
出演:エディソン・チャン、ショーン・ユー、アンソニー・ウォン、エリック・ツァン、フランシス・ン、 フー・ジュン
[2003/119 分/カルチュア・パブリッシャーズ]
返還に揺れる 1991 年から 1997 年の香港で、若き彼らは何を決断し何を捨てたのか。宿 命の序曲が静かに幕を開ける、ラウとヤンの前日譚。シリーズ中最も色濃く香港ノワール の空気を滲ませる傑作。

0417infanal4「インファナル・アフェアIII 終極無間」
監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック
出演:トニー・レオン、アンディ・ラウ、レオン・ライ、チェン・ダオミン、アンソニー・ウォン、 エリック・ツァン
[2003/118 分/カルチュア・パブリッシャーズ]
第 1 作から 10 ヵ月後。ラウは彼の前に立ちはだかるエリート警官ヨンもまた、内通者なの ではないかと疑いを持つ。猜疑心に苦しむラウは遂に...。豪華スター共演となったシリーズ 最終章。

【特設サイト】 http://www.cinemart.co.jp/theater/special/infernal/ (近日オープン)
【Twitter】@hkmovie_para

料金:一般・学生1300円 シニア1000円 サービスデー:月曜男性・水曜女性・木曜会員1000円 ※I・II・IIIいずれかの半券提示で 1000 円(招待券、ポイント引換等は対象外)
※スケジュールは決まり次第、劇場 HP、特設サイトに掲載
※すべて、35 mmプリント上映 ※リピータープレゼントあり!

|

« Podcast 「セデック・バレ」大慶(ダーチン)来日単独インタビュー 前編 | トップページ | 「KANO」永瀬正敏インタビューとロケレポート、A-Bloom vol.18(FLIX5月号増刊)に掲載! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast 「セデック・バレ」大慶(ダーチン)来日単独インタビュー 前編 | トップページ | 「KANO」永瀬正敏インタビューとロケレポート、A-Bloom vol.18(FLIX5月号増刊)に掲載! »