« 「台湾の音楽フェスへ行こう!」オープニングセレモニー&【DAY1】Megaport Festival 大港開唱 | トップページ | 「台湾の音楽フェスへ行こう!」[DAY 3]THIS World Music Fest @ Formosa 這・世界音楽節 »

2016/06/13

「台湾の音楽フェスへ行こう!」[DAY 2]Simple Life 簡単生活節

0612twfes111日から始まった台湾文化センターのイベント「台湾の音楽フェスへ行こう!」の2日目は、台湾の音楽プロデューサー張培仁(ランディ・チャン)によるSimple Life 簡単生活節の紹介と、蘇珮卿(ペイジー・スー)、皇后皮箱(The Queen Suitcase)のミニライブでした。

Simple Life 簡単生活節は、台北市の「華山1914創意文化園区」というビール工場の跡地を利用した広場で、2006年から2年に1度のペースで、12月最初の土日に開催されてきたフェスです。
最近は台中や上海にも展開され、「台湾でいちばん素敵なものや人を集める」ことを主旨として、音楽だけでなく、美術、文芸、工芸、農芸などさまざまな分野のクリエイターたちが集まり、それぞれの創作成果を披露するという、一大文化空間を出現させています。音楽の傾向はアコースティックやシンガーソングライター中心となっています。

0612twfes2イベントでは、まずこのSimple Life 簡単生活節のオーガナイザーである音楽プロデューサー張培仁の足跡から語られました。
18才からフェスを企画し運営し、「ロック・レコード」グループで台湾初のインディーズ専門レーベルの責任者を務めた後、音楽企画会社「ニュートロン・イノベーション」を立ち上げ、現在もCEOを務めています。
2006年春、独立系アーティスト発信サイト「StreetVoice街聲」を創設。同年より、イベント「Simple Life 簡単生活節」もスタートさせました。
そして2009年にはライブハウス「Legacy Taipei 傳音樂展演空間」もオープンし、台湾の新しい音楽を支援し続けているという大御所。彼の活動はそのまま近年の台湾の音楽史とも言えます。

そして、どちらも日本では初のライブとなる蘇珮卿(ペイジー・スー)と皇后皮箱(The Queen Suitcase)のステージへと続きます。

0612twfes3蘇珮卿は、ハープを演奏しながら歌うシンガーソングライターで、子供の頃からピアノとクラシック音楽を学び、高校卒業後にアメリカ留学してフルートとハープをベースに創作活動を始めたそうです。その時に知り合って結婚したご主人がライブでパーカッションを担当していました。インド音楽に魅せられてのロングステイ、それが彼女に大きな影響を与え、インド音楽のリズムを取り入れた独特の音楽世界を作り上げています。
ギターのように色々なエフェクトを加えた電子ハープの音色と彼女の歌声はとても心地よく、静かな衝撃を受けました。3歳半になる息子さんの可愛い声を入れたという「謝謝你來到我的世界 Song for K」は、シンプルなメロディーでとても暖かみの伝わる曲でした。

◆セットリスト
「静止的雨滴 Raindrop Still Life」
「假笑 Fake Smile」
「謝謝你來到我的世界 Song for K」
「格格不入」
「跨越潘籬 Over the Fence」

イベント終了後にムービーコメントをもらいました。

0612twfes4一方の皇后皮箱(The Queen Suitcase)は、ボーカル&キーボードの卡菈、ギターの阿怪、ベースの黑輪 、ドラムのZackという構成の、メンバーはビートルズ、ローリングストーンズ、The Kinksが好きで影響を受けたという、UKロックの申し子みたいなバンドです。バンド名の「Queen」もそこからつけたそうで、「Suitcase」は、あけるとサプライズが飛び出してくるような…という意味を持っているということです。
Simple Life 簡単生活節には第一回からずうっと参加しており、ボーカルの卡菈はフェスのイメージキャラクターもつとめました。
60年代から70年代のブリティッシュロックのヴィンテージサウンドの中であれ?と思った「Killer.B」という曲があるのですが、あとで卡菈がサザンオールスターズも大好きと言ったので、なるほどと納得しました

◆セットリスト
「Summertime」
「It's Alright」
「Killer.B」
「Dreamer」
「Hold Me Tight」

ムービーコメントです。

蘇珮卿も皇后皮箱も、この日イベントを配信したKKBOXで試聴できるので、興味のある方は聞いてみて下さいね。

「台湾の音楽フェスへ行こう!」
【主催】台北駐日経済文化代表処台湾文化センター
【企画制作】株式会社スペースシャワーネットワーク
【協力】チャイナ エアライン/KKBOX
【特設サイト】 http://taiwan-fes.jimdo.com/

この音楽シリーズイベントは14日までありますので、ぜひ台湾文化センターへ!
まだ間に合います!

[DAY 3] 2016年6月13日(月) 18:30開場/19:00開演 ~ 21:30終演予定
▶THIS World Music Fest @ Formosa 這・世界音楽節
2016年6月14日(火) 19:00〜21:00
▶トーク・イベント「台湾語ポップス黄金時代のSP盤を蓄音機で聴こう!」

詳細はこちらをご参照下さい。
台湾文化センターのサイト:http://jp.taiwan.culture.tw

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 「台湾の音楽フェスへ行こう!」オープニングセレモニー&【DAY1】Megaport Festival 大港開唱 | トップページ | 「台湾の音楽フェスへ行こう!」[DAY 3]THIS World Music Fest @ Formosa 這・世界音楽節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「台湾の音楽フェスへ行こう!」オープニングセレモニー&【DAY1】Megaport Festival 大港開唱 | トップページ | 「台湾の音楽フェスへ行こう!」[DAY 3]THIS World Music Fest @ Formosa 這・世界音楽節 »