« 東京国際映画祭 『27℃~世界一のパン』林正盛(リン・チェンシェン)監督インタビュー | トップページ | Podcast 東京国際映画祭 『27℃~世界一のパン』林正盛(リン・チェンシェン)監督インタビュー »

2013/11/06

胡宇威(ジョージ・フー)オフィシャルインタビュー

1106george1胡宇威(ジョージ・フー)が主役に昇格して初のドラマ『LOVE♥NOW ホントの愛は、いまのうちに・・・(原題:真愛趁現在)』が、日本でも12月25日からホームドラマチャンネルで放送開始になります。
これを記念して、台北で主役胡宇威のオフィシャルインタビューが行われましたので、その模様をお伝えします。

Q1:『LOVE♥NOWホントの愛は今のうちに・・・』が日本でいよいよ初めて放送になりますが、お気持ちはいかがですか?

ジョージ: 『LOVE♥NOWホントの愛は今のうちに・・・』が日本で放映されると聞いて、自分の作品が放映されるのは久しぶりなので大変嬉しく思っています。素晴らしい台湾ドラマを皆さんにご紹介できる事を大変光栄に思っています。自分自身長い間日本に行っていないので、宣伝で皆さんにお会いできたらとても嬉しいです。


Q2: ご自分が出演されているドラマが、日本(海外)で放送されることについてどう思われますか?

ジョージ: この作品だけでなくこれからの作品も海外で放映される事を願っています。また機会があれば、日本でドラマの撮影をしたいです。


Q3: この作品への出演を決めたポイントは何ですか?

ジョージ: 海外ロケがあるというのが魅力的でした。ただ月曜日から木曜日まで放映されるドラマなので撮影量が多い事が一番の心配事でしたが、とても素晴らしい作品で共演者も素晴らしい方々ばかりでしたのでチャレンジしようと思いました。


Q4: このドラマのみどころとオススメポイントを教えてください

ジョージ: ドラマのタイトルと同じで、もしも愛する人に出会ったら”今”そのチャンスを逃さない、自分の余命が180日だとしたら”今”何をするべきか、そういった”今”というキーワードがポイントとなっています。
おすすめポイントはフィリピンでの撮影です。海辺での結婚式のシーンがとてもロマンチックで、自分自身も忘れられないステキな場所でした。

Q5: 撮影時に何か印象的なエピソードがあれば教えてください

ジョージ: 一番印象深かったのは海外での結婚式のシーンです。実は本物の神父だったので、結婚証明書がないだけで本当に結婚式をしているかのようでした。自分にとっても生まれて初めての結婚式の撮影だったので、より一層思い出深いシーンになりました。


Q6: 共演者との思い出は?

ジョージ: お姉さん役のラン・シーユンとの思い出がとても印象的です。自分は一番年下でしたが、家族で唯一の男性で、家族を守らなくてはならない。彼女が苦しんでいるのを見るととても辛くて、元気づけなくてはならないと思いました。

Q: 相手役や、他の共演者についてはどうですか?

ジョージ: このドラマの一番の良いところは出演者全員が自然に演じているところです。ドラマのストーリーがとても身近で、それぞれ家族の問題や困難に立ち向かううちに、自然と共演者同士が本当の家族のように強く結ばれました。メイキングを撮っていれば、どんなに仲が良かったかお見せできたのに残念です。

Q7: 一番忘れられない印象に残っているシーンはどこですか?

ジョージ: 後半部分のシーダーとイールーがケンカをするシーンです。赤ちゃんを産むか、イールーの病気を治すかという選択でケンカをします。その撮影では1話毎に台本が出来上がってくるため、出来上がった台本を読む度に感情があふれ出し崩壊寸前でした。

1106george2Q8: ドラマではイールーに一目惚れしますがジョージさんは一目惚れする方ですか?

ジョージ: 知り合ってから関係を培っていくタイプですがこの先何が起こるかわかりません。もし一目惚れしたらシーダーのように電撃結婚もあるかも(笑)。


Q9: イールーのような女性をどう思いますか?

ジョージ: 家庭を大事にし夫も子供も大事にするタイプでとてもステキな女性だと思いますが、もし亭主関白だとしたらお互い衝突してしまうので、自分の意見を控えるタイプの男性の方がうまく行くと思います。


Q10: イールーはワーカーホリックですが、もし自分の彼女がワーカーホリックだったらどうしますか?

ジョージ: 彼女に仕事をさせて自分は家で寝ています(笑)。子供の面倒をみて食事を作り奥さんの帰りを待っています(笑)。


Q11: ジョージさんが今回演じるラン・シーダーの性格や恋愛に対する姿勢は共感できますか?ご自分と似ているところはありますか?

ジョージ: 仕事に対して完璧主義なところが似ていると思います。脚本に描かれているシーダーもだんだん自分に近づいてきた気がします。恋愛についても似ていると思いますが、もし同じような状況になったら自分はシーダーのように自分の愛する人をどう守るかという選択に悩むと思います。


Q12: 台湾で『LOVE♥NOW・・・・』が大変ヒットしたということですが、人気になった理由はなんだと思いますか?

ジョージ: ストーリーが現実とかけ離れてなく、誰にでも起こりうる身近な内容が受け入れられたのではないでしょうか。


Q13: 来日したことはありますか?それはどちらですか?

ジョージ: 今まで仕事で何度か行った事があります。そんな中で一番印象深かったのは明治神宮に参拝した事です。とても迫力がありました。日本はタクシー料金が高いので電車に乗って移動しました。
長崎のハウステンボスには約1ヶ月ほど撮影で滞在した事があります。ちょうどクリスマスの時期だったので、ロマンチックなクリスマスイルミネーションに感動しました。


Q14: 日本の好きなところはありますか?

ジョージ: 日本の文化が好きです。日本人はとても礼儀正しく、皆さんがオシャレを楽しんでいますよね。電車に乗った時に向かいに座っていたおじいさんがとてもオシャレで格好良かった事にビックリしました。


Q15: 日本への進出なども考えていますか?

ジョージ: 機会があればぜひチャレンジしたいと思います。日本で仕事ができたらとても良い経験になると思います。

1106george3Q16: 日本のドラマで見たことがある作品はありますか? 好きな俳優さんなどは?

ジョージ: 今は仕事が忙しく見る機会がありませんが、今話題になっている『半沢直樹』を見たいです。
台湾版を撮る事になったら『半沢直樹』を是非演じてみたいです。(「倍返しだ!」を中国語と日本語で情感たっぷりに演じてみせてくれました)
堺雅人さんは苦労されて俳優になったと聞きました。自分の夢のために頑張る姿勢に共感しました。


Q17: 日本の女性をどう思いますか?

ジョージ: とても優しいです。台湾のイベントがある時いつも日本からファンが会いに来てくれるのですが「HI!ジョージ」と恥ずかしがりながら(恥じらいながら囁く仕草をマネしてみせる)声をかけてくれるのがとても可愛いです。


Q18: 最近感動したことはありますか?

ジョージ: 今のドラマが早くクランクアップを迎えた事かな(笑)。それは冗談ですが、日本で「LOVE♥NOWホントの愛は今のうちに・・・」が放映される事に感動しています。


Q19: 休日は何をして過ごしていますか?

ジョージ: 家でボーッとしています(笑)。最近は仕事が忙しく睡眠不足なのでオフの日は休息を取っています。もし時間があれば『半沢直樹』を是非見てみたいです(笑)。


Q20: 趣味やはまっていることは?

ジョージ: 仕事で忙しいので最近は描いてないですが、時間があれば絵を描きたいです。小さい頃から絵を描く事が好きで大学時代はグラフィック専攻だったので絵を描く事は続けていきたいです。


Q21: 台湾でデートに連れて行ってくれるとしたらどこ?

ジョージ: 台湾一周!台湾は東西南北全てが魅力的です。もし連れて行くとしたら、お尻が痛くなってしまうもしれませんが、電車で一緒に周りたいです。台北から近いところでは陽明山ですね。以前友人と陽明山に行った時自分だけ流星を見逃してしまったので、是非一緒に流星をみたいですね。


Q22: 日本のファンの皆さんにメッセージをお願いします

ジョージ: 日本の皆さんに会いにいく機会がありませんでしたが、この度素晴らしい作品と出会いご紹介できる事となりました。ぜひ皆さんこの作品、そしてジョージ・フーを応援してください。どうぞよろしくお願いします。


Q23: 今後の予定を教えてください。

ジョージ: 近々写真集を出す予定です。是非応援してください。

1106lovenow「LOVE❤NOW ホントの愛は、いまのうちに…」

もし愛する人の人生が残り180日だったら、その人の為に、何を叶えてあげたいですか!?

バストイレタリーメーカーの御曹司で若き社長シーダー(ジョージ・フー)は、大学時代に出会った初恋の女性にずっと想いを寄せている。卒業試験の日、ペンが全部使えなくなって困っていた時、隣の席に偶然座った女の子が差し出してくれた安いボールペンで、無事試験を受ける事が出来た。先に教室を出た女の子を追いかけたが、名前を聞くこともお礼を言う事も出来なかった。友達が撮った卒業写真の背後に、小さく写った彼女の写真と、ボールペンだけが手元に残った…。
フィリピン有数のリゾート地・ボラカイ島。出張で来たシーダーは、車に荷物を積んだ直後、偶然初恋の女性イールー(アニー・チェン)を見つける。なぜか走ってくる車の前にふらふらと倒れ込んだイールー。
シーダーはイールーがあと半年の命だと宣告されたのを知って、結婚式を挙げ、彼女の夢を実現し、美しい記憶を留めてあげたいと尽くした。
8日後、突然イールーはシーダーの前から姿を消した。そんなに具合いが悪くなっていたのか!? 台北に戻ってもシーダーはイールーを探し続けた。
ある日、シーダーとイールーは偶然ショッピングセンターで再会し、イールーの病気が嘘だったと判明する。。。。

監督:リエン・チュンリー(連春利)
キャスト:ジョージ・フー(胡宇威)、アニー・チェン(陳庭妮)、ボビー・ドウ(竇智孔) 、ハリー・チャン(懐秋)

★放送日:12/25(水)スタート! 毎週(水) 深1:15~2:15 他
☆再放送:1/8(木)より 毎週(木) 後6:00~7:00

ホームドラマチャンネル
【スカパー!】Ch.294
【スカパー!プレミアムサービスHD】Ch.661
【スカパー!プレミアムサービス標準画質】Ch.362
【スカパー!プレミアムサービス光】Ch.362
【ひかりTV】Ch.420、Ch.460(HD)
【CATV】全国189局

|

« 東京国際映画祭 『27℃~世界一のパン』林正盛(リン・チェンシェン)監督インタビュー | トップページ | Podcast 東京国際映画祭 『27℃~世界一のパン』林正盛(リン・チェンシェン)監督インタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京国際映画祭 『27℃~世界一のパン』林正盛(リン・チェンシェン)監督インタビュー | トップページ | Podcast 東京国際映画祭 『27℃~世界一のパン』林正盛(リン・チェンシェン)監督インタビュー »