« 台北電影節クロージング作品林書宇(トム・リン)監督の『百日告別』感動のプレミア! | トップページ | 2015台北電影節、『醉.生夢死』が100万元グランプリなど6冠! »

2015/07/17

台湾ポリスアクション映画『痞子英雄:黎明再起』が10月に『ハーバー・クライシス —都市壊滅— 』の邦題で公開決定!

0717blackwhite1前作『ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black & White Episode 1(原題:痞子英雄首部曲:全面開戰)』に続き、『ハーバー・クライシス —都市壊滅—(原題:痞子英雄:黎明再起) 』が、10月にシネマート新宿ほかにて公開が決まりました。
このシリーズは、大ヒットドラマ『ブラック&ホワイト(原題:痞子英雄)』の映画版で、ドラマ版の時代を遡った設定で制作されたもので、台湾映画初の大型アクション映画として話題になりました。

本作では、趙又廷(マーク・チャオ)のバディ役に林更新(ケニー・リン)が起用され、前作に続き黃渤(ホアン・ボー)やドラマ版のレギュラーだった張鈞甯(チャン・チュンニン)も登場し、ドラマから続けて見ている人にとっては興味深い内容となっています。

0717blackwhite2【STORY】
ライフラインを分断し、湾岸都市を孤立させる連続爆破事件。それは正義を崩壊させる恐ろしいシナリオの序章に過ぎなかった──!!
台湾の大都市・海港市<ハーバー・シティ>で、橋や高速鉄道など重要な交通網を破壊する連続爆破事件が発生した。街の平和を命がけで守ってきた熱血刑事ウー(マーク・チャオ)は、頭脳明晰だが一匹狼の若手刑事チェン(ケニー・リン)とパートナーを組み、反発し合いつつも事件の謎を追うことに。
時を同じくして、軍が保有していた特殊ミサイルが謎の武装組織に強奪され、今にも海港市の中枢に向け発射されようとして いた。さらに、致死率の高い生物兵器ウイルスに市民の命が脅かされていることも発覚。史上最悪の非常事態に直面した二人の刑事は、謎めいた秘密武装組織“夜行者”<ナイトウォーカー>による巨大な陰謀に立ち向かっていく──。

『ハーバー・クライシス —都市壊滅— 』
10月、シネマート新宿他にて全国順次ロードショー!
監督:蔡岳勳(ツァイ・ユエシュン)
出演:趙又廷(マーク・チャオ)、林更新(ケニー・リン)、黃渤(ホアン・ボー)、修杰楷(シュー・ジエカイ)、張鈞甯(チャン・チュンニン)
配給:ツイン
公式サイト:www.harborcrisis-movie.net

|

« 台北電影節クロージング作品林書宇(トム・リン)監督の『百日告別』感動のプレミア! | トップページ | 2015台北電影節、『醉.生夢死』が100万元グランプリなど6冠! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台北電影節クロージング作品林書宇(トム・リン)監督の『百日告別』感動のプレミア! | トップページ | 2015台北電影節、『醉.生夢死』が100万元グランプリなど6冠! »