« Podcast 台湾の絵本作家幾米(ジミー)の『星空』の一節朗読! | トップページ | 「台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映&トークショー」第3回『若葉のころ』程予希、石知田、鄭暐達からムービーメッセージ! »

2017/04/06

台湾のサスペンス映画『目撃者』好調のスタート!

0406mokugeki13月31日から台湾で公開になったサスペンス映画『目撃者』が、三日間で800万台湾ドル(約2900万円)の興行成績を上げ、好調なスタートを切りました。
台湾Yahoo!の満足度も4.5(5点満点)で、台湾でのヒットの大きな要因である口コミが功を奏したものだと、映画会社からのリリースが伝えています。

0406mokugeki2『目撃者』は、昨年ヒット作のサスペンス・ホラー『紅衣小女孩』の程偉豪(チェン・ウェイハオ)監督作品で、監督と莊凱勛(キャッシュ・チュアン)、許瑋甯(アン・シュー)、柯佳嬿(アリス・クー)、李淳(リー・ジュン)らメインキャストがこの3日間に2組に別れて台北の主な劇場を回って40回のQ&Aを行い、観客と交流しました。
劇中で莊凱勛と李淳が真相解明の為動きますが、意見が合わずに殴り合うシーンがあります。クランクイン前に二人はアクションの訓練指導を受けましたが、撮影場所が暗くて狭いため李淳のパンチがリアルに莊凱勛の顔に入ってしまうていうアクシデントもあったそうです。

許瑋甯は、早くからチケット購入の列に並んでいる人たちからの写真やサインのリクエストにも気軽に応じていたそうです。
Q&Aでは毎回続編や前段の制作の予定はないかのか聞かれ、監督は「いまのところは予定はありません。でも、皆さんがこんなに気に入ってくれたことは本当にうれしいです。ぜひまだ見ていない友達を誘って、また見に来て下さい」とPRに余念がありませんでした。

0406mokugeki3この2〜3年、台湾でそれまで根付かなかったサスペンスの種がようやく発芽したように次々と制作され、ヒット作品も出ています。
程偉豪監督の続編『紅衣小女孩2』は、先月の香港フィルマートで話題沸騰により海外セールスが絶好調、ドイツやアジア15ヶ国に売れたそうです。

『目撃者』
ストーリー
新聞社の敏腕記者シャオチーは取材の帰りに交通事故に巻き込まれ、車を修理に出した。するとこの中古車は前にも事故経歴があることが発覚、そして当時の持ち主の名前は9年前に取材した大事故の当事者だった。偶然とは思えない彼は、9年前の事故の唯一の生存者を探す。
監督:程偉豪(チェン・ウェイハオ)
出演:莊凱勛(キャッシュ・チュアン)、許瑋甯(アン・シュー)、柯佳嬿(アリス・クー)、李淳(リー・ジュン)

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« Podcast 台湾の絵本作家幾米(ジミー)の『星空』の一節朗読! | トップページ | 「台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映&トークショー」第3回『若葉のころ』程予希、石知田、鄭暐達からムービーメッセージ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Podcast 台湾の絵本作家幾米(ジミー)の『星空』の一節朗読! | トップページ | 「台湾映画の新しい潮流を感じよう!〜上映&トークショー」第3回『若葉のころ』程予希、石知田、鄭暐達からムービーメッセージ! »