« 台湾の姜秀瓊(チアン・ショウチョン)が来年公開の日本映画「さいはてにて(仮)」の監督に! | トップページ | Podcast 大阪アジアン映画祭「台湾映画の現在(いま)を語る」トークセッション後編 »

2013/06/25

盧廣仲(ルー・グアンチュン)7月に日本版アルバム『Slow Soul』リリース!

0625luおかっぱ頭に大きなメガネ、短パンという独特のスタイルのシンガーソングライター盧廣仲(ルー・グアンチュン)が、日本デビューすることになりました。台湾で2011年にリリースした「慢靈魂」が『Slow Soul』というタイトルで、7月3日にP-VINE RECORDSから発売されることになりました。
名前もイングリッシュネームのクラウド・ルーとなり、「蚊の唄 (Acoustic Version)」「ラヴィン・ユー (Live)」が収録されるのも日本版ならではです。

クラウド・ルー(盧廣仲)は1985 年7 月15 日台湾・台南生まれ。
大学1 年の時、交通事故に遭ったきっかけで、入院中にギターを独学で始めました。退院後の翌年、大学の音楽コンテストで優勝、音楽プロデューサーの目にとまり、デビュー。
2008年、ファーストアルバム「100種生活」をリリース。発売当週は台湾の多くのチャートで1 位を獲得。その自然体と音楽性の高さで大ブレイク。
2009年、台湾で最も権威ある第20回金曲奨(ゴールデン・メロディ・アワード)では最優秀新人賞および最優秀作曲賞を受賞しました。
2009 年2nd アルバム「七天(Seven Days)」をリリース、IFPI 香港Top Sales Music Award でベストセールス賞を受賞。2010 年12月には台北アリーナでソロ・コンサートを行ない、1 万人を動員。
2011年7月に3rd アルバム「慢靈魂(Slow Soul)」、2012年は「有吉他的流行歌曲」をリリースし、現在は兵役に就いています。

きれいでシンプルなメロディー、弾き語り~フォーク的な土台に、ソウルやジャズなどからの影響も感じさせるキャッチーなアレンジであっという間に若い世代に支持され、2010年〜2011年頃は、おかっぱ頭とメガネ、短パンの盧廣仲スタイルの男子が台北市内でも多く見られるほどの人気アーチストとなりました。
日本のC=POPファンからも早くから注目され、今回満を持しての日本版リリースです。
リリースにあたり、日本語スーパーのついたリード曲「ドント・コール・ミー・ベイビー」のMVがyoutubeで公開されています。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Qj64QUGURoY

クラウド・ルー (盧廣仲) 『スロウ・ソウル』
Release: 2013-07-03 PCD-93728 ¥2415(税込) / ¥2300(税別)


1. ドント・コール・ミー・ベイビー
2. スロウ・ソウル
3. 港の男
4. 遠くには行きたくない
5. 駄目な僕
6. 蚊の唄
7. レインボー
8. さようなら、アファディース
9. アフター・ディナー
10. メルシー
11. ブロークン
12. 蚊の唄 (Acoustic Version)
13. ラヴィン・ユー (Live)

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。