« 『ラスト・シャンハイ(原題:大上海)』9月28日(土)より公開! | トップページ | 『シンデレラの法則』陳喬恩(ジョー・チェン)インタビュー »

2013/09/19

ディーン・フジオカの『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』ポスター解禁!

0919ichihashi6月に台湾映画『夢の向こう側 〜ROAD LESS TRAVELED〜』のプロモーションで来日、現在台湾のドラマ「就是要你愛上我」に出演中のディーン・フジオカが、日本で初めて監督・主演、音楽も担当した映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』のポスターが解禁になりました。
これは、実際に起きたイギリス人女性殺害事件の犯人・市橋達也自身による手記をもとに映画化したもので、決して許されることのない事件を起こした市橋達也の逃亡の軌跡を辿った圧倒的なリアリティとサスペンスがみなぎる実録ドラマです。

アカデミー外国語映画賞に輝いた『おくりびと』『闇の子供たち』を世に送り出した中沢敏明プロデューサーが、この野心的かつ困難なプロジェクトのメガホンを託したのは、台湾で活躍する日本人俳優・ディーン・フジオカ。日本人でありながら、日本を俯瞰的に見る独特の感性、考え方を持つ彼は、今回監督・俳優の両役を務めています。
「僕は、『市橋達也です』と答え、逮捕された―。」という衝撃的なキャッチコピーと共に姿を見せるのは、送検された際にその素顔を見せ、話題を呼んだ市橋達也。うつむき落ち着いた様子を見せる一方、その後ろでは鋭い視線を投げかけるもう一人の市橋がおり、表情だけではつかみきれない彼の人間性を表したビジュアルとなっています。

◆ディーン・フジオカのコメント
「この事件を犯人と同世代の切り口で、日本国外からの視点で描いて欲しい。」エグゼクティブ・プロデューサーのそんな言葉から、日本デビュー作で初の監督業にも挑戦することになった。
人は日々壁にぶつかり、乗り越える努力をし、結果がどうであれ教訓を学ぶ、それが人生。
市橋は自分の犯した罪から逃げ、名前を変え、顔も変えて逃げ続けた殺人逃亡犯。もしかしたら殺人事件のもっと前から、社会や自分自身と向き合う事から逃げてきたのかも知れない。壁から逃げ続けた結果、今の彼は檻の中にいる。四方を壁に囲まれて。出演オファーを受けこの事件を知った当初にふと考えた"What if…"
それは「どこかで壁から逃げていたら、もしかしたら自分も市橋のようになっていたのかも知れない」という仮説。誰でも犯しかねない過ちを決して犯さない為にも、その恐さを描きたかった。

名前を変え、顔を変え、自分自身から逃げ続けた2年7ヵ月の逃亡劇。
謎に包まれていた空白の逃亡期間の衝撃的な真実が明かされます。

『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』
11月 9 日(土)全国109シネマズ、新宿ミラノ劇場ロードショー(109シネマズ港北を除く)
■監督・主演・主題歌 ディーン・フジオカ 
■エンディング・テーマ「My Dimension」DEAN FUJIOKA
■原作:「逮捕されるまで〜空白の2年7ヶ月の記録〜」市橋達也(幻冬舎文庫刊)
■配給:セディックインターナショナル 電通/配給協力:マンハッタンピープル
カラー/ヴィスタサイズ/ドルビーデジタル/(C)2013「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」製作委員会/PG12
公式サイト ichihashi-movie.jp

|

« 『ラスト・シャンハイ(原題:大上海)』9月28日(土)より公開! | トップページ | 『シンデレラの法則』陳喬恩(ジョー・チェン)インタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ラスト・シャンハイ(原題:大上海)』9月28日(土)より公開! | トップページ | 『シンデレラの法則』陳喬恩(ジョー・チェン)インタビュー »