« 第五十一回金馬獎、陳建斌(チェン・ジェンビン)と陳湘琪(チェン・シアンチー)が主演男女優賞に! | トップページ | 第五十一回金馬獎レポート、受賞式&プレスセンター編 »

2014/11/24

第五十一回金馬獎レッドカーペットレポート

1124jinma1今年はレッドカーペットのウォーキングはテレビ中継用と沿道の観客だけが見ることができ、カメラマンや記者の取材エリアとはボードで仕切られるというスタイル。これはかなり疑問が大きく、おそらく来年に向けて改善要求が出のでは…と思われます。映画賞のレッドカーペットは作品のチームにとって晴れの舞台、監督やキャスト以外のスタッフも一緒に歩くことが多く、取材対象にならなくてもチームの雰囲気がわかります。
レッドカーペットの終点に設けられた取材エリアには監督やメインキャストだけが来るので、実際に誰が歩いたのかがわからず、テレビの再放送で確認してのレポートになることをご了承下さい。

1124jinma2ウォーキングのトップバッターは司会者コンピの黄子佼(ミッキー・ホアン)とElla、続いて
今年から金馬奨主席をつとめる張艾嘉(シルビア・チャン)、『冰毒』の趙德胤(チャオ・ダーイン)監督とキャストの吳可熙(ウー・カーシー)、王興洪(ワン・シンホン)、『闖入者』の王小帥(ワン・シャオシュアイ)監督、『行動代號:孫中山』の易智言(イー・ツーイエン)監督と主役コンビの魏漢鼎(ウェイ・ハンディン)と詹懷雲(ルー・ファイウン)、『甜蜜殺機』チームからは郎祖筠(ラン・ズーユン)と短編映画『四十三階』の監督としてもノミネートされている吳中天(マット・ウー)がプレスエリアに来ました。

1124jinma3終身成就獎の受賞が決まっている田豐(ティエン・フォン)、『相愛的七種設』の陳宏一(チェン・ホンイー)監督とメインキャストの莫子儀(モー・ズーイ)、許瑋甯(ステファニー・シュウ)、邱彥翔(チウ・ヤンシャン)、白梓軒(トム・プライス)、光沢のあるスーツの莫子儀が格好良いです。
『推拿』は、婁燁(ロウ・イエ)監督、張磊(チャン・レイ)、黃璐(ホアン・ルー)、婚約者の伊能靜を伴った秦昊(チン・ハオ)など今年一番大人数で参加。
昨年の新人賞と主演男優賞受賞者でプレゼンターをつとめる李康生(リー・カンションと)、郭書瑤(グォ・シューヤオ)と続きます。

1124jinma4そして、病気を克服して再起した吳孟達(ン・マンタ)の登場に沿道が沸き、それに応えてにこやかに手を振る『香港仔』チーム、オリジナル楽曲奨にノミネートされている歌手黃耀明(アンソニー・ウォン)らも一緒。二作品で各賞にノミネートされている陳建斌(チェン・ジェンビン)は、『一個勺子』で共演している夫人の蔣勤勤(ジャン・チンチン)とウォーキングし、引き続き鈕承澤(ニウ・ チェンザー)、阮經天(イーサン・ルアン)、萬茜(ワン・チエン)、陳意涵(チェン・イーハン)ら『軍中樂園』のチームに加わってフォトセッションとなりました。陳意涵は相変わらず可愛く、萬茜の笑顔がとても素敵でした。

1124jinma5オリジナル楽曲奨ノミネートの『後會無期』のシンガーソングライター朴樹(プー・シュー)、『歸來』の新人賞候補張慧雯(チャン・フイウェン)の後は、香港から『掃毒』の劉青雲(ラウ・チンワン)とオリジナル楽曲奨ノミネートのRubberBand。
そして張震(チャン・チェン)と金士傑(ジン・シージエ)がそれぞれ主演男優賞と助演男優賞にノミネートされている『綉春刀』、『少女哪吒』で新人監督賞候補になっている李霄峰(リー・シャオフォン)、プレゼンターの李心潔(リー・シンジエ)、湯唯(タン・ウェイ)、許鞍華(アン・ホイ)監督、『黃金時代』はそれぞれ主演女優賞と監督賞ノミニー。湯唯はすらりとした長身にブルーのドレスがとても似合っていました。ゲストの張榕容(チャン・ロンロン)、『暴瘋語』で助演女優奨候補の鮑起靜(パオ・ヘイチン)も元気な姿を見せてくれました。

1124jinma6いよいよ台湾で大人気の『KANO』チーム、日本人初の主演男優賞候補となった永瀬正敏と馬志翔(マー・ジーシアン)監督を先頭に、黃志明(ホアン・ジーミン)魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)両プロデューサー、選手役の曹佑寧(ツァオ・ヨウニン)、張弘邑(チャン・ホンイー)、鄭秉宏(チェン・ビンホン)、周俊豪(チョウ・ジュンハオ)、鐘硯誠(ジョン・ヤンチェン)、陳勁宏(チェン・ジンホン)、陳永欣(チェン・ヨンシン)、日本から主題歌を担当したLAKE、中孝介らが堂々のウォーキング。全員がフォトセッションエリアに来なかったのが、本当に残念でした。

1124jinma7そして金馬影展の開幕作品に主演したプレゼンターの楊丞琳(レイニー・ヤン)に続き『迴光奏鳴曲』の錢翔(チェン・シャン)監督と陳湘琪(チェン・シアンチー)、それぞれ新人監督賞、主演女優賞にノミネートされています。意外にも金馬奨には初参加という鞏俐(コン・リー)、『歸來』で主演女優賞にノミネートですが、その堂々ぶりはまさに中国のトップ女優です。
プレゼンターをつとめる楊祐寧(ヤン・ヨウニン)は陳妍希(ミシェル・チェン)と共に登場したのですが、頭ツルッツル!もしかして辮髪の映画の撮影中?

1124jinma8『寒蟬效應』では先日インタビューした王維明(ワン・ウェイミン)監督もウォーキングしたのですが、フォトセッションエリアに来たのは戴立忍(ダイ・リーレン)のみ。前日のウェルカムパーティでは超ラフなスタイルでしたが、やはり正装姿はかっこいいですね。
これに続いたのが『白日焰火』の刁亦男(ディアオ・イーナン)監督、主演コンビの廖凡(リャオ・ファン)と桂綸鎂(グイ・ルンメイ)。この後がプレゼンターの陳柏霖(チェン・ボーリン)とLily Collinsだったので取材エリアに一緒にいたのですが、桂綸鎂と陳柏霖のツーショットは実現しませんでした。

1124jinma9昨年の主演女優賞の章子怡(チャン・ツィイー)は今回プレゼンターを担当、鞏俐の次の世代を担うトップ女優としての風格はたっぷりです。
そして審査員団で、審査員長の陳冲(ジョアン・チェン)と郭富城(アーロン・クォック)、馮徳倫(スティーブン・フォン)が大トリでした。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

1124jinma101124jinma111124jinma121124jinma131124jinma141124jinma151124jinma161124jinma171124jinma181124jinma191124jinma20

|

« 第五十一回金馬獎、陳建斌(チェン・ジェンビン)と陳湘琪(チェン・シアンチー)が主演男女優賞に! | トップページ | 第五十一回金馬獎レポート、受賞式&プレスセンター編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第五十一回金馬獎、陳建斌(チェン・ジェンビン)と陳湘琪(チェン・シアンチー)が主演男女優賞に! | トップページ | 第五十一回金馬獎レポート、受賞式&プレスセンター編 »