« 三立電視『2013華劇大賞』炎亞綸(アーロン)三冠で大勝利! | トップページ | 台湾の大晦日カウントダウンライブ総まとめ »

2014/01/01

『KANO』主題歌『勇者的浪漫~風になって~』大晦日の年越しLiveで10万人に初披露! 中孝介、Rake、范逸臣(ファン・イーチェン)、Suming舒米恩(スミン)、羅美玲(ルオ・メイリン)のコラボレーション

0101kano1台湾で2014年2月27日に公開、3月7日には大阪アジアン映画祭のオープニング作としてインターナショナルプレミア上映されることになりました映画『KANO』の主題歌『勇者的浪漫~風になって~』を、12月31日に台南の年越しライブ会場にて初披露されました。

台湾各地では12月31日に年越しライブが行われるが、基隆市、台北市、桃園縣、新竹縣、新竹市、台中市、台中大甲、彰化縣、雲林劍湖山世界、嘉義市、嘉義縣阿里山、台南市、高雄市、高雄義大世界、屏東縣、台東縣、花蓮縣、宜蘭市以及金門、馬祖和澎湖等離島,全台湾21の地域で『KANO』の正式予告編を流すなどのPR活動を行いました。

野球好きの台北市長郝龍斌は『KANO』の全台湾活動を応援、悠遊卡(非接触型ICカード乗車券)の会社に協力を要請して、1万本の『KANO』のフラッグを用意し、台湾の人々が幸せな年を迎えられるよう大晦日の午後5時から市政府広場で配布しました。

0101kano2台南会場のカウントダウンイベントでは全11組のアーティストがパフォーマンスを行い、10万人の前で日本のRake、「海角七号〜君想う国境の南」の范逸臣(ファン・イーチェン)と中孝介、原住民シンガーソングライターとして活躍するSuming舒米恩(スミン)、「セデック・バレ」に出演した羅美玲(ルオ・メイリン)が主題歌『勇者的浪漫~風になって~』を披露。

映画「KANO」は、台湾における1931年の日本統治時代に日本人・原住民・台湾人の三民族で構成された野球チーム、嘉義農林学校野球部が夏の甲子園で準優勝を果たした史実をもとに描いた作品で、「海角七号 君想う国境の南」「セデック・バレ」で台湾映画史上記録的な興行収入を上げた監督・魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)とプロデューサー黄志明(ホアン・ジーミン)がタッグを組みプロデュース、「セデック・バレ」にも出演した馬志翔(マー・ジーシャン)が初監督を務めた作品。

0101kano3主題歌となった『勇者的浪漫~風になって~』は、同映画のプロデューサーを務める魏徳聖監督の「嘉義農林学校野球部のように日本と台湾の混成チームでやりたい」との想いから始まり、2011年に日本で大ヒットした『100万回の「I love you」』を聴いた同監督がRakeに楽曲制作を依頼、そして「海角七号〜君想う国境の南」に出演した中孝介をはじめ予てからの仲間である范逸臣(ファン・イーチェン)、原住民シンガーソングライターとして活躍するSuming舒米恩(スミン)、「セデック・バレ」に出演した羅美玲(ルオ・メイリン)ら台湾で活躍中のアーティストにも参加依頼をし、海を越えた日本と台湾のスペシャル・コラボが実現した楽曲となりました。

0101kano4レコーディングは日本と台湾で行われ、楽曲の中には魏徳聖監督の提案で中国語パートや原住民のコーラスが盛り込まれたり、映画制作スタッフとともに監督自らコーラスの歌入れに参加するなど想いが込められた作品に仕上がっています。

初めて台湾を訪れたRakeは、「僕は日本の仙台市に住んでいます。2011年3月11日に起きた東日本大震災で大変な被害を受けた時に、真っ先に沢山の援助をしてくれたのは台湾でした。ありがとう!」と話し、ワールドプレミアとして初披露された『勇者的浪漫~風になって~』はこのイベントの一番最後の大トリでパフォーマンスされ、集まった10万人の大観衆はこの日一番の熱狂的な盛り上がりをみせ、会場は興奮の渦に包まれ幕を閉じました。

<プロフィール>

Rake
2010年1月デビュー。宮城県仙台市出身で、今も仙台に住みながら活動を続けているアーティスト。2011年3月9日発売となった3rdシングル『100万回の「I love you」』は自身も被災した東日本大震災を乗り越え、配信で150万ダウンロードを突破する大ヒットを記録。震災後に書いた『素晴らしき世界』もアニメテーマ曲としてロングヒットするなど、CMソングやドラマ主題歌などヒットを続けている。
情熱的でリッチな作品、パフォーマンスを提供し続けるマルチアーティストがMUSIC MAN=Rakeである。

