« シネマート六本木Last Presentで『美少年の恋』『オオカミの誘惑』『夜に逃れて』『あなたなしでは生きていけない』上映決定! | トップページ | 台湾ドラマ『キミをプロデュース(原題:A 咖的路)』8月に日本版DVDリリース! »

2015/06/01

Podcast 愛と情熱のLast Present!シネマート六本木の村野支配人インタビュー

0601murano3閉館まであと14日となったシネマート六本木では、最後の企画「Last Present」の4作品が決定し、スケジュールも発表されました。
そこで、シネマート六本木の支配人村野奈穂美さんに、愛と情熱なしでは実現しえなかったこの4作品、香港映画『美少年の恋』と韓国映画『オオカミの誘惑』、台湾映画『夜に逃れて』『あなたなしでは生きていけない』の上映までの道のりを伺い、Podcastで配信開始しました。

0601murano2映画は完成するまでもたいへんな過程があり、そのことについては監督やプロデューサーの話を聞く機会はかなりありますが、その後、私たちが映画館で見るまでのプロセスを知ることはあまり多くありません。
通常、映画会社が作品を買い付けて劇場ブッキングをし、観客は様々な情報の中から見たい映画を選んで映画館に見に行きます。しかし、劇場側からこれを上映したい!しかし日本での上映権がない場合はどうしたら良いのか…。
今回のシネマート六本木の「Last Present」は、すでに上映権のない作品を支配人の愛と情熱で様々な段階をクリアして上映にこぎつけました。

今回の仕掛け人、シネマート六本木の支配人村野奈穂美さんについてご紹介しましょう。
実はもともと大の映画好きというわけではなく、テレビで見た金城武に魅せられ、香港映画の『天使の涙』を見たのがきっかけで、玉石混合の香港映画を見まくり、おばかなB級映画も楽しみ、そこから台湾映画、韓国映画、中国映画へ広がっていったそうです。
そして、このおもしろい映画をみんなに伝えたい、それにはどうしたら良いのか、何が自分に合っているのか試行錯誤の結果、最終的に観客に届ける映画館で働きたいと考え、キネカ大森の門を叩きアルバイトからスタートしました。

休みが取れると香港や台湾へ通い、映画を見たりロケ地探訪をしたりして、キネカ大森のロビーにはお手製のロケ地マップや写真が飾られて観客の目を楽しませてくれました。様々なイベントも実施し、映画とファンをつなぐアジア映画専門館として愛されたのも村野さんの功績によるものが大きいでしょう。

そしてシネマート六本木の開館に伴いエスピーオーに移り、劇場担当として手腕を発揮していきました。韓流を映画とドラマから盛り立て、スターの来日イベントや上映作品にあわせた様々な催しを企画・実施。同時に香港映画や台湾映画の特集上映も、ほかでは見られない濃い内容でファンを喜ばせてきました。
そんな村野支配人がいま振り返って思い出深いのは、やはりオープンの時と今回のクロージングだそうです。「家に帰れない日が何日も続く準備期間を含めたいへんだったけれど、やはり沢山のお客様が来て下さったことは、本当にうれしかったです」と語ります。

そして、個人的には2009年に実施した《香港庶民の光と闇 ある社会派監督のまなざし》と題した爾冬陞(イー・トンシン)監督の特集が忘れられないと言います。
商業映画が主流の香港映画界にあっては、稀有な存在といえる爾冬陞監督の代表作『つきせぬ想い』から日本初公開となる『プロテージ/偽りの絆』まで、可能な限りの作品を取り揃え、『新宿インシデント』へと続く監督の足跡を追ったものでした。

0601murano1アジア映画ファンにとって、また映画業界にとってもシネマート六本木の閉館はとても残念ですが、最後まで力の限りを尽くしたプログラムを提供してくれる「Last Present」は、6月6日からスタートします。
ぜひ、支配人村野奈穂美さんのインタビューをお聞きいただき、劇場に足をお運び下さい。

インタビュー音声はこちら。

「Last Present」特設サイト
http://www.cinemart.co.jp/theater/special/lastpresent/

上映スケジュール
http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/topics/20160127_12647.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« シネマート六本木Last Presentで『美少年の恋』『オオカミの誘惑』『夜に逃れて』『あなたなしでは生きていけない』上映決定! | トップページ | 台湾ドラマ『キミをプロデュース(原題:A 咖的路)』8月に日本版DVDリリース! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シネマート六本木Last Presentで『美少年の恋』『オオカミの誘惑』『夜に逃れて』『あなたなしでは生きていけない』上映決定! | トップページ | 台湾ドラマ『キミをプロデュース(原題:A 咖的路)』8月に日本版DVDリリース! »