« 第11回大阪アジアン映画祭開幕、オープニング『湾生回家』に感動の拍手! | トップページ | Podcast 東京フィルメックス『酔生夢死(原題:酔・生夢死)』Q&A »

2016/03/06

オーサカ Asia スター★アワード&トーク永瀬正敏!

0306nagase1開催中の大阪アジアン映画祭で日本を含むアジア映画界に多大な貢献をし、今後のさらなる活躍も期待されるスター性ある映画人に贈られるオーサカ Asia スター★アワード、第二回目の今年は国境を跨ぎ数多くの映画で活躍している国際派の俳優・永瀬正敏が選ばれ、5日に受賞式とトークイベントが開催されました。
すでにチケットはソールドアウトになっているシネ・リーブル梅田には、圧倒的に多い女性客の熱気があふれていました。

0306nagase2大阪アジアン映画祭の上倉実行委員長から証書と花束を受け取った永瀬正敏は、「ありがとうございます。まだまだの僕にこんな素晴らしい賞を贈っていただき、感謝しています」と挨拶しました。
そして永瀬正敏のキャリアの中から懐かしい「ミステリートレイン」、台湾映画「KANO」、「あん」、そして今回の映画祭で上映される「ファイブ・トゥ・ナイン」のトレーラーが流され、一昨年の本映画祭のオープニングを飾った「KANO」の盛り上がりが思い浮かびます。

0306nagase3それから永瀬正敏を良く知るもとキネマ旬報やバラエティ・ジャパンの編集長で、現在は編集プロダクションの代表である関口裕子が、「ミステリートレイン」の撮影では、リハーサルを重ねていく中でアイデアを出し合って毎日台本が出来てくるという一週間だったというエピソードをはじめ、このプロジェクトに参加したことで広がった海外の交流について聞きました。

0306nagase4アジアとのコラボは「アジアンビート」シリーズで始まりましたが、「KANO」から台湾との繋がりがさらに増幅されたという話題では、台湾で撮影したお茶のCMの細かいエピソードを話してくれました。
「KANO」で呉明捷を演じた曹佑寧(ツァオ・ヨウニン)との共演だったので楽しみにしていたそうですが、険しい山道を長時間車で上った茶畑ででは自分の分の撮影だけで一日が終わってしまったなど、なかなか聞くことのできない話です。

0306nagase5そして観客からのQ&Aタイムもあり、写真家としての今後について“それぞれが大切にしているもの”を撮りたいと言い、「大阪で出版してくれる会社があったら…」と笑わせていましたが、本当にぜひ実現してくれる版元が見つかると良いですね。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 第11回大阪アジアン映画祭開幕、オープニング『湾生回家』に感動の拍手! | トップページ | Podcast 東京フィルメックス『酔生夢死(原題:酔・生夢死)』Q&A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第11回大阪アジアン映画祭開幕、オープニング『湾生回家』に感動の拍手! | トップページ | Podcast 東京フィルメックス『酔生夢死(原題:酔・生夢死)』Q&A »