« 大阪アジアン映画祭『逆転勝ち』溫尚翊(ウェン・シャンイー)インタビュー | トップページ | 大阪アジアン映画祭『サシミ』潘志遠(パン・ジーユエン)監督インタビュー »

2015/03/15

第10回大阪アジアン映画祭、台湾映画『コードネームは孫中山』がグランプリと観客賞ダブル受賞!

0316off3月6日より、梅田 ブルク7、ABC ホールをはじめとする大阪市内5会場で開催された第10回大阪アジアン映画祭は今日15日に閉幕、最終日のクロージング・セレモニーで今年のグランプリ以下各賞が発表、授与されました。
グランプリは台湾映画の『コードネームは孫中山』で、観客賞とのダブル受賞。来るべき才能賞はタイ映画『アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー』の女優メート・タラートン、スペシャル・メンションは香港映画 『セーラ』の蔡卓妍(シャーリーン・チョイ)、ABC賞は中国映画『いつかまた』、薬師真珠賞に『アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー』のプリーチャヤー・ポンタナーニコンが選ばれました。

0316off2すでに観客賞を受賞して壇上にいた『コードネームは孫中山』の易智言(イー・ツーイェン)監督は、グランプリでも呼ばれた時はかなり驚いたようで「ありがとうございます。思いもよりませんでした。本当にうれしいです。これを機に日本での公開が決まることを期待しています」と満面の笑顔で語りました。主役の詹懷雲(ジャン・ファイユン)、魏漢鼎(ウェイ・ハンディン)にもスピーチを促し、詹懷雲は「謝謝大家(皆さん、ありがとうございます)」、「謝謝、大阪。ありがとう(日本語)」と魏漢鼎。

0316off3以下は、審査委員長の彭浩翔(パン・ホーチョン)監督の総評です。
「大阪アジアン映画祭に審査委員として招いていただいたことに感謝申し上げます。審査委員というのは楽しいと同時に辛い仕事でもあります。私どもフィルムメーカーは、映画を作るときは自分の努力だけでできますが、審査委員は皆さんが努力して作られた映画を審査するわけで、公平かつその努力を尊重しなければなりません。一生懸命討論した結果についてご説明します。
スペシャル・メンションを受賞したシャーリーン・チョイ(『セーラ』主演女優)ですが、10 年以上の時を経て、ついに演技の花を咲かせました。本人のキャリアにとっても初めての挑戦で、体当たりの演技をみせ、アイドル歌手から実力派女優として脱皮したことが、受賞理由となりました。
来るべき才能賞を受賞したメート・タラートン監督(『アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー』)です が、コメディというものは言葉の翻訳や文化の違いを受けやすく、実は作るのがとても難しいにも 関わらず、見事にバランスを取り、また同時に誇張や滑稽さをうまく避けて作っておられました。これは賞賛に値する才能です。
グランプリを受賞した『コードネームは孫中山』ですが、少年たちのいたずらによる小さな盗難事件 が発端になるストーリーながら、よく見ると昨今の台湾社会の一般市民の生活や社会情勢を映し出しています。イー・ツーイェン監督は、シンプルなセリフ回しと細やかな表現方法で若手俳優たちの自然な演技を存分に引き出しました。
今回審査委員を代表して、大阪アジアン映画祭に感謝申し上げると共に、受賞されたみなさんに「おめでとう」と申し上げたいと思います。ありがとうございます。」

0316off1受賞一覧

★ グランプリ(最優秀作品賞)
『コードネームは孫中山』 (Meeting Dr. Sun) (行動代號:孫中山)
台湾/監督:イー・ツーイェン (YEE Chih-Yen) (易智言) ※コンペティション部門上映作品を対象に、審査委員会が最も優秀であると評価した作品に授与。 副賞として賞金 50 万円を贈呈。

★ 来るべき才能賞
メート・タラートン(Mez THARATORN)
タイ/『アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー』(I Fine..Thank You..Love You)監督 ※コンペティション部門上映作品を対象に、審査委員会が最もアジア映画の未来を担う才能であ ると 評価した人に授与。副賞として賞金 20 万円を贈呈。

★ スペシャル・メンション
シャーリーン・チョイ(Charlene CHOI)(蔡卓妍) 香港/ 『セーラ』(Sara)(雛妓)主演女優

★ ABC賞
『いつかまた』(The Continent)(後会無期) 中国/監督:ハン・ハン(HAN Han)(韓寒) ※当映画祭実行委員会参加の朝日放送により設けられたスポンサーアワード。アジア映画の新 作(一部作品を除く) を対象に、朝日放送が最も優れたエンターテインメント性を有すると評価し た作品に授与。副賞として賞金 100 万円(テレビ放映権として)を贈呈。(ただし、放送用素材製 作費を含む)

★ 薬師真珠賞
プリーチャヤー・ポンタナーニコン(Preechaya PONGTHANANIKORN) タイ/『アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー』(I Fine..Thank You..Love You)主演女優 ※今年度から新たに設けられたスポンサーアワード。上映されたすべての出演者を対象に、薬師 真珠が最も輝きを放っていると評価した俳優に授与。

★ 観客賞
『コードネームは孫中山』 (Meeting Dr. Sun)(行動代號:孫中山) 台湾/監督:イー・ツーイェン (YEE Chih-Yen) (易智言)

※リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 大阪アジアン映画祭『逆転勝ち』溫尚翊(ウェン・シャンイー)インタビュー | トップページ | 大阪アジアン映画祭『サシミ』潘志遠(パン・ジーユエン)監督インタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪アジアン映画祭『逆転勝ち』溫尚翊(ウェン・シャンイー)インタビュー | トップページ | 大阪アジアン映画祭『サシミ』潘志遠(パン・ジーユエン)監督インタビュー »