« 『ヒーロー・ネバー・ダイ』12月6日より特別リバイバル公開! | トップページ | 第51屆金馬獎審査員記者会見 »

2014/11/10

『激戦 ハート・オブ・ファイト』2015年1月24日より公開決定!

1110fight昨年の東京国際映画祭で上映されるや、観客の誰もが魅了されて話題沸騰となり、日本公開が待ち焦がれていた林超賢(ダンテ・ラム)監督、張家輝(ニック・チョン)&彭于晏(エディ・ポン)主演『激戦Unbeatable』が、『激戦 ハート・オブ・ファイト』の邦題で、2015年1月24日(土)より新宿武蔵野館ほかにてお正月第二弾として公開が決まりました。

本作は“銃撃戦キング”の異名を持ち、ポスト杜琪峰(ジョニー・トー)との呼び声高き香港ノワールの新たな担い手である、『ブラッド・ウェポン』『密告・者』の林超賢(ダンテ・ラム)監督が、長年温めていた企画を映画化した作品で、人生のどん底を味わっている男女3人が、総合格闘技MMAによって未来の希望を取り戻していく、名作『ロッキー』を超えた“泣ける” 感動の格闘技アクション&ドラマとして描かれています。
 
主演には、いま香港映画界で最も人気が高くて実力を持つ『レクイエム 最後の銃弾』の張家輝(ニック・チョン)。1980年代に亜州影帝(アジア映画界の帝王)と呼ばれたチョウ・ユンファ以来、現在の亜州影帝と呼ばれるニック・チョンは、46歳という年齢ながら、本作品では9ヶ月にも及ぶ壮絶ななんと体脂肪率5%にまで落とした身体で撮影に挑み、究極の肉体美を魅せている。第33回香港電影金像奨では、主要部門を総なめにした『グランドマスター』に対して、唯一最優秀主演男優賞を受賞して一矢を報いたことでも大いに話題となりました。その壮絶な格闘シーンには本物のMMA選手も出演し、1日15時間に及ぶ撮影は白熱したものとなっており、男も泣けて女も興奮するほど、心も肉体も熱くなる仕上がりだ。今回解禁となった予告では、その熱き戦いの一部を見ることができます。

もう一人の主役彭于晏(エディ・ポン)は、2011年の「ジャンプ!アシン(翻滾吧!阿信)」では体操、「近在咫尺」(2010年、日本未公開)でボクシングと、鍛えた身体を駆使しての役が印象的でしたが、今回はさらにハードな綜合格闘技にトライ。クランクイン4ヶ月前からトレーニングを初め、試合のシーンは10日間にも及ぶ撮影だったそうです。
さらに、新作「黃飛鴻之英雄有夢」での黃飛鴻も楽しみです。

【ストーリー】
かつては香港のボクシング王者に2度輝いたファイ(ニック・チョン)は、八百長に手を出しておちぶれ、今では借金取りに追われてマカオの友人のジムで下働きをすることとなった。ファイはクワン(メイ・ティン)とシウタン(クリスタル・リー)親子の部屋を間借りして住むが、クンは夫の浮気がきっかけで息子を溺死させたという過去があり、離婚して心を壊した彼女をシウタンが助けていた。そんな親子に辟易するファイだったが、シウタンのけなげさに次第に親子と心を通わせるようになっていく。
一方、大富豪の息子のチー(エディ・ポン)は、父親の会社が倒産して一文無しになり、飲んだくれとなった父親を抱えながら日雇いの生活をしているが、苦しい日々を過ごしていた。そんな時、テレビで総合格闘技の大会告知を見たチーは、賞金を稼ぐためにジムに通うが、そこで雑用係をしているファイが元王者だと知り、指導を仰ぐ。やがてふたりはタッグを組み、賞金と自らの尊厳を賭けて過酷なバトルに挑んでいくのだが…

2015年1月24日(土)、新宿武蔵野館ほかにて新春第2弾ロードショー

監督:ダンテ・ラム『ブラッド・ウェポン』、『密告・者』
出演:張家輝(ニック・チョン)『レクイエム 最後の銃弾』
   彭于晏(エディ・ポン)『コールド・ウォー 香港警察 二つの正義』
香港=中国/カラー/シネスコ/116分/G指定
配給:カルチュア・パブリッシャーズ、ブロードメディア・スタジオ
公式サイト:gekisen-movie.jp

※これまでの林超賢(ダンテ・ラム)監督と『激戦』についての記事。

Podcast 東京国際映画祭 『激戦』林超賢(ダンテ・ラム)監督Q&A
http://asianparadise.sblo.jp/article/86945814.html

Podcast 東京国際映画祭 『激戦』林超賢(ダンテ・ラム)監督インタビュー
http://asianparadise.sblo.jp/article/81176702.html

東京国際映画祭『激戦』林超賢(ダンテ・ラム)監督インタビュー
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/11/post-3221.html

東京国際映画祭『激戦』林超賢(ダンテ・ラム)監督Q&A
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/10/qa-7bd8.html

台北電影節「激戰」プレミアに彭于晏(エディ・ポン)登場!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2013/07/post-06e2.html

間もなく公開!「ブラッド・ウェポン」林超賢(ダンテ・ラム)監督インタビュー
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/12/post-b0e5.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 『ヒーロー・ネバー・ダイ』12月6日より特別リバイバル公開! | トップページ | 第51屆金馬獎審査員記者会見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ヒーロー・ネバー・ダイ』12月6日より特別リバイバル公開! | トップページ | 第51屆金馬獎審査員記者会見 »