« 第14回東京フィルメックス 陳哲藝(アンソニー・チェン)監督インタビュー | トップページ | 第14回東京フィルメックス 『ピクニック』の蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督Q&A »

2013/11/30

第14回東京フィルメックス 『夏休みの宿題』の主演子役楊亮俞(ヤン・リャンユー)Q&A

1130xiaolian1東京フィルメックスで上映された張作驥(チャン・ツォーチ)監督の『夏休みの宿題(原題:暑假作業)』の主役、楊亮俞(ヤン・リャンユー)が来日してQ&Aを行いました。
12才の楊亮俞くん、とても落ち着いて受け答えもしっかりしており、客席を驚かせました。時折織り交ぜる「ありがとう」という日本語も可愛らしかったです。

1130xiaolian2この映画は、10歳の少年が忙しい両親の元を離れておじいさんの家ですごす夏休みの日々を描いたもので、台北郊外ののどかな村の人々とのふれあいや、離婚を考えている両親など厳しい現実と向き合います。楽しいことも悲しいことも、それを乗り越えて成長する少年への張作驥監督の暖かい視線が全編に溢れています。

1130xiaolian3本作に出てくる子ども達は、楊亮俞も含め新北市の小学校から監督が集めた子ども達だそうで、とりあえず自由に遊ばせその中から監督が配役を決めたそうです。
作品の中で書く夏休みの日記に成語がたくさん使われているのですが、台湾では小学生でもこのような難しい言葉を知っているのか、という質問に「台湾ではこういう成語を沢山習います。そしてテストもよく行われます」ということ。

1130xiaolian4将来は俳優になるのかどうかと聞かれ、「演技の道へ進みたいと思いますが、それは今ではありません。大学を卒業したら俳優になりたいと思います」と、これまたしっかりした答え。
ぜひ張震(チャン・チェン)のような俳優に成長して欲しいものです。
おまけに、先日の金馬奨で堂々の一人ウォーキングをしたときの写真を。

第14回東京フィルメックス
11月23日(土)~12月1日(日)
有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇にて

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 第14回東京フィルメックス 陳哲藝(アンソニー・チェン)監督インタビュー | トップページ | 第14回東京フィルメックス 『ピクニック』の蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督Q&A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第14回東京フィルメックス 陳哲藝(アンソニー・チェン)監督インタビュー | トップページ | 第14回東京フィルメックス 『ピクニック』の蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督Q&A »