« 『セデック・バレの真実』(原題:餘生-賽德克.巴萊)湯湘竹(タン・シアンジュー)監督インタビュー in 台北2014 パート4 | トップページ | 『KANO〜1931海の向こうの甲子園〜』10月25日(土)より前売り券発売! »

2014/10/21

徐譽庭(シュー・ユーティン)藍正龍(ラン・ジェンロン)来日記者会見!

1021meimei1現在台湾で放送中のドラマ『僕らのメヌエット(原題:妹妹)』の脚本家である徐譽庭(シュー・ユーティン)と、主演の藍正龍(ラン・ジェンロン)が来日し、開催中のTIFFCOM(東京国際映画祭に併設の映像マーケット)会場で記者会見が行われました。
今回は、2015年1月16日の『僕らのメヌエット(原題:妹妹)』DVD発売記念ということで、会見にはマスコミのほかにファンの皆さんも参加しました。

1021meimei2会見は、『僕らのメヌエット(原題:妹妹)』の配給会社SPOの香月社長の挨拶、徐譽庭(シュー・ユーティン)自らが制作した13分のダイジェスト映像に続き、徐譽庭(シュー・ユーティン)と藍正龍(ラン・ジェンロン)が登壇。
「こんにちわ、ラン・ジェンロンです」と日本語で挨拶した藍正龍(ラン・ジェンロン)は、華流ドラマスタート時から『流星花園から花より男子』『アウトサイダー』『求婚事務所』『P.S.男』『マジで君に恋してる~粉愛粉愛你』『ショコラ』など数々のドラマで活躍する一方、映画でも『雞排英雄』『阿嬤的夢中情人』ほか沢山の主演作があり、プロデューサーもつとめるなど台湾の中堅俳優を代表する一人です。

1021meimei3徐譽庭(シュー・ユーティン)は、『イタズラな恋愛白書~In Time With You~(原題:我可能不會愛你)』『台北ラブストーリー~美しき過ち(原題:罪美麗)』ほかでいま台湾で最も人気のある脚本家ですが、「私は厳しくこだわりの多い脚本家だと思われていて、私と関わるプロデューサーは苦労の連続。それでテレビ局の上層部から『ならばあなたが制作会社を作ればいい』と言われて、プロデュースしたドラマなんです」と、本作制作のきっかけを披露しました。

1021meimei4海外で勉強をしていた時にこのドラマの脚本を読んだという藍正龍(ラン・ジェンロン)は「当時の自分はあまり勉強が楽しくなくて、現実逃避をしようとしていました。そんな心境だったので、役柄に情が移り、ヤオチーはまさに自分だと感じたんです」と運命的な出会いを振り返りながら「脚本を読み進めていくうちに、色々な困難を乗り越えてこそ、今以上の自分を探し出せるのではないかと思った。そこから台湾に戻り演技の素晴らしさを再確認することが出来たんです」と本作への熱い思い入れを明かしました。

1021meimei5脚本を執筆した徐譽庭(シュー・ユーティン)は「主演を演じるのは、藍正龍しかいないと私の中で決まっていましたし、完成したドラマを見て、自分の目に狂いはなかったと確信しました。ドラマを観て、改めて惚れてしまいましたから」と太鼓判を押すも「でも残念ながらジェンロンさんは今年の5月に結婚されて……残念ですねぇ」と。「……すいません」と日本語で謝り「10年後はわかりませんから」と言う藍正龍(ラン・ジェンロン)に会場も爆笑。
ちなみに、彼の奥様となったのは、同じ事務所の女優周幼婷(チョウ・ヨウティン)です。

最後に徐譽庭(シュー・ユーティン)は「台湾では視聴者からの反響も多く『台湾版エミー賞にノミネートされればいい』と言われます。日本の皆さんもそういったような意気込みで『僕らのメヌエット』を応援していただければ」とアピール。藍正龍(ラン・ジェンロン)も「今回のドラマのチームは私を温かく見守ってくださって、本当に楽しい撮影現場でした。日本の皆さんにはドラマを通して、喜びや悲しみなど様々な感情を受け取って欲しいです」と呼びかけました。

なお、「台湾エンタメパラダイス6」(キネマ旬報社刊)には、昨年秋に台北で行った『僕らのメヌエット(原題:妹妹)』撮影中のインタビュー記事が掲載されています。
こちらもぜひご覧下さい。

「僕らのメヌエット<台湾オリジナル放送版>」DVD
セル:2015年1月16日(金)発売
レンタル:2015年1月6日(火)リリース
価格:各¥12,000 (税抜)
発売・販売元:エスピーオー

ドラマ「僕らのメヌエット」

STAFF
脚本:徐譽庭(シュー・ユーティン)
監督:陳戎暉(チェン・ロンフイ)

CAST
藍正龍(ラン・ジェンロン)安心亜(アンバー・アン)莫允雯(クリスティーナ・モク)張庭瑚(チャン・ティンフ)林美秀(リン・メイショウ)

【ストーリー】
田舎町で生まれたダイ・ヤオチーとヂョウ・ジーウェイは生まれたときから隣に住む幼なじみ。ジーウェイは、小さい頃からずっとヤオチーのことが好きだったが、ヤオチーにとってジーウェイはあくまで妹で、気になっているのは別の女の子だった。両親の離婚によってヤオチーが台北に引っ越してから、ジーウェイは彼が好きだった女の子になりすまし、彼と文通をすることに。ところが一年後、ヤオチーからの手紙が突然途切れてしまう。ジーウェイはお金を貯め台北のヤオチーの家に行くが、ずっと前に引っ越していたことが分かりショックを受ける。それから10年…ヤオチーはジーウェイを見つけるために台北で一人暮らしをしている。そしてある日、勤め先の主催するパーティーで偶然ヤオチーと再会するのだった…。

※2015年3月、アジアドラマチックTVで放送予定。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

藍正龍(ラン・ジェンロン)と徐譽庭(シュー・ユーティン)に関するこれまでの記事

台湾ドラマ「台北ラブストーリー〜美しき過ち(罪美麗)」が8月から日本で放送決定!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/06/8-8960.html

「沖縄国際映画祭」に藍正龍(ラン・ジェンロン)柯佳嬿(アリス・クー)登場!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2011/03/post-b1d0.html

台湾の正月映画「雞排英雄」1億突破!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2011/02/post-e31d.html

台湾映画「酷馬」24時間マラソンプレミア、クロージングレポ
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2010/09/24-48cb.html

台湾ドラマ「P.S.男」ロケ取材レポート
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2010/08/ps-452f.html

Podcast 藍正龍(ラン・ジェンロン)の合同インタビュー(音声)
http://asianparadise.sblo.jp/article/39935337.html

|

« 『セデック・バレの真実』(原題:餘生-賽德克.巴萊)湯湘竹(タン・シアンジュー)監督インタビュー in 台北2014 パート4 | トップページ | 『KANO〜1931海の向こうの甲子園〜』10月25日(土)より前売り券発売! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『セデック・バレの真実』(原題:餘生-賽德克.巴萊)湯湘竹(タン・シアンジュー)監督インタビュー in 台北2014 パート4 | トップページ | 『KANO〜1931海の向こうの甲子園〜』10月25日(土)より前売り券発売! »