« 東京国際映画祭『少年バビロン』 Q&A | トップページ | Podcast 『百日告別』の石頭(ストーン)インタビュー in 台北 »

2015/10/25

東京国際映画祭『百日草』林書宇(トム・リン)監督と石頭(ストーン)Q&A

1025zinniaflower7東京国際映画祭で上映された台湾映画『百日草(原題:百日告別)』は、林書宇(トム・リン)監督と主演の石頭(ストーン)が来日し、昨日に続きQ&Aを行いました。
監督や石頭はもちろんでしょうが、これまでこの作品について沢山の記事を掲載してきて、いよいよ日本で上映されどんな反応なのか、実は私もとても楽しみにしていました。

1025zinniaflower2まずは司会者から、監督にこの映画を作るきっかけとキャスティングについて、石頭にはオファーされた時の気持ちはどうだったのかという質問からスタートしました。
そして、同じ事故でそれぞれの最愛の人を失ったふたりのキャラクターの書き分けについて、クレジットされている鈕承澤(ニウ・ チェンザー)と戴立忍(ダイ・リーレン)の役割、などの質疑応答が展開しました。

1025zinniaflower3また、予備知識なしで林嘉欣(カリーナ・ラム)と石頭が恋をする映画かと思っていたので、全く勘違いだった。そういう考えはなかったのかどうか、というおもしろい質問がありました。
それに対して、監督は「これは愛する人を亡くした100日を描いたので、この100日に中でそういうことはないだろうと思う。ただ、昨夜石頭とご飯を食べながら、続編というか数年後にどこかで出会うということはあり得るかも…という話をしていた。でも、この映画ではないですね」と言うと、石頭は「期待しています」と言い、小さな拍手が起こりました。
そうしたら監督が「でも、もしそうなったら石頭はコメディにしたいと言っていたんですよ」と、笑っていました。

1025zinniaflower4最後は、石頭が考案したピアノを引きずり出すというシーンはもともとの脚本上ではどうだったのかという質問でした。監督は「石頭が演じた育偉にはずうっと寄り添う友達がいて、その友達がもうすぐ子供が生まれるということで育児用品を全部その友達にあげるという設定でした」ということでした。

1025zinniaflower5その後は、外のオープンスペースでサイン会が行われ、監督と石頭はサインと記念撮影にも応じるというサービス。お客様はもちろん、お二人もこの映画祭ならではの直接交流はとてもうれしそうでした。そして、この長蛇の列は1時間近く続いたのでした。
監督と石頭は明日帰国しますが、『百日草』は10月28日にも新宿バルト9での上映があります。現段階でチケットは販売終了となっていますが、「状況により追加販売を行う可能性がございます」と公式サイトに書いてあるので、ご確認下さい。

1025zinniaflower6そして、このQ&Aは後日Podcastで配信予定です。
その前に、明日10月26日から石頭の単独インタビューin台北を配信します。どうぞお楽しみに!

※『百日告別』に関するこれまでの記事とPodcast音声です。

石頭(ストーン)インタビュー in 台北
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2015/10/in-a713.html

林書宇(トム・リン)監督の映画『百日告別』台北記者会見に五月天も応援に!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2015/10/post-e6c9.html

Podcast音声 林書宇(トム・リン)監督インタビュー2015 in 台北 パート3
http://asianparadise.sblo.jp/article/164547674.html

Podcast音声 林書宇(トム・リン)監督インタビュー2015 in 台北 パート2
http://asianparadise.sblo.jp/article/164078075.html

Podcast音声 林書宇(トム・リン)監督インタビュー2015 in 台北パート1
http://asianparadise.sblo.jp/article/163567276.html

『百日告別』の林書宇(トム・リン)監督インタビュー in 台北2015
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2015/09/in-2015-79a3.html

台北電影節クロージング作品林書宇(トム・リン)監督の『百日告別』感動のプレミア!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2015/07/post-663e.html

林書宇(トム・リン)監督の新作『百日告別』が、台北電影奨にノミネート!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2015/05/post-7b91.html

2015年台北電影節のオープニングとクロージング作品発表!鄭文堂(チェン・ウェンタン)監督の『菜鳥』と林書宇(トム・リン)監督の『百日告別』!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2015/05/2015-5e20.html

林書宇(トム・リン)監督の新作映画『百日告別』豪華キャストで間もなくクランクイン!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2014/09/post-9d72.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 東京国際映画祭『少年バビロン』 Q&A | トップページ | Podcast 『百日告別』の石頭(ストーン)インタビュー in 台北 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京国際映画祭『少年バビロン』 Q&A | トップページ | Podcast 『百日告別』の石頭(ストーン)インタビュー in 台北 »