« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014/12/31

2014年の中華圏映画を振り返る〜台湾編〜

1231tw1シリーズ記事最後は、台湾映画です。
今年はここ数年に比べると製作本数が減り、長編39本、短編19本、ドキュメンタリー13本でした。そして1億台湾元越えの大ヒット作は「KANO」「等一個人咖啡」「大稻埕」の3本にとどまるという、ちょっと寂しい結果です。しかし、「KANO」は約13億円というダントツの興行成績で、ひまわり運動の時期に劇場へ行かれなかった人々の声に応えて史上初のアンコール公開を実施しました。

続きを読む "2014年の中華圏映画を振り返る〜台湾編〜"

| | コメント (0)

2014/12/30

2014年の中華圏映画を振り返る〜香港編〜

1230hk1香港は中国に回帰して以来"香港映画"と呼べる作品がどれなのか区分けが難しくなってきていますが、旧正月映画のコメディや、杜汶澤(チャップマン・トー)の主演作ほか中国(大陸)資本の全く入っていない作品ももちろんあります。
ただ成龍(ジャッキー・チェン)のシリーズ作ではあるものの、「警察故事2013」は完全な中国映画だったり、最後の砦?と勝手に思っていた彭浩翔(パン・ホーチョン)も、「春嬌與志明」や最新作「撒嬌女人最好命」で中国に足を踏み入れました。

続きを読む "2014年の中華圏映画を振り返る〜香港編〜"

| | コメント (0)

2014/12/29

2014年の中華圏映画を振り返る〜中国編〜

1229cn1今年も中国の映画産業の隆盛が続き、約5800億円の興行成績を上げ史上最高だと現地メディアが伝えています。しかも、20億円を超えた作品が65本、うち35本が国産映画だそうです。
そして刁亦男(ディアオ・イーナン)監督の「白日焰火」(日本では「薄氷の殺人」という邦題で1月10日より公開)は、ベルリン国際映画祭で金熊賞と廖凡(リャオ・ファン)が銀熊賞(最優秀男優賞)を受賞するという快挙がありました。
さらに、この右肩上がりの中国映画界では国を超えたコラボレーションがますます増え、両岸三地と呼ばれる中華圏の様相は年々複雑化してきています。

続きを読む "2014年の中華圏映画を振り返る〜中国編〜"

| | コメント (0)

2014/12/26

KKBOXで張學友(ジャッキー・チュン)、周杰倫(ジェイ・チョウ)、林俊傑(JJ・リン)のニューアルバムを配信!

1226kkboxこの冬はC-POPの大物のニューリリースが重なり、ミュージックシーンが賑わっています。
"歌神"張學友(ジャッキー・チュン)が7年ぶりに「Wake up Dreaming 醒著做夢」を12月23日に、昨日台湾で記者会見を開いた周杰倫(ジェイ・チョウ)の「哎呦,不錯哦」は12月26日、そして12月27日は「第25屆金曲獎頒獎典禮 最佳國語男歌手」を受賞し、今乗りに乗っている林俊傑(JJ・リン)の「新地球Genesis」をリリース。
これらの最新アルバム3作品をKKBOXがリリース日に同時配信、しかも周杰倫は独占配信になります。

続きを読む "KKBOXで張學友(ジャッキー・チュン)、周杰倫(ジェイ・チョウ)、林俊傑(JJ・リン)のニューアルバムを配信!"

| | コメント (0)

2014/12/25

周杰倫(ジェイ・チョウ)ニューアルバム発表記者会見 in 台北

1225jay1周杰倫(ジェイ・チョウ)二年ぶりのニューアルバム「哎呦,不錯哦」は、12月26日にリリースされますが、それを前に25日に台北で記者会見が行われました。
周杰倫の記者会見は毎回オープニングパフォーマンスが楽しみですが、今回はすでに発表されている「鞋子特大號」のMVのようにダンサーがチャップリンに扮してのステッキダンスで幕開け。そして、「陽明山」のMVを初お披露目しました。

続きを読む "周杰倫(ジェイ・チョウ)ニューアルバム発表記者会見 in 台北"

| | コメント (0)

2014/12/23

『KANO 1931海の向こうの甲子園』公式サイトリニューアル、新ビジュアル&予告編お披露目!

1223kanoposter1月24日からの日本公開まであと約1ヶ月、台湾映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』の公式サイトがリニューアルし、新ビジュアルと予告編がお披露目となりました。
新ビジュアルも予告編も、台湾盤とはまたひと味違いますので、ぜひご覧になって下さい。

日本公式サイト:http://kano1931.com
KANO日本語版オフィシャルFacebook:https://www.facebook.com/Kano.japan

『KANO〜1931海の向こうの甲子園〜』2015年1月24日より新宿バルト9ほか全国公開

続きを読む "『KANO 1931海の向こうの甲子園』公式サイトリニューアル、新ビジュアル&予告編お披露目!"

| | コメント (0)

2014/12/22

Podcast 『KANO〜1931海の向こうの甲子園』魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)プロデューサー、馬志翔(マー・ジーシアン)監督来日記者会見!パート3

1201kano11月24日から日本公開になる台湾映画『KANO〜1931海の向こうの甲子園』の魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)プロデューサー、馬志翔(マー・ジーシアン)監督来日記者会見の音声です。
パート3は、なぜ魏徳聖プロデューサーは馬志翔に監督を委ねたのか、そして日本の皆さんへのメッセージです。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

『KANO〜1931海の向こうの甲子園〜』2015年1月24日より新宿バルト9ほか全国公開
日本公式サイト:http://kano1931.com

KANO日本語版オフィシャルFacebook:https://www.facebook.com/Kano.japan

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2014/12/20

台湾バンド・宇宙人(Cosmos People)の日本公演が決定!!

