« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016/05/28

台湾映画『若葉のころ(原題:五月一號)』周格泰(ジョウ・グータイ)監督が初日舞台挨拶!

0528may1今日公開初日の台湾映画『若葉のころ』では、シネマート新宿で第一回上映の後、周格泰(ジョウ・グータイ)監督による舞台挨拶が行われました。
短い時間ではありましたが、監督の口から直接映画の事を聞けるのはとても貴重です。
「今日はこんなに沢山のみなさんに来ていただき、ありがとうございます。感情はどこの国でも同じですが、表現が違います。皆さんがどんな感想をお持ちになるのかと…後ろの方で映画を見ていました」とおっしゃっていました。

続きを読む "台湾映画『若葉のころ(原題:五月一號)』周格泰(ジョウ・グータイ)監督が初日舞台挨拶!"

| | コメント (1)

2016/05/24

2016年台北電影節「國際新導演競賽」ノミネート発表!

0524tff16月30日から開幕になる台北電影節のコンペティションのひとつ、若い監督を発掘・応援する「國際新導演競賽」のノミネート作が発表になりました。
今年は女性監督が半数を占めているのが特徴的で、台湾の陳潔瑤(ラハ・メボウ)監督の『只要我長大』は、台北電影奨とのダブルノミネートになっています。
また、張作驥(チャン・ツォーチ)監督の『醉·生夢死』や蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の『郊遊<ピクニック>』の助監督をつとめた王子杰(ワン・ズージエ)初の長編『滾弄』もノミネートされました。

続きを読む "2016年台北電影節「國際新導演競賽」ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2016/05/23

Podcast 大阪アジアン映画祭、香港映画『王家欣 ウォン・カーヤン』劉偉恒(ベニー・ラウ)監督インタビュー

0523benny1大阪アジアン映画祭の取材シリーズ最後は、コンペティション部門で上映された香港映画『王家欣 ウォン・カーヤン』の劉偉恒(ベニー・ラウ)監督インタビューをPodcast配信しました。
http://asianparadise.sblo.jp
この映画はラジオのDJ出身である劉偉恒の監督デビュー作で、1992年の香港を舞台にひと目ぼれした女の子の名前だけを手がかりに探し続ける青年とそれを取り巻く人々の話です。

続きを読む "Podcast 大阪アジアン映画祭、香港映画『王家欣 ウォン・カーヤン』劉偉恒(ベニー・ラウ)監督インタビュー"

| | コメント (0)

2016/05/22

5月28日『若葉のころ』初日に周格泰(ジョウ・グータイ)監督の舞台挨拶が決定!

0302may15月 28 日(土)よりシネマート 新宿 ・心斎橋ほか 全国順次ロー ドショーとなる台湾映画『若葉のころ』の初日舞台挨拶に周格泰(ジョウ・グータイ)監督の来日が決定しました。

【日時】5月28日(土)12:30の回上映後
【登壇者】ジョウ・グータイ監督
【場所】シネマート新宿・スクリーン1
【チケット料金】通常料金
【チケット販売方法】劇場窓口、オンラインチケット予約にて販売致します(全席指定制)

続きを読む "5月28日『若葉のころ』初日に周格泰(ジョウ・グータイ)監督の舞台挨拶が決定!"

| | コメント (0)

2016/05/18

2016年台北電影節のアジア映画、ラインナップ一部発表!

0518tff16月3日から開催される第18屆台北電影節のラインナップが段階的に発表されていますが、昨日日本をはじめアジア各国の作品が告知解禁になりました。
日本からは是枝裕和、宮藤官九郎、黒沢清、石井岳龍、藤川史人、ウェイン・ワン、中国の楊超(ヤン・チャオ)、王兵(ワン・ピン)、廖克發(リャオ・カーファ)、韓国のイ・ジェヨン監督作品ほかとなっており、濱口竜介監督の特集が組まれるなど日本映画がかなりたくさん上映されます。

続きを読む "2016年台北電影節のアジア映画、ラインナップ一部発表!"

| | コメント (0)

2016/05/17

台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー第3回『あの頃、君を追いかけた』も大盛況!

0408naxienian1「台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショーの第3回は5月15日に台湾文化センターで開催、『あの頃、君を追いかけた』を上映しました。
日本では2013年に公開されましたが、この日は本作を見るのは初めてというお客様がほとんどで、笑いと感動の涙でとても満足していただけたようです。

続きを読む "台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー第3回『あの頃、君を追いかけた』も大盛況!"

| | コメント (0)

2016/05/16

台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー〜第4回『シルク』は6月17日実施 、明日5月17日からから予約受け付け開始!→定員に達しましたので、受付は終了しました。(5/18 10:00)

