« ウーズン東京ファンミーティング | トップページ | Podcast 大阪アジアン映画祭『BBS住人の正義』のヒーロー・リン監督インタビュー »

2013/05/04

2013台北電影節、国際青年監督コンペにノミネートされたのは陳敏郎と許肇任!

0504tff1jpg5月3日に台北の中山堂で2013台北電影節、国際青年監督コンペティションのノミネート者が発表され、台湾代表は許肇任(シュー・チャオレン)監督の「甜.祕密」と陳敏郎(チェン・ミンラン)監督の「你的今天和我的明天」が選ばれました。
このコンペティションは、デビューから二作目までの監督作品を対象としたもので、グランプリ、審査員特別賞、観客賞の3つの賞があり、今年は200本近い候補の中から12作がノミネートされました。

0504tff4今年はこの賞が創設されて9年、国内外の監督の交流の場として、また台湾映画人への良い刺激剤として定着してきました。
ノミネート発表記者会見には、「甜.祕密」の出演者のひとりである馬志翔(マー・ジーシアン)が自身の監督作「KANO」がクランクアップして、初めて「甜.祕密」のプロモーション活動に参加しました。

0504tff3台湾代表の両監督は共に42才、陳敏郎監督は台湾の誇りである李安(アン・リー)監督と同じニューヨーク大学の大学院で映画を学びました。この映画祭でワールドプレミアとなる「你的今天和我的明天」は、「プラダを着た悪魔」のAli Cherkaouiが助監督ほか様々な国のスタッフ・キャストで制作され、クルーはまさに小さな地球村のようだそうです。「この作品が台湾の観客にも受け入れられることを祈っている」と語っていました。

0504tff2もう一人の許肇任はこれが監督デビュー作である「甜.祕密」は、すでに釜山やベルリンなど世界の映画祭で上映されています、劇中で李烈(リー・リエ)と年の差カップルを演じた馬志翔は、「当初、監督から李烈とのベッドシーンがあると騙され、緊張させられた」と暴露しました。

また、日本からは東京国際映画祭や大阪アジアン映画祭でも上映された下手大輔監督の「はなればなれに」がノミネートされ、「私は楊德昌(エドワード・ヤン)監督の影響を受けているので、初めての台湾行きにとても期待している」というコメントが届いたそうです。

まだ、12本目が発表されていませんが、これらの作品は6月28日から開催される台北電影節で上映され、7月3日に結果が発表されます。

2013台北電影節「国際青年監督コンペ」ノミネート一覧

「寶貝對不起(Baby Blues)」Kasia Rosłaniec(ポーランド)
「直搗上流的女孩(Call Girl)」Mikael Marcimain(スエーデン アイルランド フィンランド ノルウェイ)
「心靈微塵(Dust on Our Hearts)」Hanna Doose(ドイツ)
「消失在迷幻雨林(Jonathas' Forest)」Sérgio Andrade(ブラジル)
「はなればなれに(Kuro)」下手大輔(日本)
「約他去看絕世雪景(Matterhorn)」Diederik Ebbinge(オランダ)
「毒派兄弟(Northwest)」Michael Noer(デンマーク)
「你的今天和我的明天(Tomorrow Comes Today)」陳敏郎(台湾)
「甜.祕密(Together)」許肇任(台湾)
「瞭望我的悲傷(Watchtower)」Pelin Esmer(フランス ドイツ トルコ)
「綁架練習曲(Youth)」Tom Shoval(イスラエル ドイツ)

|

« ウーズン東京ファンミーティング | トップページ | Podcast 大阪アジアン映画祭『BBS住人の正義』のヒーロー・リン監督インタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウーズン東京ファンミーティング | トップページ | Podcast 大阪アジアン映画祭『BBS住人の正義』のヒーロー・リン監督インタビュー »