0712cosmo2サマーソニック2014で初来日にして大盛況という、キャッチー&ダンサブル・ポップな台湾バンド・宇宙人(Cosmos People)の日本公演が決定しました。
3月6日の大坂はLIVE HOUSE Pangea、7日は東京のSUTAYA O-Crestが会場となります。

続きを読む "台湾バンド・宇宙人(Cosmos People)の日本公演が決定!!"

| | コメント (0)

2014/12/19

張藝謀(チャン・イーモウ)監督の『歸来』が『妻への家路』という邦題で3月に公開決定!

1219guilai鞏俐(コン・リー)主演、張藝謀(チャン・イーモウ)監督の最新作『歸来』は、カンヌ国際映画祭はじめ各国の映画祭で上映、会場を絶賛と涙で包み、「パワフルで深い。涙が止まらなかった」とスピルバーグが感服したように、最も切なく最も高な“愛”の物語。『金陵十三釵』につづいて、嚴歌苓(イエン・ガーリン)の小説『陸犯焉識』を映画化したものです。

続きを読む "張藝謀(チャン・イーモウ)監督の『歸来』が『妻への家路』という邦題で3月に公開決定!"

| | コメント (0)

2014/12/18

「台湾エンタメパラダイス10」発売中!「アジアンパラダイス」とのコラボプレゼント企画発表!

1218kanosignこの1冊で、台湾エンタメが丸ごとわかり、台湾情報満載の「台湾エンタメパラダイス」、12月13日に発売になったvol.10では、初の「アジアンパラダイス」と「台湾エンタメパラダイス」コラボプレゼント企画を実施します。
『KANO 1931海の向こうの甲子園』に主演している永瀬正敏さんのサインいり「KANO」特製クリアファイルを2名様にプレゼント!
この特製クリアファイルは台湾の果子電影オフィシャルグッズで、台湾でしか手に入りません。


続きを読む "「台湾エンタメパラダイス10」発売中!「アジアンパラダイス」とのコラボプレゼント企画発表!"

| | コメント (0)

日本版マンガ「KANO 1931海の向こうの甲子園」発売!

Kanomanga1月24日に公開の台湾映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』の同名日本版マンガが12月15日に発売になりました。
これは、台湾で出版されたものの翻訳本ですが、台湾では3巻にわかれていたものが1冊にまとまっています。さらに、「KANOと嘉農をもっと理解するために」と題した背景と知識、魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)プロデューサーと馬志翔(マー・ジーシアン)監督のインタビュー、人物について、などの読み物が特別収録されています。
映画を見た後に、ぜひ読んでいただきたい一冊です。

出版社のサイトでは、試し読みPDFもありますので、立ち読みしてみて下さい。

http://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798138442

続きを読む "日本版マンガ「KANO 1931海の向こうの甲子園」発売!"

| | コメント (0)

2014/12/17

映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』の主題歌「風になって~勇者的浪漫~」シングル、日本盤オリジナル・サウンドトラックが1月21日に発売!

1217kanocd3映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』の主題歌「風になって~勇者的浪漫~」は、日本のRake、「海角七号 君想う、国境の南」の范逸臣(ファン・イーチェン)と中孝介、原住民シンガーソングライターとして活躍するSuming舒米恩(スミン)、「セデック・バレ」に出演した羅美玲(ルオ・メイリン)の日台コラボにより昨年の大晦日に台南の年越しライブ会場にて初披露されました。
そして、1月24日の日本公開を前に、この主題歌のシングルと、日本盤オリジナル・サウンドトラックも1月21日に発売されることになりました。

続きを読む "映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』の主題歌「風になって~勇者的浪漫~」シングル、日本盤オリジナル・サウンドトラックが1月21日に発売!"

| | コメント (0)

2014/12/16

林超賢(ダンテ・ラム)監督の『クリミナル・アフェア 魔警』(原題:魔警)が2月に公開決定!

