« 台湾文学と映像のコラボ『閱讀時光II』記者会見! | トップページ | Podcast 第12回大阪アジアン映画祭 観客賞の『29+1』彭秀慧(キーレン・パン)監督Q&Aとインタビュー »

2017/04/16

中国・アメリカ合作映画『グレートウォール(原題:長城)』公開スタート、特別映像解禁!

0416greatwall14月14日から公開が始まった張藝謀(チャン・イーモウ)監督の『グレートウォール(原題:長城)』の特別映像が、解禁になりました。
本作はマット・デイモンを主役に迎え、ウィリアム・デフォー、劉徳華(アンディ・ラウ)、彭于晏(エディ・ポン)、鹿晗(ルハン)、林更新(ケニー・リン)、張涵予(チャン・ハンユー)ほかハリウッドとアジアの豪華キャストが顔を揃えた歴史アクション大作です。

建造に約1700年、長さ21196.18キロメートルを誇る、人類史上最大の建造物「万里の長城」。この長城はこれまで貿易の拠点としてだけでなく、異民族の侵攻など多くの危機を防いできましたが、その建造の“目的”については、史実とともに数々の伝説も伝えられてきました。世界最大の偉業である万里の長城を舞台にした伝説の戦いが、ハリウッドの最新技術を駆使した映像で表現されたのが本作。
つまり、"史実"ではなく"伝説"の物語=全くのフィクションなのです。
言ってみれば大ウソなのですが、現実として存在する万里の長城を舞台に十分に楽しめるアクション・ロマンになっています。

0416greatwall2本作では万里の長城の建造の目的は、60年に一度現れる伝説の怪物・饕餮(とうてつ)の大襲来を食い止めるためで、人類すべての運命を託された10万人の無影禁軍が総力を挙げた防衛戦を展開します。
強さと工学知識を兼ね備えた猛虎軍団“虎軍”、鷲のごとく鋭い矢を放つ射手隊 “鹰軍”、歩兵と騎兵の混合部隊で機動力自慢の“鹿軍”、接近戦を得意とする五軍中最強の“熊軍”、そして、鶴のように舞い華麗に敵を駆逐する“鶴軍”と、それぞれ強烈な個性を放つ色彩鮮やかな五軍を率いるのが前述のスター達。
ここに金と名声のために中国へ赴いた傭兵のマット・デイモンとペドロ・パスカルが参戦するわけです。

0416greatwall3「彼らは長城を守るために人生を訓練に費やし、常に一体となって行動する。同じ軍人として、ウィリアムとトバールは彼らの戦闘能力と規律の高さにすごく感銘を受けるんだ。禁軍の兵士たちが命を犠牲にして戦う様子を目の当たりにするうちに、ウィリアムの人生観が大きく変わることになる。彼ら全員が、ウィリアムがこれまで考えたこともないような大義のために生きているからね。それは、自分自身のためだけに生きるよりも尊いことだと、彼も気づくことになるんだ。」(マット・デイモン)

「軍隊の甲冑のデザインや色など、すべて中国の伝統文化にヒントを得ている。歴史上、中国ではそれぞれの軍に象徴となる色を使用していたんだ。」(張藝謀監督)

『紅いコーリャン』『初恋の来た道』『HERO 』などの張藝謀監督作品は一旦忘れ、当時の武器や戦略で怪物退治に命を賭ける英雄達、劉徳華のかっこ良さ、ルハンの可愛らしさ、張涵予の男っぷりの良さを楽しんで下さい。

『グレートウォール(原題:長城)』
全国公開中
監督:張藝謀(チャン・イーモウ)
出演:はマット・デイモン、ウィリアム・デフォー、劉徳華(アンディ・ラウ)、彭于晏(エディ・ポン)、鹿晗(ルハン)、林更新(ケビン・リン)、張涵予(チャン・ハンユー)
配給:東宝東和
公式サイト:http://greatwall-movie.jp

★リンクは有り難いのですが、写真や記事の転載は固くお断りします。

|

« 台湾文学と映像のコラボ『閱讀時光II』記者会見! | トップページ | Podcast 第12回大阪アジアン映画祭 観客賞の『29+1』彭秀慧(キーレン・パン)監督Q&Aとインタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台湾文学と映像のコラボ『閱讀時光II』記者会見! | トップページ | Podcast 第12回大阪アジアン映画祭 観客賞の『29+1』彭秀慧(キーレン・パン)監督Q&Aとインタビュー »