« 「台湾エンタメパラダイス vol.14」3月7日発売! | トップページ | 韓国映画『王の運命―歴史を変えた八日間―』6月公開決定! »

2016/02/26

第11 回大阪アジアン映画祭コンペティション部門国際審査委員決定!

0226off3 月4 日から13 日に開催される第11 回大阪アジアン映画祭のコンペティション部門国際審査委員が決定、国際審査委員には、台湾の易智言(イー・ツーイェン)監督(第 10 回大阪アジアン映画祭でグランプリ&観客賞のW受賞『コードネームは孫中山』監督)、ベトナムのファン・ダン・ジー監督(小特集:刷新と乱れ咲き ベトナム・シネマのここ数年『大親父と、小親父と、その他の話』監督)、そしてインドネシアのジョコ・アンワール監督(特集企画 ニューアクション! サウスイースト『心からの複製』監督)の3名が発表されました。

審査委員長
易智言(イー・ツーイェン)監督/台湾
台湾生まれ。アメリカ・UCLA 映画学科卒業。映画監督・脚本家として、受賞歴
も多数。監督作は“寂寞芳心倶樂部(Lonely Hearts Club)”(1995)、チェン・ボー
リン、グイ・ルンメイ主演『藍色夏恋』(2002)、『about love アバウト・ラブ/関於
愛(クワァンユーアイ)』「台北篇」(2004)。監督第 4 作となる『コードネームは孫
中山』(2014)でOAFF2015 グランプリ&観客賞のW受賞を果たす。台湾映画界
を牽引する中堅監督の一人である。

ファン・ダン・ジー監督/ベトナム
1976 年、ベトナム生まれ。ハノイ大学映画・演劇学部を卒業後、インディーズ作家と
してキャリアをスタート。現在は、ハノイ国立大学やホーチミン市立大学で脚本執筆
を指導。ベトナム・ニューウェーブを担う監督の一人である。初長編監督作品『ビー、
心配しないで!』(2010/OAFF2011「アジアン・ミーティング大阪2011」上映)はカンヌ
国際映画祭など数々の映画祭で受賞。長編2 作目『大親父と、小親父と、その他の
話』(2015/OAFF2016 上映)はベルリン国際映画祭コンペティション部門出品。

ジョコ・アンワール監督/ インドネシア
1976 年、インドネシア生まれ。脚本家・監督として評価も高く、数々の賞を受賞。
最新作『心からの複製』(2015/OAFF2016 上映)はヴェネチア、トロント、釜山等
の国際映画祭で上映。監督デビュー作『ジョニの約束』(2005/第18回東京国際
映画祭上映)以来10 年のキャリアの中でも初の恋愛作品である。俳優としても、
エドウィン監督『空を飛びたい盲目のブタ』(2008/OAFF2009上映)、 『動物園か
らのポストカード』(2012)などに出演している。

第11 回大阪アジアン映画祭
会期:3月4日(金)~13日(日)
会場:梅田ブルク7(梅田)ABCホール(福島)第七藝術劇場(十三)ほか
チケット:チケットぴあ他にて発売中
公式サイト:http://www.oaff.jp

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 「台湾エンタメパラダイス vol.14」3月7日発売! | トップページ | 韓国映画『王の運命―歴史を変えた八日間―』6月公開決定! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「台湾エンタメパラダイス vol.14」3月7日発売! | トップページ | 韓国映画『王の運命―歴史を変えた八日間―』6月公開決定! »