1216criminal1警察アクションの鬼才として、ポスト 杜琪峰(ジョニー・トー)との呼び声も高い、『ブラッド・ウェポン』『密告・者』の林超賢(ダンテ・ラム)監督の『クリミナル・アフェア 魔警』(原題:魔警)は、香港で2013年の驚異的な大ヒットとなり、第33回香港電影金像奨では張家輝(ニック・チョン)が最優秀主演男優賞を受賞した『激戦 ハート・オブ・ファイト』(日本公開2015年1月24日公開)に続き、同じ監督・主演で制作、今回は呉彦祖(ダニエ・ウー)との共演も話題になりました。

続きを読む "林超賢(ダンテ・ラム)監督の『クリミナル・アフェア 魔警』(原題:魔警)が2月に公開決定!"

| | コメント (0)

2014/12/15

Podcast 『KANO〜1931海の向こうの甲子園』魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)プロデューサー、馬志翔(マー・ジーシアン)監督来日記者会見!パート2

1201kano51月24日から日本公開になる台湾映画『KANO〜1931海の向こうの甲子園』の魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)プロデューサー、馬志翔(マー・ジーシアン)監督来日記者会見の音声です。
パート2は、実際に甲子園に行った時の思いと、曹祐寧(ツァオ・ヨウニン)の活躍について。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

『KANO〜1931海の向こうの甲子園〜』2015年1月24日より新宿バルト9ほか全国公開
日本公式サイト:http://kano1931.com

KANO日本語版オフィシャルFacebook:https://www.facebook.com/Kano.japan

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2014/12/11

『KANO』DVD&BD台湾で発売決定!

1211kanodvdお待たせしました。台湾で12月26日に『KANO』のBDが、1月10日にDVDが発売されることが発表されました。
DVDとBD、それぞれ2種類あります。
オフィシャルグッズ販売の「特有種商行」ほか、台湾内のDVDショップ、通販サイトなどで販売。但し、「特有種商行」のネット通販は台湾内のみ。他の通販サイトでは海外対応ありのところもあります。
「特有種商行」での購入プレゼントは魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)サイン入りノートですが、このおまけ付きは、台湾でしか買えません。
なお、DVDはリージョン3ですので、一般的な日本のDVDレコーダーでは再生できません。リージョンフリーDVDプレーヤーが必要です。ご注意下さい。

まずは、1月24日から映画館の大スクリーンで見て下さいね!

続きを読む "『KANO』DVD&BD台湾で発売決定!"

| | コメント (0)

2014/12/08

Podcast 『KANO〜1931海の向こうの甲子園』魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)プロデューサー、馬志翔(マー・ジーシアン)監督来日記者会見!パート1

1201kano71月24日から日本公開になる台湾映画『KANO〜1931海の向こうの甲子園』の魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)プロデューサー、馬志翔(マー・ジーシアン)監督来日記者会見の音声を、3回に渡ってお届けします。
パート1は、金馬奨について。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

『KANO〜1931海の向こうの甲子園〜』2015年1月24日より新宿バルト9ほか全国公開
日本公式サイト:http://kano1931.com

KANO日本語版オフィシャルFacebook:https://www.facebook.com/Kano.japan

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2014/12/06

『太平輪:亂世浮生』台湾で記者会見!

1206crossing1呉宇森(ジョン・ウー)監督の新作『太平輪:亂世浮生』は12月2日に台北で盛大なプレミアが行われましたが、その翌日台北市内のホテルで記者会見がありました。
呉宇森(ジョン・ウー)監督はじめキャストの金城武、ソン・ヘギョ、黃曉明(ホアン・シャオミン)、呉飛霞(ウー・フェイシャー)と、監督夫人の牛春龍(ニュウ・チュンロン)が登壇。

続きを読む "『太平輪:亂世浮生』台湾で記者会見!"

| | コメント (0)

2014/12/05

呉宇森(ジョン・ウー)監督の新作『太平輪:亂世浮生』台北でプレミア!

1205crossing1"アジアのタイタニック"と言われる太平輪号の海難事故にからむラブストーリー大作『太平輪:亂世浮生』の台湾プレミアが、2日に台北で行われました。
この作品は呉宇森(ジョン・ウー)監督が約70億円かけて制作した大作で、金城武、章子怡(チャン・ツィイー)、ソン・ヘギョ、黃曉明(ホアン・シャオミン)、佟大為(トン・ダーウェイ)、長澤まさみほか台湾、香港、中国、日本、韓国の俳優が共演することでも、早くから話題になっていた映画です。

続きを読む "呉宇森(ジョン・ウー)監督の新作『太平輪:亂世浮生』台北でプレミア!"

| | コメント (0)

2014/12/02

『KANO〜1931海の向こうの甲子園』魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)プロデューサー、馬志翔(マー・ジーシアン)監督来日記者会見!

1201kano11月24日から公開の台湾映画『KANO〜1931海の向こうの甲子園』の魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)プロデューサーと馬志翔(マー・ジーシアン)監督が来日し、12月1日に都内で記者会見を行いました。
今回は、第24回映画祭TAMA CINEMA FORUMクロージング上映に伴うトークショーや各メディアの取材の為に来日したおふたりよる、11月30日から3日間にわたるプロモーションの一環です。

続きを読む "『KANO〜1931海の向こうの甲子園』魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)プロデューサー、馬志翔(マー・ジーシアン)監督来日記者会見!"

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »