« 『KANO』三億台湾ドル突破!映画館がない島「蘭嶼」でも上映 | トップページ | 任賢齊(リッチー・レン)初監督映画『媽祖迺台灣』台湾プレミア »

2014/04/15

呉尊(ウーズン)今年もファンミ開催!ファン150人とのミステリーツアーも

0415wuzun1昨年末公開の映画「楊家将~烈士七兄弟の伝説~」やお正月に放映された「金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件」でのりりしい姿が記憶に新しい呉尊(ウーズン)が、今年もファンミーティングの為に来日しました。
品川ステラボールで開催されたファンミーティング「CHUN ZONE FANMEETING 2014」には1500人のファンが集まり、ウーズンとの楽しい時間を過ごしました。

前日にはファン150人とのミステリーツアーも行われ、宝探しイベントや一緒にBBQという趣向だったそうです。会場となったよみうりランドは、ウーズンが撮影でスタジオに通っている時にいつもそばを通っており、一度行ってみたいと思っていた所だそうです。

0415wuzun2ファンミーティング「CHUN ZONE FANMEETING 2014」は例年通り昼夜二公演あり、メディアの取材は昼の部。司会と通訳はお馴染みのYumiさんと周さんです。ご挨拶の後、まずは昨年末に公開された映画「楊家将~烈士七兄弟の伝説~」の映像を見てそのエピソードなどを語ってくれました。
ウーズンは六男で活躍シーンも沢山ありますが、それだけに苦労も多かったそうです。「着ていた鎧は25キロもあり、その上父親を背負って馬で走るのだから」と言うと、司会のYumiさん「馬が可愛そう」。これには場内大爆笑でした。
この乗馬も1か月前から練習したそうです。

続いてウーズンの写真を見ながらのクイズ。幼稚園の卒園式の写真やコンタクトに替えた15歳の時の写真、プールでのお母さんに抱かれた生後数ヶ月の写真などがクイズになって正解した方には直筆サイン入lポスターがプレゼントされました。けっこう難しくて、なかなか正解までたどり着けなかった問題もありました。

そして鞄チェック。「これはイベント用に用意したものではなく、本当にいつも自分が持っている鞄だよ」と念押ししていたウーズン。最初に司会者がとりだしたのはお財布。かなり使い込んでいるようで、中には日本円とブルネイのお金、先ほどスタイリストさんが返してくれたという台湾元も入っていました。
ブルネイのお札をYUMIさんと周さんに一枚ずつプレゼントして、「これが今日のギャラ」と笑わせていました。その他の中身はデジカメ、スケジュール帳、仕事の資料、ノートPCと、ビジネスマンそのもの。

0415wuzun3ファンの皆さんがステージに上がってのプログラムは、万歩計をつけてその場で足踏みしたりジャンプしたりという動きで30秒間の歩数を競うもの。スポーツマンのウーズンはスタートのかけ声と同時にステージから客席に降りて一周、戻ると腕組みしながらタイムアップを待つという余裕でした。しかし結果は最下位、勝った5人のファンの方の賞品はツーショットポラ写真です。

最後はハイタッチ会でしたが、タッチした手をギュッと握るというサービスぶり。そしてご挨拶の時に、「日本の皆さんにまだ直接報告していなかったけれど、僕には娘と息子がいます。とても幸せです」と言い、会場から暖かい拍手をもらっていました。更に5月に日本とブルネイの直行便も就航するとかで、これもうれしいニュースとして伝えられました。
「今年は桜に間に合ったけど、一週間前ならもっときれいだったのに、と言われました。来年は満開の時に来たいと思います」と締めて幕となりました。

◆ウーズン公式ファンクラブ
http://www.asiastarclub.jp/chunzone/

◆「楊家将~烈士七兄弟の伝説~」DVD 5月21日発売

|

« 『KANO』三億台湾ドル突破!映画館がない島「蘭嶼」でも上映 | トップページ | 任賢齊(リッチー・レン)初監督映画『媽祖迺台灣』台湾プレミア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『KANO』三億台湾ドル突破!映画館がない島「蘭嶼」でも上映 | トップページ | 任賢齊(リッチー・レン)初監督映画『媽祖迺台灣』台湾プレミア »