« Podcast 黄河(ホアン・ハー)インタビュー in 台北 | トップページ | 台北電影節クロージング作品『那夜凌晨,我坐上了旺角開往大埔的紅VAN』で陳果(フルーツ・チェン)監督と任達華(サイモン・ヤム)登壇! »

2014/07/13

台湾のバンド宇宙人(Cosmos People)が日本デビュー!サマーソニックにも出演

0712cosmo1ファンク、ディスコ、ソウルなどブラック・ミュージックからの影響を、抜群のセン スと演奏力を武器に、ダンサブルでキャッチーなポップスに仕上げたサウンドの台湾のバンド宇宙人(Cosmos People)が日本デビュー。
日本デビュー盤『Cosmology』は彼らがこれまでにリリースした 2 枚のアルバムと 1 枚の DVD 付 EP からベス ト・トラックばかりを厳選収録した独自企画となります。
さらにこの盤だけのボーナス・トラックとして、大滝詠一「幸せな結末」の中国語カヴァーも収 録!彼らが日本のファンのためだけに新たにレコーディングしてくれたスペシャルな音源です!

0712cosmo2このバンドは2009 年にデビューし、幾度かのメンバー・チェンジを経て、現在は 20 代後半の3人組です。台湾ではCM/広告にも多く起用され、昨年は US の世界的音楽フェス"SXSW"にも出演するなど、その実力、 注目度は台湾を飛び越えて急上昇中。
今年の夏はサマーソニックにも参加が決定、8/17(日) 東京会場のISLAND STAGEです。

宇宙人(Cosmos People)/コスモロジー
Release: 2014/8/6 定価:¥2,400+税 PCD-24359 【日本独自企画盤】 ★日本盤ボーナス・トラック収録 ★メンバー自身による全曲解説付き

※後日、各曲に邦題が付きます。
1. 一起去跑歩 ♠
2. 摔角選手 ♥
3. 你來 ♥
4. 如果不是你 ♠
5. 夜來夜香 ♥
6. 神秘河流 ♠
7. 花花 ♥
8. 核爾蒙爆炸 ♥
9. 踢踢他 ♠
10. 要去高雄 ♥
11. 想把你拍成一部電影 ♠ 12. 心上人 ♦
13. 浪費一整天 ♠ Bonus Track
14. 蘋果的魔法(大滝詠一「幸せな結末」カヴァー)

♥=1st アルバム『宇宙人(Cosmos People)』(2009)より ♦=EP『名偵探敗給心上人』(2010)より
♠=2nd アルバム『地球漫歩 (Earthwalk)』(2012)より

<プロフィール>
宇宙人(Cosmos People)は、小玉(作詞作曲、Vocal & Keyboard)と阿奎(Guitar)によって 2004 年に結 成された。二人は高校の同級生で、お互いにダンスとダンス・ミュージックが好きだったことから意気投合、そ の後ファンクにものめり込んだ結果、卒業後にバンドを結成するに至った。以来 10 年近くに渡って、作曲/レ コーディング活動とライヴ活動を繰り返してきた彼ら。幾度かのメンバー・チェンジを経た後、現在は方 Q(Bass) を加えた 3 人組となっている。これまでに『宇宙人 (Cosmos People)』(2009)、『名偵探敗給心上人(DVD 付き EP)』(2010)、『地球漫歩 (Earthwalk)』(2012)の 3 作品をリリース。台湾では Mayday(五月天)と同じ有名レー ベル“相信音楽”に所属している。

2010 年、小玉と阿奎は兵役のため入隊。その結果、バンドは 1 年半に及び活動休止を余儀なくされた。そし て除隊後の 2011 年、宇宙人(Cosmos People)は兵役時の体験を歌にしたシングル「軍歌」を発表。同曲の MV は、YouTube で現在までに 60 万再生以上を記録している。
宇宙人(Cosmos People)の音楽は人生のリズムを歌っている。「みんなと同じように、僕らもこの地球上を ゆっくりと歩きながら、人生の一瞬一瞬を感じ、体験しているんだ。僕らにとって音楽は、今の若き日々を記録 するための手段なのさ。1st アルバムの『宇宙人(Cosmos People)』には若者の喜びや自由が詰まってる。EP の『名偵探敗給心上人』では僕らの創造性を完璧に提示することができた。そして、2nd アルバムの『地球漫歩 (Earthwalk)』では、ソングライターとしてもプレイヤーとしても僕らの技量を最高の形で表現できて、音楽業界 各所からの賞賛とサポートを受けることができたよ。」

宇宙人(Cosmos People)の音楽でユニークなのは、そのリズムの強さだ。彼らの音楽にはファンク、ディス コ、ジャズなど様々な音楽が融合されている。彼らはダンスを愛しており、バンドとしてもリスナーを躍らせる ような曲を作ることに喜びを感じているのだ。こういった要素を持つバンドは台湾の中でも珍しい。彼らの音楽 には、どの曲にもリズムの波が感じられて、リスナーはそのグルーヴに体を揺らさずにはいられないだろう。参 考までに、小玉のフェイバリット・ミュージシャンは、ファレル・ウィリアムス、蔡健雅(Tanya Chua)、アース・ ウィンド&ファイアー。阿奎は、ジミ・ヘンドリックス、マイケル・ジャクソン、プリンス。方 Q はジャズやフ ァンク全般が好きとのこと。宇宙人(Cosmos People)のキャッチーでダンサブルなサウンドからも、これらの アーティストからの影響が伝わってくる。

以上、P-VINE RECORDSのリリースより。

|

« Podcast 黄河(ホアン・ハー)インタビュー in 台北 | トップページ | 台北電影節クロージング作品『那夜凌晨,我坐上了旺角開往大埔的紅VAN』で陳果(フルーツ・チェン)監督と任達華(サイモン・ヤム)登壇! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast 黄河(ホアン・ハー)インタビュー in 台北 | トップページ | 台北電影節クロージング作品『那夜凌晨,我坐上了旺角開往大埔的紅VAN』で陳果(フルーツ・チェン)監督と任達華(サイモン・ヤム)登壇! »