« Podcast 東京国際映画祭『百日草』林書宇(トム・リン)監督と石頭(ストーン)Q&A | トップページ | Podcast 東京国際映画祭『風の中の家族』王童(ワン・トン)監督と唐在揚(デイヴィッド・タン)プロデューサーQ&A »

2015/11/06

金馬影展開幕!オープニング作品陳柏霖(チェン・ボーリン)主演 『再見,在也不見』記者会見

1106distance111月5日に金馬影展が開幕し、それに先立ち当日の午後オープニング作品『再見,在也不見』の記者会見が行われました。
この映画は、カンヌ国際映画祭の新人監督賞、金馬奨で作品賞、新人監督賞、助演女優奨、脚本賞、東京フィルメックスで観客賞など世界各国の賞を獲得したシンガポール映画『イロイロ ぬくもりの記憶(原題:爸媽不在家)』の監督陳哲藝(アンソニー・チェン)がプロデュースしたもので、中国、シンガポール、タイの新鋭監督がそれぞれ陳柏霖(チェン・ボーリン)を主演にしたオムニバスです。
登壇したのは、キャストの陳柏霖、秦沛(ポール・チョン)、蔣雯麗(ジャン・ウェンリー)陳哲藝プロデューサー、中国の忻鈺坤(シン・ブークン)監督、シンガポールの陳世杰(チェン・シージエ)監督、タイのSivaroj Kongsakul監督。

まずは、本作の内容からご紹介します。
『背影』
監督:忻鈺坤
出演:陳柏霖、秦沛
ストーリー
広西に出張した主人公は、そこで別れた父親の姿を見つける。かつて企業家として名を馳せた父だったが、今は工場の清掃係に身を落としていた。父の後をつけていくと新しい家族がいるようだが、息子と二人暮らし。翌日その父が商品の横流しが見つかり解雇される…。

0918jinma2『湖畔』
監督:陳世杰
出演:陳柏霖、楊祐寧(ヨン・ヨウニン)楊雁雁(ヤオ・ヤンヤン)魏漢鼎(ウェイ・ハンディン)鄭煥霖(チェン・シュンリン)
ストーリー
ある日、シンガポールから手紙を受け取った主人公は、シンガポールの刑務所へ向かう。長い間会っていない幼なじみが二日後に死刑執行ということで、その遺体引き取りの為だった。二人はよく湖で泳いで遊んでいたが、ある事件をきっかけに音信不通となっていたのだ…。

0918jinma1『再見』
監督:Sivaroj Kongsakul
出演:蔣雯麗
ストーリー
講演会でバンコクを訪れた主人公は12年前に別れた恩師と再会、彼女は彼の成長を喜ぶ。人前では恩師と生徒だったが、実はふたりはかつて恋仲で、それは誰にも秘密にしていた。複雑な思いで再会を果たした主人公は、何故突然姿を消したのかと彼女に詰めよる…。

1106distance4このように、全く違う3つのキャラクターを演じた陳柏霖ですが、その演技力はかなりのものです。
冷静沈着なビジネスマンの父に対する愛憎、死刑囚となった幼なじみと対面した時の深い心理描写、女子学生のアイドル的なイケメン教授の過去の思いを捨てきれない複雑な情感、どれも少ない台詞と様々な感情を表す表現力に驚きました。
撮影の時はそれぞれ準備に2日間しかなかったということで、多言語を話す陳柏霖もタイ語はわからないので通訳を介しての監督とのコミュニケーションに苦労したそうです。

1106distance5また、「自分にとって大きな挑戦でしたが、この経験は本当に得がたいものでした。秦沛と蔣雯麗というベテランとの共演はプレッシャーも大きかったですが、お二人から多くの事を学びました。最近はとても忙しく、この映画のほかに『壞蛋必須死』『追婚日記』『萬萬沒想到』と全部で4作、6つの役を演じたのですが、これまでの演技訓練でスムーズに役に入ることができました」と語っていました。

1106distance6そして、オープニング上映の後に行われた舞台挨拶では、会見出席者のほかに、『湖畔』に出演した魏漢鼎と鄭煥霖も登壇しました。陳柏霖の少年時代を演じた魏漢鼎は『コードネームは孫中山(原題:行動代號:孫中山)』でデビューした時に、同じ易智言(イー・ツーユエン)監督の門下なので“小陳柏霖"と呼ばれましたが「この役を演じることができてとてもうれしいです」と言うと、陳柏霖は「このふたりは湖で泳ぐシーンが多いのだけど、撮影の時気温は5度という寒い中、よく頑張りました」と後輩達の頑張りをねぎらっていました。

1106distance7この作品は、陳哲藝が陳柏霖の会社を訪ね、いろいろな話をするうちに映画に対する考え方などで意気投合し、すぐに一緒に何かやろうと決めたと、以前陳柏霖がインタビューで語っていました。常に新しい才能とコラボしてより良い映画作りを目指す陳柏霖が、この作品でひとつ結果を出したと言っても良いでしょう。
陳柏霖の新境地を開いた『再見,在也不見』は、来年春に台湾で公開予定です。
日本でも、まずは映画祭などで見られることを期待しましょう。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

1106distance81106distance91106distance101106distance11


|

« Podcast 東京国際映画祭『百日草』林書宇(トム・リン)監督と石頭(ストーン)Q&A | トップページ | Podcast 東京国際映画祭『風の中の家族』王童(ワン・トン)監督と唐在揚(デイヴィッド・タン)プロデューサーQ&A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast 東京国際映画祭『百日草』林書宇(トム・リン)監督と石頭(ストーン)Q&A | トップページ | Podcast 東京国際映画祭『風の中の家族』王童(ワン・トン)監督と唐在揚(デイヴィッド・タン)プロデューサーQ&A »