中 孝介(あたり・こうすけ)
鹿児島県奄美大島出身、在住のヴォーカリスト。その声は、「地上で、もっとも優しい歌声」と称される。
2006年3月1日シングル「それぞれに」でデビュー。
2007年4月11日、3rd single「花」をリリース。世代を超えたヒット曲となり、2007年を代表する1曲となる。
2008年に台湾で公開された映画『海角七号』に中孝介本人役として出演。この映画が歴代台湾映画の興行収入を塗り替える大ヒットとなる。
2011年10月19日、3rd Album「キセキノカケラ」をリリース、12月より全国コンサートツアー「キセキノカケラ」を全国11か所で開催した。
2012年12月25日、『もっと日本。』プロジェクトを発表。
2013年7月31日、4枚目となるアルバム『ベストカバーズ~もっと日本。~』をリリースする。
2013年8月30日より全国コンサートツアー2013『もっと日本。』を開催する。

范逸臣(ファン・イーチェン)

1978年11月3日生まれ。原住民、阿美(アミ)族の血をひく。02年、ファーストアルバム「范逸臣」をリリース、同作に収録された『猟奇的な彼女』の中国版主題歌「I Believe」とドラマ『PIANO』同名主題曲で一躍注目を浴びる。アルバム「信仰愛情」(03)、「愛情程式」(04) 発表、バラードの王子というイメージが定着していたが、一転、ドラマ『惡男宅急電(原題)』(05)ではロックな主題曲を発表。
2008年初の映画出演作『海角七号- 君想う、国境の南 -』で主演、ギターが得意な彼は、実力を余すことなく発揮、ロックテイストの才能を開花させている。本作挿入歌「国境之南」で第45回台湾金馬奨 最佳原創電影歌曲獎受賞。
同年ベストアルバム「無楽不作」発表。12月にはゲストに魏監督、本作の共演者らを迎え、夢だった台湾アリーナコンサートを実現。2009年、『混混天團(原題)』に主演、新しく組んだユニット酷愛樂團として音楽も担当。
2013年はドラマ『K歌•情人•夢』にアーチストの役で主演した。

Suming舒米恩(スミン)
台湾生まれ、原住民、アミ族。2002年に原住民のメンバーとともにバンド圖騰/Totemを結成。 Sumingはメインシンガーとして、アコースティックギターとボーカルをつとめ、作詞、作曲を手がけるなどバンドを牽引してきた。
2008年、短編映画 『跳格子』に主演して金馬奨の新人賞を受賞。2009年に日本の写真家若木信吾が監督したドキュメンタリー映画「トーテム Song for home」が日本で公開された。
2010年ソロデビュー、2011年に金曲奨の原住民ベストアルバム賞を受賞。これまでに何度も来日公演を行い、2013年には初のジャパンツアーを成功させた。

羅美玲(ルオ・メイリン)
台湾生まれ、原住民、タイヤル族。2001年にアルバムデビュー、原住民歌手として活躍し、ミュージカルやドラマにも出演。
2010年、映画『セデック・バレ』に出演、花岡一郎の妻川野花子を演じ、サントラにも参加した。

0101kano5「KANO」

【ストーリー】
1929年に誕生した日本人、台湾人、原住民による嘉義農林野球部が新任監督の近藤兵太郎を迎え、スパルタ式訓練で「甲子園進出」を目指すことになった。のんびりしたチームだった嘉農野球部は、近藤の鬼のような特訓を1年間受けると、連敗続きの野球部員も勝利への強い意志が沸き、甲子園出場の夢を抱く。
そしてついに1931年、台湾予選大会で連勝を続け、日本人のみの常勝チームであった台北商業を打ち負かして、濁水渓から南部の学校で初めて台湾代表大会での優勝。嘉農野球部は台湾の代表チームとして、日本への遠征へと赴く。
夏の甲子園で戦った嘉義農林チームの、1球たりとも諦めない感動的なプレイが5万5千人の大観衆の心を掴む。嘉義農林は台湾野球の歴史に大きな功績を残した。球児たちの恐れを知らず勇敢に自分に挑戦する姿は、ある意味真の勝利なのかもしれない。決勝戦で敗れた嘉義農林チームに、観客席から熱い声援「戦場の英雄…天下の嘉農…」が送られる。

