« Podcast 公開中の『最愛の子(原題:親愛的)』陳可辛(ピーター・チャン)監督インタビュー後編 | トップページ | 韓国映画『ダイナマイト・ファミリー』公開記念舞台挨拶 »

2016/01/15

韓国映画『ビューティー・インサイド』の舞台挨拶でハン・ヒョジュが来日!

0115beauty11月22日から公開の韓国映画『ビューティー・インサイド』に主演しているハン・ヒョジュが来日、14日の特別試写会で舞台挨拶を行いました。
本作は、目覚める度に外見、性別、年齢が変わってしまうという主人公ウジンと、ウジンが恋に落ちた女性イスが織りなす、一風変わったラブストーリー。モンタージュを含む123人の俳優が1人のキャラクターを演じるという設定も話題になった、ファンタジーロマンス映画です。

0115beauty2ハン・ヒョジュは、高視聴率を獲得したドラマ『華麗なる遺産』、『トンイ』や映画『王になった男』『監視者たち』などの秀作のほか、日本映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』にも出演しています。
日本映画が好きで日本語を学んだと伝えられていますが、この日もほんとうにきれいな発音で「みなさん、こんばんは。『ビューティー・インサイド』でイ・スを演じたハン・ヒョジュです。楽しんで下さい。」とご挨拶しました。

0115beauty3『ビューティー・インサイド』については、「とてもきれいな映画ができたと思います。ストーリーも映像も美しく音楽も良いし、出演者もみなさん素敵です」と語りました。
そして、目覚める度に外見、性別、年齢が変わってしまうという人と恋人になる役なのですが、「ひとつの作品でこんなに大勢の素敵な方と共演できるのは光栄でした。こんな機会はもう二度とないのではないかと思います。ですから、たいへんと言うより、毎日いろいろな方をお迎えして演じるのは私にとってどれもが大切な経験になりました」と話していました。

0115beauty4相手役がモンタージュを含む123人、パク・ソジュン、イ・ジヌク、キム・ジュヒョク、ユ・ヨンソク他に日本から上野樹里も参加しています。
「上野樹里さんとはぜひ一度共演してみたかったので、とてもうれしかったです。上野さんが作って下さったウジンが、イ・スにとっても映画全体にとっても良い影響を与えてくれました。ほんとうに素晴らしい女優さんで、感謝しています」と言っていました。
もともと好きな女優だという上野樹里とは、日本語に加え上野樹里も韓国語を勉強しているので二カ国語でコミュニケーションしていたそうです。

0115beauty5そして、劇中でお寿司を食べるシーンがありますが、実際にも日本食が大好きで、「納豆、蜂蜜梅干し、焼き魚、大根おろし、とろろが好きです」と、日本の朝食の定番メニューをあげていました。
最後は「今日は貴重な時間を割いておいでいただき、ありがとうございました。『ビューティー・インサイド』でご挨拶できて本当にうれしく思っています。これは冬にピッタリの映画ですので、ぜひ楽しんでみて下さい。愛についてあらためて考える時間になったらうれしいです。(日本語で)あけましておめでとうございます」と締めました。

0115beauty6この映画はファンタジーテイストですが、底に流れる"愛の本質"はとてもリアルで、主人公達の苦悩やそれを乗り越えるようとする姿に感動しました。
筆者は試写室から出るときに泣きはらした顔をできるだけ見られないように、逃げるように帰ってきました。(^o^)

『ビューティー・インサイド』
【2015年/英題:THE BEAUTY INSIDE/韓国/韓国語/127分/カラー】
監督:ペク 
出演:ハン・ヒョジュ、パク・ソジュン、上野樹里、イ・ジヌク、キム・ジュヒョク、ユ・ヨンソク他
配給:ギャガ・プラス  
2016年1月22日(金)TOHOシネマズ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開!
公式サイト:http://gaga.ne.jp/beautyinside/index.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« Podcast 公開中の『最愛の子(原題:親愛的)』陳可辛(ピーター・チャン)監督インタビュー後編 | トップページ | 韓国映画『ダイナマイト・ファミリー』公開記念舞台挨拶 »

コメント

試写会で主演のハンヒョジュさんが登壇してくださり、本当に嬉しかったです。その美しさ、愛らしさ、この世のものとは思えないほどでした。
映画も素晴らしかったです。人を想うとは、人を愛するとは、をじっくりゆっくり考えさせてくれる映画でした。観終わったあとに、じわじわとあぁいい映画だったなぁ、と思える冬にぴったりの心温まる素敵な映画でした。一人でも多くの方に観ていただきたいです。

投稿: 神山健夫 | 2016/01/17 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast 公開中の『最愛の子(原題:親愛的)』陳可辛(ピーター・チャン)監督インタビュー後編 | トップページ | 韓国映画『ダイナマイト・ファミリー』公開記念舞台挨拶 »