« 五月天(Mayday)北京の音楽アワードでミニライブ | トップページ | 台北電影節「國際青年導演競賽(国際若手監督コンペティション)」ノミネート発表 »

2014/05/01

日台合作映画「南風」7月12日から公開

0501nanpu日本と台湾のサイクリングロードを舞台に、自転車旅行を通じて育まれる恋や友情、そして青春をコメディタッチで描く日台合作のロードムービー『南風』が、7月12日からシネマート新宿ほか全国順次ロードショーになります。
ヒロインを 演じるのは黒川芽以、台湾から『九月に降る風』『台北に舞う雪』などの紀培慧(テレサ・チー)、『危險心靈』『原來你還在」の黄河(ホアン・ハー)がメインキャストをつとめます。

この作品は、映画+マンガの日台同時連動企画で、マンガ版の作者である森永あい(「山田太郎ものがたり」「キララの星」)は取材のために何度も台湾へ足を運びプロットを製作しました。
そして映画版のメガホンを執ったのは、繊細な人物描写で定評のある『帰郷』『神童』『コドモのコドモ』の萩生田宏治監督。実に6年ぶりの新作となります。

取材で台湾を訪れたファッション誌の編集者が16歳の少女と出会い、旅の途中で、台湾人と日本人サイクリストと出会い、最終目的地の日月譚(リーユエタン)に向かうまでの物語。映画版の脚本を練る中で、森永さんと萩生田監督で意見交換をしながら、主人公・藍子のキャラクターや撮影地などを詰めていき、マンガの作画の際には映画のスチルを実際に使用するなど、まさに『南風』映画版とマンガ版は同時進行で完成に至りました。

映画の中には九份、淡水、日月譚、冨貴灯台、竜騰断橋跡、鹿港の九曲港ほか数々の台湾の風光明媚なスポットが、また日本で初めて海峡を横断する「サイクリングの聖地」として有名な愛媛県の「しまなみ海道」が登場します。

【STORY】
東京の出版社で働く26歳の風間藍子(黒川芽以)は、最近彼氏を年下の女に奪われ、さらに大好きだったファッション誌の編集部から地味な単発の企画担当へ飛ばされるというまさに仕事も恋愛も崖っぷち状態。
4日後に日月譚で開催されるサイクリングイベントの取材を任されて台湾に来たが、頼れる先輩はまさかの妊娠中。 中国語も話せず困惑している時に、レンタサイクルをしようと寄った自転車屋でファッションモデルを夢見る高校生の少女・トントン(テレサ・チー)に出会う。その子の顔を見てびっくり!なんと元彼を奪った女の顔に瓜二つだった。21歳だというこの少女は藍子のガイドをしたいと言い出し、ほかにあてもない藍子はやむなく彼女を雇い、出発した。

この映画は、7月12日からシネマート新宿ほか全国順次ロードショー、漫画版は5月9日よりLaLaメロディonlineにて無料配信される。マンガ版と映画版では、主人公たちが回る観光地や視点を少しずつ変えて展開、併せて観る&読むことで楽しさが増すという新たな試みです。

『南風』
7月12日からシネマート新宿ほか全国順次ロードショー
監督:萩生田宏治
出演:黒川芽以、紀培慧(テレサ・チー)、黄河(ホアン・ハー)、郭智博
宣伝 配給:ビターズ・エンド
(C)2014Dreamkid/好好看國際影藝

|

« 五月天(Mayday)北京の音楽アワードでミニライブ | トップページ | 台北電影節「國際青年導演競賽(国際若手監督コンペティション)」ノミネート発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 五月天(Mayday)北京の音楽アワードでミニライブ | トップページ | 台北電影節「國際青年導演競賽(国際若手監督コンペティション)」ノミネート発表 »