« 韓国映画『ビューティー・インサイド』の舞台挨拶でハン・ヒョジュが来日! | トップページ | Podcast 張書豪(チャン・シューハオ)インタビュー in 台北2015冬 »

2016/01/17

韓国映画『ダイナマイト・ファミリー』公開記念舞台挨拶

0117dynamite12PMのチャンソン初主演となる映画『ダイナマイト・ファミリー』が1月9日(土)に公開初日を迎え、1月17日(日)シネマート新宿にてキャスト登壇による舞台挨拶が行われました。
会場にはチャンソンの兄姉を熱演した韓国の人気俳優ユン・サンヒョンと日本在住の新進気鋭の若手女優イ・アイが駆け付けました。

ふたりは本編を見終えたばかりのファンで埋め尽くされた会場の熱気そのままに、大きな歓声と拍手で迎えられました。
5兄弟をまとめる長男スギョを演じたユン・サンヒョンは、「家族の愛を描いた映画です。僕はその中心にいる長男役でとても重要なキャラクター。僕はあまり落ち着いた性格じゃないので、演じる際に、あれもしたい、これもしたいと考えるんですが、気持ちを抑制しながら演じるのが大変だった」と話し観客からは笑いが起こりました。

0117dynamite2自由奔放な長女ヒョンジュンを演じたイ・アイは、「5兄弟が揃うシーンの撮影が楽しかった。」と流暢な日本語で話し、撮影のエピソードとして「三男役スグンを演じたチャンソンさんを叩くシーンなんですけど、監督からの指示で力を込めて思いっきり叩いたけど、本当は一回で済ましたかったのに、なぜか6回くらいNGが出てその度に叩いてしまうことになった。劇場にお越しのチャンソンのファンの方々すいません」と流暢な日本語で話しながら頭を下げるシーンも。

ユン・サンヒョンは兄弟のケンカのシーンで「チャンソンのアドリブが可笑しすぎて、何度もNGを出してしまった」と、楽しかった撮影現場について笑顔で振り返りました。

最後に本作についてイ・アイは「笑いとドキドキ、そして家族の愛を描き、寒い時期にピッタリの温かい作品です。家族について考えてほしいです。ぜひダイナマイト・ファミリーへの愛情を!」と本作への応援をお願いすると、ユン・サンヒョンは「本作への愛情ももちろんのこと、イ・アイさんへの愛情も宜しくお願いします」と本作で演じた長男を思わせる優しさを披露し会場を盛り上げ、その言葉にイ・アイも顔を赤らめ、大きな拍手が起こるなど、温かい雰囲気の舞台挨拶となりました。
なお、舞台挨拶終了後には、ハイタッチ会も行われました。

0117dynamite3映画は2PMチャンソンを主演に迎え、両親の失踪事件を取り巻くコメディとスリラーが融合した笑いあり涙ありの展開に、個性溢れるキャラクターが繰り広げる予測不能の痛快サスペンス。
個性溢れる5兄弟の長男に『シークレット・ガーデン』をはじめその歌唱力とユーモラスに富んだ役柄で人気を博すユン・サンヒョン、次男に『房子伝』など多様なジャンルで活躍するソン・セビョク、長女に『大韓民国1%』で強烈な印象を残した女優イ・アイ、そして日本でも絶大な人気を誇るK-POPグループ2PMのチャンソンが警察志願生の義理堅い3男役を演じ、『レッドカーペット』のスクリーンデビューに続き、本作では待望の初主演を飾っています。

0117dynamite4【STORY】両親の再婚で家族になった5兄弟は性格もバラバラで会えばいつも喧嘩をする仲。久々に両親の呼びかけで実家に集まる一同だったが突然、両親が行方不明となる事態が発生。地元の頼りない警察官と共に捜査を続けるうちいつしか兄弟同士の絆も芽生え始める。だがその先には予想もしなかった真実が待ち受けていた―!?

『ダイナマイト・ファミリー』
シネマ―ト新宿他にて公開中
監督:チョン・ヒョンジュン  
出演:チャンソン (2PM)、ユン・サンヒョン、ソン・セビョク、イ・アイ、キム・ジミン、イ・グァンス
提供:Entertainment Semi/配給:クロックワークス
公式HP:dynamite-family.com

|

« 韓国映画『ビューティー・インサイド』の舞台挨拶でハン・ヒョジュが来日! | トップページ | Podcast 張書豪(チャン・シューハオ)インタビュー in 台北2015冬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓国映画『ビューティー・インサイド』の舞台挨拶でハン・ヒョジュが来日! | トップページ | Podcast 張書豪(チャン・シューハオ)インタビュー in 台北2015冬 »