0516silk台湾文化センターで開催中の「台湾映画の新しい潮流を感じよう!」上映会&トークショーは、年間イベントを通して新しい台湾映画の潮流と現在を作品から感じ取っていただき、その背景や台湾映画界の最新情報を織り交ぜながらのトークで台湾映画の魅力をお伝えします。
お陰をもちまして毎回大盛況で、予約開始から数時間で満席になり、ご希望にそえなかった皆さまにはたいへん心苦しく思っております。

第4回は6月17日(金)に、台湾で最近若手監督が果敢にトライしているサスペンス映画の成功例で、日本から江口洋介を迎え張震(チャン・チェン)とのダブル主役も話題になった『シルク』です。

続きを読む "台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映会&トークショー〜第4回『シルク』は6月17日実施 、明日5月17日からから予約受け付け開始!→定員に達しましたので、受付は終了しました。(5/18 10:00)"

| | コメント (0)

台湾映画『太陽的孩子』6月に台湾文化センターで上映会!

0516taiyang2015年の台北電影節で観客賞を受賞した鄭有傑(チェン・ヨウジエ)監督&勒嘎.舒米(レカイ・スミ)監督の『太陽的孩子』が、6月24日に台湾文化センターで日本初上映されます。
この作品は、リゾート開発の波により先祖代々の土地が売られていく台湾東部の現実を、アミ族のある家族を中心に描いています。

続きを読む "台湾映画『太陽的孩子』6月に台湾文化センターで上映会!"

| | コメント (0)

Podcast 大阪アジアン映画祭、シンガポール映画『3688』陳子謙(ロイストン・タン)監督&蔡淳佳(ジョイ・チュア)インタビュー

0401feifei7大阪アジアン映画祭で上映されたシンガポール映画『3688』陳子謙(ロイストン・タン)監督と主演の蔡淳佳(ジョイ・チュア)のインタビュー音声をPodcast配信しました。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2016/05/14

2016台北電影節、オープニングは『樓下的房客』、杜琪峰(ジョニー・トー)『三人行』がクロージング!

0514tff16月30日から開幕する2016台北電影節のオープニング作品は、台湾映画『樓下的房客』、そしてクロージングに杜琪峰(ジョニー・トー)監督の香港映画『三人行』に決まりました。
『樓下的房客』は、『あの頃、君を追いかけた』をきっかけに映画界にプロデューサーとして進出した音楽界の重鎮崔震東(アダム・ツァイ)の初監督作品。九把刀(ジョウバーダオ)の原作にプロデューサーは柴智屏(アンジー・チャイ)というゴールデントリオで、任達華(サイモン・ヤム)と李康生(リー・カンシェン)の顔合わせも話題です。

続きを読む "2016台北電影節、オープニングは『樓下的房客』、杜琪峰(ジョニー・トー)『三人行』がクロージング!"

| | コメント (0)

2016/05/13

第27屆流行音樂金曲獎ノミネート発表!

0513jingjujiang台湾の文化部影視及流行音樂產業局は、13日第27屆流行音樂金曲獎の流行音楽部門のノミネート発表記者会見を行いました。
今年は11,177のエントリー作品の中から26部門で総計128作品が選ばれ、審査員とゲストの李愛綺(Angie)韋禮安(ウェイ・リーアン)亂彈阿翔(ルァンタン・アシャン)から発表されました。
最多ノミネートは、蘇打綠(ソーダグリーン)のアルバム「冬 未了」で、楽曲賞はじめ計8部門に入っています。
楽曲賞に舒米恩(スミン)の「不要放棄(太陽的孩子)」と田馥甄(Hebe)の「小幸運(我的少女時代)」という映画の主題歌2曲がノミネートされているのも、珍しい現象かも知れません。

続きを読む "第27屆流行音樂金曲獎ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2016/05/12

台湾の人気小説家九把刀(ジョウバーダオ)が日本進出!

0512giddens映画『あの頃、君を追いかけた』の原作・監督として日本でも一躍知られるようになった九把刀(ジョウバーダオ)が、日本進出することになりました。
恋愛小説、武侠小説、伝奇小説、ホラー小説、ミステリーなど多才なジャンルで現在までに、70以上の作品を発表している九把刀は、台湾では趙有名作家ですが、残念ながら日本では翻訳本が出版されていません。
この度、日本テレビグループの株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズが九把刀と日本での独占的著作権エージェント契約を締結したことで、九把刀の本を日本語で読める日が近くなってきました。

続きを読む "台湾の人気小説家九把刀(ジョウバーダオ)が日本進出!"

| | コメント (0)

2016/05/11

陳柏霖(チェン・ボーリン)主演作『再見,在也不見』北京プレミアに孫燕姿(ステファニー・ソン)も!

