« 2014年9月7日 - 2014年9月13日 | トップページ | 2014年9月21日 - 2014年9月27日 »

2014/09/20

『セデック・バレの真実』(原題:餘生-賽德克.巴萊)湯湘竹(タン・シアンジュー)監督インタビュー

0920yusheng1魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督の歴史大作『セデック・バレ 第一部 太陽旗/第二部 虹の橋』で描かれた霧社事件から80年後に、祖先の発祥の地を目指して山を登る3人の男達の姿と、莫那魯道をはじめ高山初子、花岡一郎・二郎らの子孫たちの証言を構成したドキュメンタリー『セデック・バレの真実(原題:餘生-賽德克.巴萊)』は、魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)と黄志明(ホアン・ジーミン)によるプロデュース、湯湘竹(タン・シアンジュー)が監督した作品です。
この湯湘竹監督に、台北でインタビューしてきました。

続きを読む "『セデック・バレの真実』(原題:餘生-賽德克.巴萊)湯湘竹(タン・シアンジュー)監督インタビュー"

| | コメント (0)

2014/09/18

今年の金馬影展「金馬51在台北」記者会見

0918jinma1昨年50周年を迎えた台湾最大の映画祭「金馬影展」、今年は11月6日から27日まで開催されますが、17日にオープニング作品の『極光之愛』と、『時下暴力』『台北工廠Ⅱ』、そして金馬影展50年の歴史を記録したドキュメンタリー映画『光陰的故事-台灣新電影』『那時‧此刻』の発表記者会見が行われました。
会見には各作品の監督・キャストが登壇し、特に久々の映画出演となる楊丞琳(レイニー・ヤン)に、メディアの注目が集まりました。

続きを読む "今年の金馬影展「金馬51在台北」記者会見"

| | コメント (0)

2014/09/17

『看見台湾』が12月に『天空からの招待状』という邦題で公開決定!

0916tenku台湾で2013年興行収入第3位の社会現象となった大ヒットドキュメンタリー『看見台湾』が、12月に『天空からの招待状』という邦題で公開が決まりました。
台湾のドキュメンタリー映画史上最高の製作費3億3,500万円を投入し、台湾の「國道新建工程局」職員として長年航空写真を撮り続けてきた齊柏林(チー・ポーリン)監督が全編空撮といういまだかつてない方法を用いて台湾の今を見つめた本作は、台湾での公開時には、観客動員数100万人以上、興行収入7億円を記録しました。

続きを読む "『看見台湾』が12月に『天空からの招待状』という邦題で公開決定!"

| | コメント (0)

« 2014年9月7日 - 2014年9月13日 | トップページ | 2014年9月21日 - 2014年9月27日 »