« Podcast 『甜蜜殺機』連奕琦(リエン・イーチー)監督インタビュー後編 in 台北 | トップページ | Podcast 東京国際映画祭 『総舗師 ― メインシェフへの道』Q&A »

2014/01/23

台湾で撮影快調!「GTO TAIWAN」

0123gto1大ヒット漫画「GTO」を原作に、2012年から放送された人気ドラマシリーズ「GTO」の新たなプロジェクト「GTO TAIWAN」が台湾で撮影中です。
本作にはAKIRA、城田優、山本裕典のメインキャストに加えて、台湾から卓文萱(ジニー・チュオ)SPEXIALから宏正(ホンジャン)、偉晉(ウェイジン)、そして『美男<イケメン>ですね〜FabulousBoys〜』の程予希(ルゥルゥ・チェン)が出演しています。

このプロジェクトは、政府が推進している「クールジャパン」の支援を受けて動き出したもので、「GTO」シリーズを制作、放送してきた関西テレビ、MMJがプロデュースし、台湾のテレビ局GTVと、台湾の制作会社Comic Productionsとパートナーを組み、監督や主要キャスト、主要スタッフ以外は全て台湾キャスト、スタッフによる日台共同制作です。
撮影は1月にオール台湾にて行い、台湾ではGTV総合チャンネルにて3月22日の「GTO TAIWAN」の放送を皮切りに、「GTO」ドラマシリーズ、3本のスペシャルも一挙放送(毎週土曜日夜帯にて放送)。さらに、日本では、テレビ、配信、劇場、その他、様々なウィンドウでの展開が予定されています。

0123gto2台湾キャストらによる中国語での会話シーンと、ロケーションや台湾スタッフらの撮影によって、全体が台湾の学園ドラマの装いに撮影されている本作、その中で言葉も通じず孤軍奮闘する鬼塚、龍二、冴島のキャラクターは、「GTO」シリーズ史上、最も場違いな存在感を放っており、AKIRA、城田優、山本裕典の作り出すキャラクターによって、「GTO」シリーズ史上、最も場違いな鬼塚授業—、しかし純度100%の「GTO」シリーズとして完成していくのです。

撮影は、オール台湾ロケとなり、台湾の学校のみならず、台北101、国父記念館、西門町、自由広場、通化夜市など、台北市内の名所での撮影も敢行。台湾の魅力がふんだんに詰まった作品に仕上がりそう。

ストーリー
昨今、日本の大学に留学する学生が増えている台湾。そんな台湾の高校から1週間の研修プログラムとして招聘された鬼塚(AKIRA)。龍二(城田優)を引き連れ、いざ台湾へ。台北に到着した初日、屋台で偶然にも冴島(山本裕典)の姿を発見。鬼塚、龍二、冴島による台湾伝説が始まるのだった。鬼塚が招聘された台北の高校では、都市再開発によって金と権力を手に入れた権力者が全てを仕切っていた。「イジメはGAME」。その息子に逆らうものは教師でさえも学校から追い出されてしまう絶対的なルールが存在していた。オール台湾人の高校で、「GTO」史上最も場違いな鬼塚授業が始まろうとしいた。そして、龍二が巻き込まれた謎の少女とチンピラの逃走劇とは?冴島は、一体どこへ消えたのか・・・。

メインキャストのコメント

AKIRA
台湾、アジア全土でも愛されている藤沢とおる先生の作品であり、僕たちも想いを込めてやらせていただいている作品が、海外でも撮影できるということで、とても嬉しいです。台湾のスタッフやキャストは、年令やキャリアに関係なく、皆さん作品に対してストイックで、自分の思いを明確にもっていて、パワーを感じます。しかしコミュニケーションをとると台湾の方々の優しさや心温かさが伝わり、とてもいい雰囲気で撮影が進んでいます。日本と台湾の合作ということで日本人の魂を持ちながらも、台湾の方々の素晴らしさや台湾文化の良さをGTOというフィルターを通して伝えていけたらと思います。

城田優
これまで連続ドラマと3本のスペシャルがあり、役をやっていた時間も長かったのですが、またGTOが撮れることが嬉しいです。しかも今度は国を飛び越えて台湾という地で撮影し、さらに台湾で放送されるというインターナショナルな仕事ができてとても嬉しいです。GTOの世界感や、最後にスカッとするいつも通りの展開はありながらも、日本を飛び出してスケールアップしたところをぜひ見てほしいです。

山本裕典
一度はお別れしたGTOチームが再び集まることができたことが嬉しいです。ここ台湾でも、これまで培われてきたチームワークの良さは健在です。1つ心配があるとしたら、果たして台湾で自分の役が受け入れられるのか?ということです。

<3人共に「GTO世界展開に繋がれば嬉しい」>
「GTO TAIWAN」を機にアジア中の方々にGTOを楽しんでもらえたら嬉しいですし、また新たな場所で撮らせていただける機会があれば頑張りたいと思います。

スタッフ
監督:今井和久(「GTO」シリーズ)
脚本:山岡潤平
原作:藤沢とおる 「GTO」「GTO SHONAN 14DAYS」(講談社 刊)
制作:関西テレビ・MMJ・ Comic International Productions
放送局(台湾):GALA TELEVISION CORPORATION

キャスト
AKIRA(鬼塚英吉)
城田優(鬼塚英吉の悪友 弾間龍二)
山本裕典(鬼塚英吉の悪友の警察官 冴島俊行)
ジニー・チュオ:卓文萱(鬼塚が担当するクラスの担任女性教師、鬼塚の世話役 シェリー)
ホンジャン:宏正(鬼塚が担当するクラスの圧倒的権力者 リー・ウォン)
ウェイジン:偉晉(鬼塚が担当するクラス内でイジメを受けている生徒 シュー・シェンシェン)
ルゥルゥ・チェン:程予希(鬼塚が担当するクラスの女子生徒、リー・ウォンの幼馴染み シャオ・メイ)
ハン:寒(イーリン)

撮影:2014年1月8日クランクイン/1月29日クランクアップ
台湾放送:2014年3月22日(土)22:30放送開始(30分 全4回)
放送局:GTV総合チャンネル
※日本ではテレビ、配信、劇場、その他、様々なウィンドウでの展開を予定
「GTO」公式サイト:http://www.ktv.jp/gto/index.html

|

« Podcast 『甜蜜殺機』連奕琦(リエン・イーチー)監督インタビュー後編 in 台北 | トップページ | Podcast 東京国際映画祭 『総舗師 ― メインシェフへの道』Q&A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast 『甜蜜殺機』連奕琦(リエン・イーチー)監督インタビュー後編 in 台北 | トップページ | Podcast 東京国際映画祭 『総舗師 ― メインシェフへの道』Q&A »