« 2013年台湾金鐘獎で周渝民(ヴィック・チョウ)が主演男優賞に! | トップページ | 東京国際映画祭『失魂』鍾孟宏(チョン・モンホン)監督Q&A »

2013/10/27

2013年台湾金鐘奨レッドカーベッドのスターたち

1027vic1すでにお伝えしたように、10月25日に台北の國父記念館で金鐘奨の授賞式が行われ、周渝民(ヴィック・チョウ)が「回家」の演技により主演男優賞に輝きました。
今年も台湾ドラマのお馴染みのスターがレッドカーベッドをウォーキング、司会の一人安心亞(アン・シンヤ)、楊一展(ヤン・イージャン)は「兩個爸爸」で親子を演じた樂樂(ラーラー)と、バラエティの司会者賞にノミネートされたSelina、主演女優賞候補の謝欣穎(シェ・シンイン)、林辰唏(リン・チェンシー)は同じく「罪美麗(台北ラブストーリー~美しき過ち)」で主演男優賞ノミニーの莫子儀(モー・ズーイ)がエスコートしていました。

1027bolin助演男優賞と司会者賞に仲良くノミネートされた李李仁(リー・リーレン)と陶晶瑩(陶子)夫妻。プレゼンターの李毓芬(ティア・リー)、郭雪芙(パフ・クォ)、郭采潔(アンバー・クォ)、王傳一(ワン・チュアンイー)、賴雅妍(メーガン・ライ)溫昇豪(ウェン・シェンハオ)は共演の多い蔡淑臻(ジャネル・ツァイ)と、そして隋棠(ソニア・スイ)、トリはヒゲの陳柏霖(チェン・ボーリン)でした。

1027vic2中でも一弾と声援が多かったのが、やはり周渝民。今年こそ受賞を!という熱い祈りで、日本からもファンの皆さんが駆けつけて、応援ボードを掲げていました。ラスト近くに登場した仔仔は、自分のファンたちのところに歩み寄って握手をしたりしていました。
この他ベテランや名脇役、監督、バラエティの司会者たちなどで賑わいましたが、日本でお馴染みの方々の写真をアップします。

※関連記事

2013年台湾金鐘獎で周渝民(ヴィック・チョウ)が主演男優賞に!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/10/2013-86cf.html

主なノミネート一覧
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/09/post-10ce.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

1027an1027yanlele1027serena1027xie1027molin1027litaozi1027dreamgirls1027anbar1027hajime_21027megan1027wentsuai1027sonia

|

« 2013年台湾金鐘獎で周渝民(ヴィック・チョウ)が主演男優賞に! | トップページ | 東京国際映画祭『失魂』鍾孟宏(チョン・モンホン)監督Q&A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年台湾金鐘獎で周渝民(ヴィック・チョウ)が主演男優賞に! | トップページ | 東京国際映画祭『失魂』鍾孟宏(チョン・モンホン)監督Q&A »