« 第8回大阪アジアン映画祭『親愛』リー・シンマン監督インタビュー | トップページ | 第8回大阪アジアン映画祭「台湾映画の現在(いま)を語る」トークセッション »

2013/04/03

第8回大阪アジアン映画祭『BBS住人の正義』ヒーロー・リン監督インタビュー

0403hero1今年の大阪アジアン映画祭では、5作品の監督やプロデューサーにインタビューしましたが、トリはこの方、『BBS住人の正義』の林世勇(ヒーロー・リン)です。
台湾では会見やイベントの取材には行きましたが、監督インタビューは機会がなかったのでこの大阪での実現はとてもうれしかったです。
これまでになかったタイプの映画、これまでにいなかったタイプの監督ということで興味は尽きません。

0403hero2最近の台湾映画は、台湾ローカル色を強く打ち出し、中高年齢層までを狙って成功している作品が多いですが、この映画は、日常ネットに親しんでいる若い世代をターゲットにして、中高年層を捨てましたね。若い層だけで6000万という興行成績を上げたのはすごいことですが、最初から勝算があったかどうか…。
ネットでかなりの支持を得ていたので、心配はしていなかった、ということでした。
そして、この映画で描かれる「正義」は、人によって概念が違う怖さを持っていますが、監督にとっての「正義」とは何ですか?と聞くと
「この映画を作ったこと」だそうです。…うーん、なるほど。

キャスティングについて、監督から見た陳柏霖(チェン・ボーリン)と陳意涵(チェン・イーハン)、郭雪芙(パフ・グオ)の魅力、実写の部分の表現で苦労したところなど次々聞いてあっという間に時間が来てしまいました。
インタビューが終わって、少し雑談させていただいたのですが、私が今年の旧正月映画の中で陳柏霖(チェン・ボーリン)の『變身』が一番面白かったと言うと「僕もそう思う」とおっしゃっていました。

このインタビューは、後日Podcast配信しますので、ご期待下さい!

※「BBS鄉民的正義」の参考記事

陳柏霖(チェン・ボーリン)インタビュー 2012年夏
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/09/2012-ad64.html

台湾映画「BBS鄉民的正義」のプレミア
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/08/bbs-1df6.html

陳柏霖(チェン・ボーリン)の新作映画「BBS鄉民的正義」記者会見
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/07/bbs-e76b.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 第8回大阪アジアン映画祭『親愛』リー・シンマン監督インタビュー | トップページ | 第8回大阪アジアン映画祭「台湾映画の現在(いま)を語る」トークセッション »

コメント

情報ありがとうございます。

投稿: じゅん子 | 2013/09/30 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第8回大阪アジアン映画祭『親愛』リー・シンマン監督インタビュー | トップページ | 第8回大阪アジアン映画祭「台湾映画の現在(いま)を語る」トークセッション »