« Podcast 大阪アジアン映画祭『あの頃、この時(原題:那時,此刻)』朱詩倩(ミシェル・チュー)プロデューサーインタビュー | トップページ | 台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー〜第二回『藍色夏恋』は4月23日実施 »

2016/03/22

「台湾映画の新しい潮流を感じよう〜上映会&トークショー」第一回『海角七号 君想う国境の南』大盛況!

0322twmovie1台湾文化センターとアジアンパラダイス共催によるイベントシリーズ「台湾映画の新しい潮流を感じよう〜上映会&トークショー」の第一回『海角七号 君想う国境の南』を3月21日に行い、沢山のお客様に来ていただきましたことを心よりお礼申し上げます。
既報の通り申し込み開始から数日で定員となり、ご希望にそえなかった皆さまにはたいへん申し訳なく思っております。

0322twmovie2当日は台湾文化センター朱文清(チュー・ウェンチン)顧問が「本シリーズイベントの第一回が台湾映画のエポックメーキングである『海角七号 君想う国境の南』であることはとても意義深いものです」ど挨拶、
続いて本作のヒロイン田中千絵さんのお父様であるトニータナカさんが駆けつけて下さり、ご挨拶をいただきました。「この映画を20数回見ましたが、見る度に新しい発見があります。ぜひ楽しんで下さい」とおっしゃていましたが、本当にその通り何度見ても新しい発見があるのは魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)作品全てに共通する特徴だと思います。どの作品にもエンターテインメント性に加えて、そこにある"映画的深さ"が魅力です。

0322twmovie3トークの前にこの映画を今回初めて見た人がどれくらいいらっしゃるのか聞いてみると、なんと8割近くの方の手が挙がりました。ですのでそれを受けて、コアな台湾映画ファンの方には物足りなかったかもしれませんが、なぜ魏徳聖監督が『海角七号 君想う国境の南』を作ったのか、そしてそれが台湾映画史の中でどのような位置づけになったのかを、歴代興行成績のデータや当時の台湾での反応などを紹介しながらお話ししました。

0322twmovie4そして、魏徳聖監督のムービーメッセージをサプライズ上映しました。これには会場から小さなどよめきが起き、皆さんにたいへん喜んでいただけたことを実感しました。メッセージの内容は以下の通りです。

「日本の観客のみなさん、こんにちは。長年僕の映画を見てくれてありがとうございます。
「海角七号」は僕が撮った3本の最初の作品です。見てくれてありがとう。
いま、僕たちは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
出来上がって気に入ってもらえるとうれしいです。
それから、8月にこの上映会で『KANO』を見てもらいます。ぜひ見に来て下さい。
僕たちの2014年の『KANO』!」

たいへん申し訳ありませんが、「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」の部分は魏徳聖監督との約束で当日の会場のみでのご披露となります。新作については台湾でもまだ報道されていないので、正式に発表になったら必ずお伝えします。

0322twmovie5そして、次々回作として予定されている『台湾三部曲』は、すでに各メディアで報じられているように、オランダ統治時代(1624年 〜1662年)の台湾を描いた歴史大作です。魏徳聖監督のライフワークとも言うべき"我々は何者なのか、どこから来たのか"を映画を通してさぐり描くものです。
これはすでに脚本もできていて、2014年11月に台湾で出版されたエッセイ「黄金魚將・撒母耳」の巻末に冒頭のシーンの脚本が掲載されています。

さらに、『台湾三部曲』のイメージイラストのTシャツ3種類が魏徳聖監督がプロデュースする特有種商行から販売になっています。ネット通販でも購入できますし、台北にある「特有種商行電影咖啡」にも置いてあります。

0322twmovie6イベントの最後には、プレゼント抽選会を行いました。賞品は『海角七号 君想う国境の南』の配給会社マクザムよりご提供いただいたパンフレットとチラシに、3月15日に台湾の撮影現場にお邪魔してムービーメッセージと共に魏徳聖監督にいただいてきたサイン入りです。
さらにぶんか社よりご提供いただいた「台湾で日本を見っけ旅 ガイド本には載らない歴史さんぽ」「なつかしい日本をさがし台湾」、こちらは著者のおがたちえ先生が会場にいらして当選者の方に直接サインをして下さいました。
その他「PEN+台湾カルチャークルーズ」「台湾エンタメパラダイスvol.14」をプレゼントしました。

0322twmovie7次回は4月23日(土)13時30分開場、14時開演、『藍色夏恋』の上映とトークは近年の台湾の青春映画の原点、ここから始まった青春映画の系譜についてです。
お申し込みは3月23日から開始、詳しくは明日ご案内記事を掲載します。

※『海角七号 君想う国境の南』に関する記事とインタビュー音声

2010/01/05
范逸臣(ファン・イーチェン)インタビュー 音声
http://asianparadise.sblo.jp/article/34559545.html

2009/12/26
范逸臣(ファン・イーチェン)インタビュー!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2009/12/post-b9d7.html

2009/12/26
「海角七号 君想う、国境の南」初日舞台挨拶
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2009/12/post-3b9b.html

2009/12/21
蔭山征彦インタビュー 音声
http://asianparadise.sblo.jp/article/34321824.html
http://asianparadise.sblo.jp/article/34321803.html

2009/12/18
蔭山征彦インタビュー in 浜松町!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2009/12/in-8efb.html

2009/12/14
魏徳聖(ウェイ・ダーシェン)監督インタビュー 音声
http://asianparadise.sblo.jp/article/34201867.html
http://asianparadise.sblo.jp/article/34201773.html

2009/11/06
「海角七号/君想う、国境の南」12月26日に初日決定! 日本盤サントラは12月16日発売!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2009/11/post-0bc8.html

2009/09/30
「海角七号 君想う、国境の南」来日記者会見
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2009/09/post-02c6.html

2009/07/27
「海角七号(Cape No.7)」ついに日本公開決定!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2009/07/cape-no7-4305.html

2008/09/07
速報!「海角七号(Cape No.7)」「アジア海洋映画祭イン幕張」でグランプリ!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2008/09/cape-no7-86dd.html

2008/09/06
「海角七号(Cape No.7)」イン幕張!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2008/09/cape-no7-a232.html

2008/09/04
「海角七号(Cape No.7)」台湾で大ヒット!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2008/09/cape-no7-8b0e.html

2008/08/10
「海角七號」監督&キャストインタビュー!〜台北電影節レポート5
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2008/08/post_b03d.html

2008/07/05
2008台北電影獎「海角七號」が授賞!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2008/07/2008_0023.html

2008/06/22
台北電影節開幕!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2008/06/post_6283.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« Podcast 大阪アジアン映画祭『あの頃、この時(原題:那時,此刻)』朱詩倩(ミシェル・チュー)プロデューサーインタビュー | トップページ | 台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー〜第二回『藍色夏恋』は4月23日実施 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast 大阪アジアン映画祭『あの頃、この時(原題:那時,此刻)』朱詩倩(ミシェル・チュー)プロデューサーインタビュー | トップページ | 台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー〜第二回『藍色夏恋』は4月23日実施 »