« 徐譽庭(シュー・ユーティン)藍正龍(ラン・ジェンロン)来日記者会見! | トップページ | 東京国際映画祭『共犯』張榮吉(チャン・ロンジー)監督インタビューと上映後のQ&A »

2014/10/23

『KANO〜1931海の向こうの甲子園〜』10月25日(土)より前売り券発売!

1022wristband2015年1月24日より公開になる『KANO〜1931海の向こうの甲子園〜』の前売り券が、10月25日(土)に発売になります。
劇場で前売り券を購入すると、台湾公開時に制作されたオリジナルリストバンド(白)が特典。
(※一部劇場を除く。)
特典は限定数に達し次第終了ということですので、お早めにお近くの劇場へ!
前売り券を発売しているところは、日本公式サイトの劇場情報ページをご覧下さい。

http://kano1931.com

ちなみに、このリストバンドは主役近藤兵太郎監督を演じた永瀬正敏さんも『KANO』の活動時にはいつも付けていらっしゃいます。

『KANO〜1931海の向こうの甲子園〜』

◆ストーリー
1929年に誕生した日本人、台湾人(漢人)※注1、台湾原住民※注2による嘉義農林野球部が新任監督の近藤兵太郎を迎え、スパルタ式訓練で「甲子園進出」を目指すことになった。近藤の鬼のような特訓を受け、連敗続きだった野球部員は、次第に勝利への強い想いが沸き上がり、甲子園出場の夢を抱くようになっていく。そしてついに1931年、台湾予選大会で連勝を続け、常勝チームだった台北商業を打ち負かして、南部の学校で初めて台湾代表大会での優勝。台湾代表チームとして、日本への遠征へと赴く。夏の甲子園で戦った嘉義農林チームの、一球たりとも諦めないプレイは、5万5千人の大観衆の胸を掴み、嘉農の躍進の話題は次第に日本中に広まっていった。
 注1)中国大陸から移住した漢民族の子孫  
 注2)台湾の先住民族の正式な呼称

■出演:永瀬正敏 坂井真紀 ツァオ・ヨウニン / 大沢たかお
■主題歌:「風になって~勇者的浪漫~」Rake 中孝介 范逸臣(ファン・イーチェン)、羅美玲(ルオ・メイリン)、Suming舒米恩(スミン)(EPICレコードジャパン)
■製作総指揮:魏徳聖(ウェイ・ダーシェン) 
■監督:馬志翔(マー・ジーシアン)  
■脚本:魏徳聖(ウェイ・ダーシェン) 陳嘉蔚(チャン・チャウェイ)
■プロデューサー:魏徳聖(ウェイ・ダーシェン) 黃志明(ホアン・ジーミン)
■音楽:佐藤直紀 ■制作会社:果子電影有限公司(ARS Film Production)
■提供:ソニー・ミュージックレーベルズ ショウゲート tvK 朝日新聞社 ミリカ・ミュージック
■配給:ショウゲート
■宣伝:ヨアケ
(C)果子電影

|

« 徐譽庭(シュー・ユーティン)藍正龍(ラン・ジェンロン)来日記者会見! | トップページ | 東京国際映画祭『共犯』張榮吉(チャン・ロンジー)監督インタビューと上映後のQ&A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 徐譽庭(シュー・ユーティン)藍正龍(ラン・ジェンロン)来日記者会見! | トップページ | 東京国際映画祭『共犯』張榮吉(チャン・ロンジー)監督インタビューと上映後のQ&A »