0101kano7【スタッフ】

☆プロデューサー・脚本
魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)
1968年8月16日生まれ。台湾の巨匠、故・エドワード・ヤン監督の『カップルズ』(96)の助監督を務める。短編『七月天(原題)』(99)では台湾映画界に衝撃を与え、エドワード・ヤン監督の後継と称される。02年、陳國富(チェン・グォフー)監督作『ダブル・ビジョン』の企画を担当。
2008年に監督デビューした『海角七号〜君想う国境の南』は台湾映画史上記録的な興行収入を上げ、社会現象も巻き起こし、国産映画隆盛の火付け役となる。「第45回台湾金馬奨」で最優秀助演男優、最優秀音樂、最優秀主題歌、年度台灣傑出映画、年度台灣傑出映画人、観客賞の6部門を獲得。
2011年に霧社事件を題材とする『賽鄹克・巴莢(セデック・バレ)』を制作、第四十八回金馬獎で作品賞に輝き、観客賞、徐詣帆(Bokeh Kosang)の最優秀助演男優賞、最優秀音響効果賞、最優秀オリジナル音楽賞の最多受賞。2013年春に日本公開となる。

☆プロデューサー
黃志明(ジミー・ホアン)
1962年生まれ。数々の台湾を代表する監督と話題作を作ってきた敏腕プロデューサー。蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督『河』(98)、陳国富(チェン・クォフー)監督『ダブル・ビジョン』、蘇照彬(スー・チャオピン)監督『シルク詭絲』(06)周杰倫(ジェイ・チョウ)監督『言えない秘密』(07)『天台』(13)、魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督「海角七号〜君想う国境の南」(08)『賽鄹克・巴莢(セデック・バレ)』(11)、鈕承澤(ニウ・チェンザー)監督『愛LOVE』(12)

☆監督

馬志翔(マー・ジーシャン)
1978年生まれ。2000年にテレビドラマで俳優デビュー、2001年『鹹豆漿』でスクリーンデビュー、『20 30 40』(04)『ORZboyz』(08)『賽鄹克・巴莢(セデック・バレ)』(11)『甜‧秘密』(12)などに出演。
2007年からテレビドラマ6作の監督・脚本を手掛け、2007年『十歲笛娜的願望』2008年『生命關懷系列-說好不准哭』で立て続けに電視金鐘獎の脚本賞を受賞。『KANO』は劇場用映画の初監督作品。

0101kano6【キャスト】

永瀬正敏:近藤兵太郎 役
     嘉義農林高校野球部監督、弱小チームをスパルタ特訓して悲願の甲子園出場を果たし、準優勝へ導く。

大沢たかお:八田與一 役
      巨大ダム(烏山頭ダム)の建設を進め台湾一の穀倉地帯に変え、農業水利事業に大きな貢献を果たした。

坂井真紀:近藤兵太郎の妻 役

伊川東吾:佐藤監督
     近藤兵太郎の恩師

***********************************

2012年11月7日クランクイン、台中、嘉義、台南、高雄で撮影。
2013年3月末にクランクアップ。
2014年2月27日台湾公開。
2014年3月7日大阪アジアン映画祭でオープニング作としてインターナショナルプレミア上映。

制作:果子電影(台湾)
(C)果子電影
『KANO』公式Facebook日本版
https://www.facebook.com/Kano.japan
『KANO』予告編
http://www.youtube.com/watch?v=pmG6LuRxilw

※『KANO』に関するこれまでの記事

『KANO』大晦日に主題歌発表!Rake、中孝介、范逸臣(ファン・イーチェン)、Suming舒米恩(スミン)、羅美玲(ルオ・メイリン)が歌います
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/12/kanorakesuming-.html

『KANO』が、第9回大阪アジアン映画祭オープニング作品に決定!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/12/kano-4062.html

「KANO」2014年2月27日に台湾で公開決定!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/09/kano2014227-1c1.html

「KANO」クランクイン・ムービー/日本語字幕版公開!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/06/kano-2fa9.html

『KANO』クランクアップ記者会見
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/04/kano-eac7.html

「KANO」永瀬正敏インタビューとロケレポート、A-Bloom vol.18(FLIX5月号増刊)に掲載!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/04/kanoa-bloomvol1.html

台湾映画「KANO」撮影風景を初めてメディアに公開!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/01/kano-39f3.html

台湾映画『KANO』に永瀬正敏、大沢たかお二大スターが出演!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/01/kano-19a8.html

魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)プロデュース映画「KANO」クランクイン!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/11/kano-80fd.html

|

« 三立電視『2013華劇大賞』炎亞綸(アーロン)三冠で大勝利! | トップページ | 台湾の大晦日カウントダウンライブ総まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三立電視『2013華劇大賞』炎亞綸(アーロン)三冠で大勝利! | トップページ | 台湾の大晦日カウントダウンライブ総まとめ »