« 胡宇威(ジョージ・フー)『Love Cheque〜恋の小切手〜』DVD-BOX発売を記念して来日バレンタ インイベント&単独インタビュー! | トップページ | 「台湾映画の新しい潮流を感じよう!」上映会&トークショー開催、第一回は3月21日に『海角七号〜君想う国境の南』! →満員につき締め切りました(2/29) »

2016/02/22

Podcast 東京フィルメックス『タルロ(原題:塔洛)』ペマツェテン監督Q&A

0222tharlo1東京フィルメックスで最優秀作品賞と学生審査員賞のダブル受賞を果たした『タルロ(原題:塔洛)』の萬瑪才旦(ペマツェテン)監督のQ&A音声をPodcast配信しました。

本作は現代文明と伝統文化の相違に引き裂かれてゆくチベットの遊牧民をユーモアとほろ苦さを交えて描いた作品で、ペマツェテン監督は2011年の『オールド・ドッグに続き二度目の受賞となります。
独特の長回しについての質問に「撮影の方法は、映画が何を語るかによって選択するものです。今回は、周囲とほとんど関わりをもたない孤独な主人公の生活を表現するには長回しが最もふさわしいと思いました」と答えました。

0222tharlo2主人公のタルロは弁髪の三つ編みがトレードマークになっていますが、「3年前に書いた短編小説をもとにしています。その時は弁髪の男を主人公にしようと考えて、この弁髪こそが彼身分を表す、アイデンティティなのです」と説明しました。
また、タルロが理髪店で働く女性とのラブシーンでは「チベット族の慣習を考えて直接的な表現は避けたいと思い、フレームから見切れるようなちょっとしか見せない、その後二人がどうなったかというのを想像できるようにという構図にしました」という撮影の苦労も語りました。

0222tharlo3本作は前編モノクロで撮られているのですが、それについては「モノクロを採用することによって、彼の内面と彼をとりまく環境もシンプルであるという世界を表現しました。映画美学的にも、この人物を描くのに効果的だったからです」ということです。

0222tharlo4萬瑪才旦(ペマツェテン)監督プロフィル
映画監督/脚本家/小説家/翻訳家
1969年、中国青海省海南チベット族自治州貴徳県生まれ。
西北民族大学在学中に小説家デビュー。チベット語、漢語の両方で執筆し、高い評価を得ている希有な作家。国内で多数の文学賞を受賞。その作品は英語やフランス語などにも翻訳されている。
2004年『草原』『最後の防雹師』で映画制作を始め、故郷の人々の生活に深く迫り、丁寧に描き出す作風で、チベットの「今」を浮き彫りにする作品を次々と発表、海外での評価も高く、国際映画祭での受賞歴多数。

インタビュー音声はこちら。http://asianparadise.sblo.jp

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 胡宇威(ジョージ・フー)『Love Cheque〜恋の小切手〜』DVD-BOX発売を記念して来日バレンタ インイベント&単独インタビュー! | トップページ | 「台湾映画の新しい潮流を感じよう!」上映会&トークショー開催、第一回は3月21日に『海角七号〜君想う国境の南』! →満員につき締め切りました(2/29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胡宇威(ジョージ・フー)『Love Cheque〜恋の小切手〜』DVD-BOX発売を記念して来日バレンタ インイベント&単独インタビュー! | トップページ | 「台湾映画の新しい潮流を感じよう!」上映会&トークショー開催、第一回は3月21日に『海角七号〜君想う国境の南』! →満員につき締め切りました(2/29) »