« 2016年台北電影獎ノミネート発表! | トップページ | 台湾の人気小説家九把刀(ジョウバーダオ)が日本進出! »

2016/05/11

陳柏霖(チェン・ボーリン)主演作『再見,在也不見』北京プレミアに孫燕姿(ステファニー・ソン)も!

0511distance1『イロイロ ぬくもりの記憶』のシンガポールの監督陳哲藝(アンソニー・ チェン)がプロデュースし、陳柏霖(チェン・ボーリン)が中国、シンガポール、タイの新鋭監督による異なる三つの役を演じるオムニバス映画『再見,在也不見』は、今月アジア各国で公開されますが、昨日5月10日に北京でプレミアが行われました。
このプレミアには陳哲藝プロデューサー、忻鈺坤(シン・ブークン)監督、シンガポールの陳世杰(チェン・シージエ)監督、タイのSivaroj Kongsakul監督、陳柏霖、楊祐寧(ヤン・ヨウニン)が登壇、さらに主題歌を歌っている孫燕姿(ステファニー・ソン)も応援に駆けつけました。

0511distance2第二章の『湖畔』で幼なじみの友人を演じている陳柏霖と楊祐寧は、今回の共演についてこの様に語っていました。
陳柏霖「楊祐寧とは古いつきあいなので、彼と共演できるときはいつも楽しい。ただ今回の映画は感情をあからさまに出すのではなく内面の心理を表現するので、いつもの感じではなく押さえ気味にしました」。
楊祐寧「陳柏霖はとても優秀な俳優で、読書家で何事にも真面目に取り組む。プライベートではいつもよく喋り一緒に遊ぶ友人だけど、この映画では僕は人生最後に会う友達として彼に連絡する死刑囚の役だから、とても重くプレッシャーも大きかった」。

また、第三章の『再見』で蔣雯麗(ジャン・ウェンリー)との激しいキスシーンについて聞かれた陳柏霖は「脚本はとても説得力があり、その時は役になりきっていたのでそれほどプレッシャーもなく、撮影はスムーズでした」と答えていました。

0511distance3陳哲藝プロデューサーの誠意に打たれて今回出席した孫燕姿は、「この映画の主題歌をうたわせてもらって光栄です。映画の中で描かれる多くの人生を理解し、それぞれの"別れ"を歌に込めました」と言っており、陳哲藝プロデューサーは遅ればせながら母の日のプレゼントとして『星の王子様』の本をプレゼントし、感謝の意を伝えました。

『再見,在也不見』は、中国で5月13日、台灣は5月20日、シンガポールは6月2日、タイが6月16日から公開となります。

0511distance41『背影』
監督:忻鈺坤
出演:陳柏霖、秦沛(ポール・チョン)

2『湖畔』
監督:陳世杰
出演:陳柏霖、楊祐寧(ヤン・ヨウニン)楊雁雁(ヤオ・ヤンヤン)魏漢鼎(ウェイ・ハンディン)鄭煥霖(チェン・シュンリン)

3『再見』
監督:Sivaroj Kongsakul
出演:陳柏霖、蔣雯麗(ジャン・ウェンリー)

映画の内容は、以下の過去記事をご参照下さい。

※これまでの『再見,在也不見』に関する記事

2016/02/05
陳柏霖(チェン・ボーリン)の映画『再見,在也不見』3月25日から台湾公開!→5月20日に変更
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2016/02/325-dbdf.html

2015/11/06
金馬影展開幕!オープニング作品陳柏霖(チェン・ボーリン)主演 『再見,在也不見』記者会見
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2015/11/post-47b0.html

2015/09/18
2015年金馬影展のオープニングは陳柏霖(チェン・ボーリン)の『再見,在也不見』!
http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2015/09/2015-8221.html

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 2016年台北電影獎ノミネート発表! | トップページ | 台湾の人気小説家九把刀(ジョウバーダオ)が日本進出! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年台北電影獎ノミネート発表! | トップページ | 台湾の人気小説家九把刀(ジョウバーダオ)が日本進出! »