« 『KANO』台湾嘉義プレミアで感動の拍手鳴り止まず! | トップページ | 『KANO』台北の記者会見に永瀬正敏、坂井真紀が出席! »

2014/02/25

第 9 回大阪アジアン映画祭コンペティション部門国際審査委員決定

第9回大阪アジアン映画祭のコンペティション部門国際審査委員が決定しました。
昨年の東京国際映画祭で最優秀女優賞を受賞、フィリピンを代表する女優のユージン・ドミンゴさん(特別招待部門作品『インスタント・マミー』主演)、『九月に降る風』『星空』のトム・リン監督、ドキュメンタリー『老人』が山形国際ドキュメンタリー映画祭で優秀賞を受賞するなど、国際的に評価されているヤン・リーナー監督(特別招待作品部門『春夢』監督)です。

ユージン・ドミンゴ( フィリピン/女優
フィリピンの映画・舞台女優、コメディエンヌ、司会者。1990 年代からキャリアを重ね、これまで 60 本以上の作品に出演してきた。『浄化槽の貴婦人』(11 年、 OAFF2012)で数々の女優賞を獲得。『アイ・ドゥ・ビドゥビドゥ』(12 年)も OAFF2013 のコンペティション部門で上映。『ある理髪師の物語』(13 年)で第 26 回東京国際映画祭・最優秀女優賞を受賞。『インスタント・マミー』(13 年)は本映画祭の特別招待作品部門で今回上映。現在、フィリピン映画界で最も活躍している女優の一人である。

トム・リン(TomShu-yuLIN/林書宇) 台湾/映画監督
1976 年、台湾生まれ。アメリカと台湾の両国で育ち、カリフォルニア芸術大学で 美術の修士号を取得。ツァイ・ミンリャン監督の『西瓜』(05 年)やゼロ・チョウ監督の『TATTOOー刺青ー』(07 年)などに助監督として参加。05 年に『海岸巡視 兵』(第2回アジア海洋映画祭 in 幕張)を脚本・監督。監督 2 作目の『九月に降る風』(08 年)は日本でも劇場公開され、人気作となる。『星空』(11 年)が OAFF2012 の特別招待作品部門で上映され、好評を博した。

ヤン・リーナー(YANGLina/楊荔鈉) 中国/映画監督
1972 年、中国に生まれる。95 年に中国人民解放軍芸術学院を卒業。バレエなどに出演し踊る傍ら、演劇や映画にも俳優として参加。ジャ・ジャンクー監督作品『プラットホーム』(00 年)などに出演している。97 年から、インディペンデント・ドキュメンタリー作家として活動し始め、近所に住む孤独な老人の日常を追ったドキ ュメンタリー『老人』(99 年) を初監督、山形国際ドキュメンタリー映画祭で優秀賞 を受賞するなど、国際的に評価されている。本映画祭で今回上映する『春夢』(12 年)は長編フィクション初監督作品となる。

以上、大阪アジアン映画祭のリリースより。

|

« 『KANO』台湾嘉義プレミアで感動の拍手鳴り止まず! | トップページ | 『KANO』台北の記者会見に永瀬正敏、坂井真紀が出席! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『KANO』台湾嘉義プレミアで感動の拍手鳴り止まず! | トップページ | 『KANO』台北の記者会見に永瀬正敏、坂井真紀が出席! »