« 第32回香港電影金像奨は「寒戰」が圧勝! | トップページ | インファナル・アフェア トリロジー5月3日からシネマート六本木で上映! »

2013/04/16

Podcast 「セデック・バレ」大慶(ダーチン)来日単独インタビュー 前編

0415daqin4月20日より公開になる台湾の歴史大作映画「セデック・バレ 第一部 太陽旗/第二部 虹の橋」のプロモーションで来日した、主役のモナ・ルダオの青年時代を演じた大慶(ダーチン)にインタビュー前編をアップしました。

去年の夏に雑誌の仕事で台北でインタビューしたのですが、「アジアンパラダイス」としては初めてです。
そして、大慶にとっても今回が公式初来日。一昨年東京国際映画祭に来たと去年のインタビューで言っていましたが、マーケットの方の見学だけだったとか。

実は、昨年のインタビューの時から「日本に宣伝に行きたい」と言っていたので、とてもうれしそうで、張り切っていました。会見の時はビシッとモデル!という感じでしたが、この日は映画のTシャツを着ていたのもその気概の現れかも知れません。
「マイクを持とうか?」とか椅子の位置をずらして取材しやすくしてくれたり、やさしい気遣いの人です。

0422daqin大慶はタイヤル族ですが、やはりセデック語は全く違う言語でかなり難しかったと言います。セデック族の文化や習慣、信仰は伝え聞いたりしていたそうで、敵対する部族の首を狩って来て大人への証しとなりますが、その首を家に持ち帰って拝むことで友達になるのだとか…。う〜ん、やはり習慣や考え方の差は大きいですねぇ。

この他、初来日の感想や撮影の思い出、この大役をやり遂げたことで、ご自身の考え方や人生観などで大きく変わったことなどをたっぷり聞きましので、前後編に分けて配信します。
ぜひお聞き下さい。

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 第32回香港電影金像奨は「寒戰」が圧勝! | トップページ | インファナル・アフェア トリロジー5月3日からシネマート六本木で上映! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第32回香港電影金像奨は「寒戰」が圧勝! | トップページ | インファナル・アフェア トリロジー5月3日からシネマート六本木で上映! »