« 台湾映画『青田街一號』今日から公開、プレミアには豪華ゲストが! | トップページ | Podcast 『黒衣の刺客』侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督来日記者会見 »

2015/08/23

台北電影節『太陽的孩子』の鄭有傑(チェン・ヨウジエ)監督&勒嘎.舒米(レカイ・スミ)監督インタビュー in 台北!

0823taitang17月4日の台北電影節での上映がワールドプレミアとなった『太陽的孩子』は、素晴らしいヒューマンドラマで感動の渦を巻き起こし、7月18日に行われた受賞式では見事観客賞を受賞しました。
本作は勒嘎.舒米(レカイ・スミ)監督のドキュメンタリー映画『海稻米的願望』に感動した鄭有傑(チェン・ヨウジエ)監督が共同監督という形で劇映画として制作、ワールドプレミアの直後にお二人にインタビューしました。

0823taitang2鄭有傑(チェン・ヨウジエ)監督はご存じの方も多いように日本語が堪能なので、今回のインタビューではなんとも有り難いことに勒嘎.舒米(レカイ・スミ)監督の通訳も引き受けて下さいました。
この映画は、勒嘎.舒米監督のお母様がリーダーシップをとったアミ族の先祖代々伝わる水田を復活させる活動を通して、そこに根ざす人々の生活と社会、アイデンティティを描いています。この主人公に原住民歌手の阿洛(アロウ)を起用したのは、いくつもの要素が繋がっていたということです。

0823taitang3そのひとつは、鄭有傑監督が優席夫(Yosifu)というアミ族の画家の一枚の絵にとても惹かれ、そこに描かれていたのが阿洛(アロウ)だったそうです。その写真集「I Hear Myself」を見せていただきましたが、独特の色彩とタッチの素敵な絵です。
そして、主人公のモデルになっている勒嘎.舒米監督のお母様に、この役を演じるのは誰が良いか聞いたところ、推薦したのが阿洛。さらに、オリジナルのドキュメンタリー映画『海稻米的願望』で美しい歌声を聞かせているのも、阿洛ということでした。まさに"縁"と"運命"です。
さらに、本作の映画化にあたり、優席夫(Yosifu)が新たに書かせて欲しいと申し出てくれて、素敵なポスタービジュアルができ上がったそうです。

0823taitang4キャストは、企業との土地の仲買人を演じた徐詣帆(シュー・シーファン)以外はすべて素人ですが、演技経験が豊富な人ばかりだそうです。
というのは、勒嘎.舒米監督のお母様はアミ族の演劇集団も主宰していて、皆さんは各地で公演を行い、そのクオリティはかなり高いと鄭有傑監督が言っていました。このメンバーが本作に出演しているので、プロではないけれど「演技経験の豊富な素人」なのです。

また、『KANO』で上松選手を演じた鐘硯誠(Aiyas)も警官役で出演しています。当時兵役中でしたが、休暇の時に撮影に参加してもらったと言うことで、出番はワンシーンながら印象に残る役でした。

0823taitang5この映画の中でも倒れたお爺さんが見る夢のシーンがとても美しく印象的なのですが、ここに出てくる女性はおじいさんの妻、という設定なのですが、これを演じたのがこの映画の発端となった勒嘎.舒米監督のお母様ご本人。
このシーンを演出する時、勒嘎.舒米監督は涙を抑えきれずに鄭有傑監督に「替わってくれ」と言ったそうです。このシーンはいずれ必ずやってくる現実なので、とても辛くてご自身では撮れなかったと、その胸の内を吐露していました。

0823taitang6また、映画の中で少女が走るシーンがあり、前作『ヤンヤン』を思い起こすのですが、鄭有傑監督としては「前作とは関係ないのだけど、僕はなぜか走る少女に惹かれるのです。そして、この少女を演じてくれた子が実際に陸上選手なので海辺を走る姿がとても美しかったので…」と語ってくれました。

このインタビューは、8月31日からPodcast配信しますので、ぜひお聞き下さい。

0823taitang8『太陽的孩子』
監督:鄭有傑(チェン・ヨウジエ)&勒嘎.舒米(レカイ・スミ)
出演:阿洛‧卡力亭‧巴奇辣(アロウ)、徐詣帆(シュー・シーファン)、 林嘉均(Nakaw Rahic Gulas)、鐘硯誠(Aiyas)
9月25日から台湾で公開

◆ストーリー
二人の子供を父に託して台北のテレビ局でレポーターとして働くアミ族のPanayは、自分が伝えたい報道を上司から認めてもらえず憤懣やるかたない日々を過ごしている。そんな折り、父が倒れたという報に帰郷すると、企業の土地買収が始まっていた。祖先から受け継ぐ大事な土地を手放したくない原住民たちだったが、若者が都会へ出て行き畑や水田は荒れ放題。Panayは一念発起して荒れた土地をもう一度収穫の地に戻そうと呼びかける。壊れた灌漑設備修復のために役所を回って陳情するがなかなか思うようにいかず、ついに自分たちで修復にかかり、畑と水田が蘇る。
しかし、土地の契約問題が発覚し事態は思わぬ方向に…。

※『太陽的孩子』の関するこれまでの記事

台北電影節で鄭有傑(チェン・ヨウジエ)監督の新作『太陽的孩子』のプレミア!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2015/07/post-0723.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 台湾映画『青田街一號』今日から公開、プレミアには豪華ゲストが! | トップページ | Podcast 『黒衣の刺客』侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督来日記者会見 »

コメント

太陽的孩子, 見たいです!
いつも中国語のヒアリングが目的で聴いていますが鄭有傑監督の話に引き込まれてしまいました。日本人で普通に日本語が話せても、話の中身がなければただの普通の話で終わりですが、鄭監督の話は素敵でした〜。あんな風に日本語で表現ができるなんて羨ましいです。俳優さんとしても印象に残ってます。

投稿: Mihoko | 2015/09/10 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾映画『青田街一號』今日から公開、プレミアには豪華ゲストが! | トップページ | Podcast 『黒衣の刺客』侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督来日記者会見 »