0511distance1『イロイロ ぬくもりの記憶』のシンガポールの監督陳哲藝(アンソニー・ チェン)がプロデュースし、陳柏霖(チェン・ボーリン)が中国、シンガポール、タイの新鋭監督による異なる三つの役を演じるオムニバス映画『再見,在也不見』は、今月アジア各国で公開されますが、昨日5月10日に北京でプレミアが行われました。
このプレミアには陳哲藝プロデューサー、忻鈺坤(シン・ブークン)監督、シンガポールの陳世杰(チェン・シージエ)監督、タイのSivaroj Kongsakul監督、陳柏霖、楊祐寧(ヤン・ヨウニン)が登壇、さらに主題歌を歌っている孫燕姿(ステファニー・ソン)も応援に駆けつけました。

続きを読む "陳柏霖(チェン・ボーリン)主演作『再見,在也不見』北京プレミアに孫燕姿(ステファニー・ソン)も!"

| | コメント (0)

2016/05/10

2016年台北電影獎ノミネート発表!

0509tff1今年で第18回を迎える台北電影節のコンペティション「台北電影獎」のノミネートが、5月9日に発表されました。
長編劇映画部門では黃銘正(ホアン・ミンチェン)監督の『傻瓜向錢衝』、謝庭菡(リンゴ・シェ)監督の『屍憶』、曾英庭(ツァオ・インティン)監督の『衣櫃裡的貓』、蘇有朋(アレック・スー)監督の『左耳』、陳潔瑤(ラハ・メボウ)監督の『只要我長大』、鄭文堂(チェン・ウェンタン)監督の『菜鳥』、陳玉珊(チェン・ユーシャン)監督の『我的少女時代』、程偉豪(チェン・ウェイハオ)監督の『紅衣小女孩』、崔震東(アダム・ツァイ)監督の『樓下的房客』、樓一安(ロウ・イーアン)監督の『失控謊言』というラインナップです。

続きを読む "2016年台北電影獎ノミネート発表!"

| | コメント (0)

2016/05/09

Podcast 大阪アジアン映画祭、中国映画『師父』徐浩峰(シュー・ハオフォン)監督、李霞(リー・シア)プロデューサーインタビュー

0325shifu6大阪アジアン映画祭で上映された中国映画『師父』の徐浩峰(シュー・ハオフォン)監督、李霞(リー・シア)プロデューサーのインタビュー音声をPodcast配信しました。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

2016/05/07

2016年金曲奨PR大使に陳奕迅(イーソン・チャン)!

0507gm1台湾最大の音楽賞、今年で27回目を迎える金曲奨は6月25日に授賞式が行われますが、今年度のPR大使は香港の陳奕迅(イーソン・チャン)が務めることが発表されました。
陳奕迅は「とても光栄です。授賞式は様々なジャンルのミュージシャンが一堂に会す貴重な機会です。去年はノミネートだけでもうれしかったのに、北京語シンガー賞に選ばれてとてもラッキーでした。緊張しましたが、あの時の感動は僕の中で永遠にとどまり、活力源になっています」と語っています。

続きを読む "2016年金曲奨PR大使に陳奕迅(イーソン・チャン)!"

| | コメント (0)

2016/05/06

2016年台北電影節の電影大使は石頭(Stone)と許瑋甯(アン・シュー)!

0506tff16月30日から開催される2016年台北電影節の電影大使が発表され、石頭(Stone)と許瑋甯(アン・シュー)が任命されました。
また、今年のテーマは「無所畏懼(恐れるものは何もない)」、メインビジュアルもお披露目となりました。

続きを読む "2016年台北電影節の電影大使は石頭(Stone)と許瑋甯(アン・シュー)!"

| | コメント (0)

2016/05/05

『湾生回家』の黃銘正(ホアン・ミンチェン)監督、新作映画『傻瓜向錢衝』の台北プレミア!

0505shagua1この秋に日本でも公開になる期待の感動ドキュメンタリー映画『湾生回家』の黃銘正(ホアン・ミンチェン)監督の新作が、5月6日から台湾で公開になります。それに先がけて5日に台北でプレミアが行われ、監督やメインキャストのお笑いコンビ浩角翔起(ハオジャオシャンチー)、應蔚民(イン・ウェイミン)、吳可熙(パティ・ウー)、小8、徐亨(シュー・ティン)、郎祖筠(ラン・ズーユン)、翁馨儀(ウェン・シェンイー)、賈孝國(ジャ・シャオグオ)、そして主題歌を担当した乱彈阿翔(アシャン)が出席しました。

続きを読む "『湾生回家』の黃銘正(ホアン・ミンチェン)監督、新作映画『傻瓜向錢衝』の台北プレミア!"

| | コメント (0)

2016/05/02

Podcast 大阪アジアン映画祭、香港映画『私たちが飛べる日』陳心遙(サヴィル・チャン)&テディ・ロビンプロデューサーインタビュー

0327nayitian4大阪アジアン映画祭で上映された香港映画『私たちが飛べる日』陳心遙(サヴィル・チャン)&テディ・ロビンプロデューサーインタビューをPodcast配信しました。

記事はこちら

インタビュー音声はこちら。

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »