« 東京国際映画祭『激戦』林超賢(ダンテ・ラム)監督インタビュー | トップページ | Podcast 東京国際映画祭『Together(原題:甜‧祕密)』の許肇任(シュー・チャオレン)監督インタビュー »

2013/11/11

台湾映画の感動作『光にふれる(原題:逆光飛翔)』2014年2月日本公開決定!

1111hikari1昨年台湾で公開され、ロングランヒットとなった『光にふれる(原題:逆光飛翔)』が、2014年2月8日からヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿他にて全国ロードショーが決定しました。
これは視覚障害の天才ピアニスト黄裕翔(ホアン・ユィシァン)と、張榕容(チャン・ロンロン)演じるダンサーを夢見る少女の友情と成長物語で、ワールドプレミアとなった2012年の台北電影節では「國際青年導演競賽」の観客賞を、張榕容が主演女優賞、同年の金馬奨で黄裕翔が優秀映画人に輝き、釜山映画祭でも観客賞を受賞しています。
台湾公開直後に東京国際映画祭でも上映され、日本公開が待たれていた秀作です。

1111hikari2本作は、2009年の台北電影節の短篇部門で最優秀賞を獲得した「天黑」を、王家衛(ウォン・カーウァイ)が長編として映画化することを決め、張榮吉(チャン・ロンチー)監督が二年をかけて製作しました。
幼い頃のトラウマで、表舞台に立てなくなった視覚障害の天才ピアニストが、母親の深い愛、垣根のない仲間との友情、ダンサーを夢見る少女との心の交流によって、逆境を乗り越え夢にむかって飛び立つ姿を瑞々しく描き、台湾はもとより各国の映画祭でも観客に愛されました。
眩い光に満ち溢れた映像美と繊細で美しいピアノの旋律にのせて描く、実話に基づく感動ドラマです。

1111hikari3【物語】
光を知らない天才ピアニスト。母の深い愛、垣根のない仲間との友情、ダンサーを夢見る少女との心の交流が、彼の人生に眩い光をもたらす―。
目が不自由なユィシアンは希望や情熱をピアノにのせて表現する、非凡な才能を持っている。しかし、幼い頃にコンクールで起きたある事件が原因で、それからコンクールの名がつくものには一切出ようとしなかった。ユィシアンの母親は、彼が音楽を仕事にして自立できるよう、心配な気持ちを抑えて、都会の音楽大学に通わせることにする。ユィシアンは大学の、初めての盲人の生徒となった。
家族と離れての都会での慣れない生活、クラスメイトに負担をかけているのではという思い。そんな不安な毎日を送るユィシアンは、ある日、ダンサーを目指していながらも、経済的な理由から挫折そうになっている少女シャオジエに出会う。ふたりはお互いの悩みや不安を感じながら、交流していくうちに、夢に向かって動きだす勇気をもらう。シャオジエはダンスの国際コンクールに挑戦する決意をし、ユィシアンもまた、彼の人柄と音楽に惹かれて集まった仲間たちとともに、夢に向かって飛翔していく。

1111hikari4『光にふれる』
原題:逆光飛翔(Touch of the light)
提供:王家衛(ウォン・カーウァイ)
監督:張榮吉(チャン・ロンチー)
音楽:黄裕翔(ホアン・ユィシァン)
出演:黄裕翔(ホアン・ユィシァン)張榕容(チャン・ロンロン/サンドリーナ・ピナ)李烈(リー・リエ)   
配給:クロックワークス

2014年2月8日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿他全国ロードショー

※『光にふれる(原題:逆光飛翔)』に関するこれまでの記事

台湾映画「逆光飛翔(光にふれる)」台北プレミア
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/09/post-55ff.html

第14回台北電影奨、張孝全(ジョセフ・チャン)張榕容(チャン・ロンロン)張書豪(チャン・シューハオ)郭采潔(アンバー・クォ)が主演・助演男優・女優賞に!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/07/14-63c9.html

台北電影節開催中、台湾映画「逆光飛翔」が「國際青年導演競賽」観客賞!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/07/post-59da.html

|

« 東京国際映画祭『激戦』林超賢(ダンテ・ラム)監督インタビュー | トップページ | Podcast 東京国際映画祭『Together(原題:甜‧祕密)』の許肇任(シュー・チャオレン)監督インタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京国際映画祭『激戦』林超賢(ダンテ・ラム)監督インタビュー | トップページ | Podcast 東京国際映画祭『Together(原題:甜‧祕密)』の許肇任(シュー・チャオレン)監督インタビュー »